【市川市】初心者でもハーブティーを気軽に楽しめるカフェ!ミントブルー (MINT BLUE)

もうすぐ4月になりますが、まだまだ肌寒い日がありますよね。今年は、温度差がある冬だなあと感じています。そんな日々の中で、体調などは崩されたりしていませんか?

今回は、健康や美容にも良いといわれるハーブティーのお店をご紹介します!

「西洋の漢方」などとも言われるハーブティーで、リラックスする時間を過ごしてみてはいかがでしょうか。京成本線京成八幡駅北口より徒歩6分で、閑静な住宅街にあるミントブルー (MINT BLUE)です。

ミントブルー (MINT BLUE)

白と青のさわやかなカラーリングの外観。ひときわ目立っていました!

ギリシャのサントリーニ島の街並みに建っていそうな雰囲気。

ミントブルー (MINT BLUE)

店内に入ってみると、こんなにかわいらしい空間が。

取材したこの日は、強風が吹き荒れていて歩いていてもなかなか進まず、カフェに入った時はどこかホッとする雰囲気漂う店内にとても癒されました。

寒さに震えた体を温めたい!さっそく、お店のメインでもあるハーブティーをいただきました。

<目次>

・お店オリジナルブレンドが自慢のハーブティー

・味・色・香りを楽しむことができるのが最大の魅力

・ハーブティーでインスタ映えも!?

・琥珀糖(こはくとう)って知っていますか??

・焼き菓子やドリンクのテイクアウトもできます

・オリジナル入浴剤もおすすめ!

・作家さんのアート・アクセサリー作品も

・まとめ

お店オリジナルブレンドが自慢のハーブティー

ミントブルー (MINT BLUE)では、お店オリジナルのブレンドハーブティーが楽しめます。

使用しているハーブティーは30種類で、オリジナルブレンドは10種類から選ぶことができます。

ミントブルー (MINT BLUE)

寒い時期には、体を温めてくれるジンジャー系がよく出るそう。

どんなハーブティーが良いかは、その時の自身の体調を見ながらチョイスするのがおすすめです。

ハーブティー初心者は「Clear」がおすすめ。ミント系のスーッとした味わいが、飲みやすいとのこと。

他に、その時の気分や体調に応じて、オーナーさんがブレンドしてくれる「パーソナルブレンド」も人気メニューです。

妊婦さんの利用も多いようです。心身ともにリフレッシュできそうですよね♪

 

トップへ戻る

味・色・香りを楽しむことができるのが最大の魅力

ミントブルー (MINT BLUE)に訪れて、一番初めに驚いたことは…お店のオーナーさんが男性だったこと!

お店に行くまではどんな方なのか、性別もわからなかったのですが、イメージ的に女性なのかなあと勝手に想像していました。

 

物腰が柔らかく、落ち着いた雰囲気がとっても素敵なオーナーさん。

ハーブセラピストやアロマインストラクターの資格をお持ちで、もともとハーブティーが好きでお店を始めたそう。

私もアロマテラピー検定の資格を持っているのですが、試験会場はほぼ女性だったことを思い出します。

カフェに来店するお客さんも女性が多いようですが、ふらりと一人で立ち寄る男性もちらほらいるとか。

お店のオーナーさんが男性だからこそ、入りやすいということもあるのかもしれませんね。

ミントブルー (MINT BLUE)のハーブティー

「ハーブティーの魅力は体に良いということ、味や色、香りも楽しむことができるお茶ということですね」と話すオーナーさん。

いろんなハーブが多くブレンドされていると味が複雑になったり、飲みにくくなったりするとのこと。ミントブルー (MINT BLUE)では、飲み物としておいしく飲めることを重視しているそう。

お話を聞きながら、その考えにはとても共感!!

ハーブティー専門店でたまに買うことがあるんですが、けっこう飲み切らず終わってしまうこともしばしば…。

3、4種類のハーブの種類に絞ることで、ひとつひとつの味を感じやすく、美味しさを引き出せるのかもしれません。

 

トップへ戻る

ハーブティーでインスタ映えも!?

「Refresh 」ハーブティー 税込420円
▲「Refresh 」ハーブティー 税込420円

今回いただいたのは、「Refresh」というハーブティー。

女性にうれしい効能がたくさん入った、ハイビスカス、ローズヒップ、ジンジャーの3種がブレンド。

今回のハーブの内容

ハイビスカス
植物酸(クエン酸、リンゴ酸、ハイビスカス酸)やミネラル(鉄、カリウム)などが、体内のエネルギー代謝と新陳代謝を高め、疲労回復を促す作用がありと言われています。

ローズヒップ
コラーゲン生成に欠かせない豊富なビタミンCが、シミ・シワにアプローチ。 抗酸化作用のあるビタミンAとビタミンEも含まれており、肌のターンオーバーの促進が期待できます。

ジンジャー
体を温めたり、代謝をよくして発汗を促進する効能。冷え性の人や風邪をひきやすい人にもおすすめ。

ティーポットに茶葉を入れ、お湯を注いで待つこと3分。

じわじわとにじみ出てくる赤色が、とても鮮明!!

紅茶やハーブティーって茶色いイメージだったけど、こんな鮮やかな色のものもあるんですね!

メニューにある「ブルーマロウ」も、きれいな青色が楽しめるハーブティー。

インスタ映えするハーブティーは視覚からも癒されそうです♪

ランチもやっています!

ランチタイムには日替わりプレート(1,200円税込・ドリンク付)やパンプレート(1,000円税込・ドリンク付)もあります。

写真提供/ミントブルー (MINT BLUE)
▲写真提供/ミントブルー (MINT BLUE)

メイン、ごはん、サブメニューなど盛りだくさんのワンプレート。コーヒーやその他ドリンクメニューも豊富です。

日替わりプレートの内容は日によって変わるので、毎回いろいろ楽しめますね。

14時くらいには売り切れてしまうこともあるようですので、ランチ予定の方は早めの来店をおすすめいたします!

 

トップへ戻る

琥珀糖(こはくとう)って知っていますか??

ミントブルー (MINT BLUE)では、毎月一回、第二金曜日に琥珀糖(こはくとう)を販売しています。

色は、カフェのイメージカラーの青×白で作られています。

以前、近所にあった「シャララ舎」さんの商品。現在は笹塚に移転してしまったので、こちらのミントブルー (MINT BLUE)で販売することになったそう。

琥珀糖 税込1,200円
▲琥珀糖 税込1,200円

こんな感じでかわいい瓶に入っています。

琥珀糖は、寒天と砂糖でできた日本伝統のお菓子。

わたしはまだ食べたことがないので、どんなお味なのか興味津々です。

琥珀糖 税込1,200円

見た目は、角砂糖のような大きさで、触ってみるとぷにぷにっとした感触。

一つずつ味が違っていて、ラベンダー、ベルガモット、グリーンアップル、コアントローの4種の味。

外側はシャリシャリ、内側は柔らかい不思議な食感でした!ソーダ水に入れると、見た目も味も楽しめます。

ハーブが入っている琥珀糖はかなり珍しいもの!

ここでしか味わえない琥珀糖を、買いに求めに来られるお客さんもいる人気のお菓子です。

食べてみたい!という方は発売日にぜひお店にお出掛けください♪

 

トップへ戻る

焼き菓子やドリンクのテイクアウトもできます

お店で出している10種のハーブティーは、ティーパック販売もあります。

10種のハーブティー
▲ハーブティー各種 税込650円

お店で飲んでおいしかったものを自分用に、気に入った茶葉をお友達のプレゼント用にしても喜ばれそうですね。

 テイクアウトのクッキー、マフィンなどお菓子類もありました!

左・クッキー 税込140円  右・マフィン 税込200円▲左・クッキー 税込140円  右・マフィン 税込200円

どちらもハーブティーに合いそうな焼き菓子。

カフェ内のドリンクもテイクアウトできますので、ぜひご一緒にお楽しみください♪

 

トップへ戻る

オリジナル入浴剤もおすすめ!

入浴剤 税込500円
▲入浴剤 税込500円

店内で気になっていたアロマオイルたち。

こちらは、なんとお好みの香りで入浴剤を作ってもらえちゃうんです!

空瓶に、エプソムソルト、ハーブ、アロマオイルを入れていきます

空瓶に、エプソムソルト、ハーブ、アロマオイルを入れていきます。

エプソムソルトとハーブの層が、インテリアとしても映えますね。

エプソムソルトとは…
欧米では馴染みのある入浴剤で、硫酸マグネシウムで塩に似ていますが塩分は含まれてはいません。お風呂に入れると、身体の深部体温が高まり、新進代謝を促す作用があります。皮膚から直接、身体に必要なミネラル分のマグネシウムを補給することができます。

見た目もかわいく、ギフトにもピッタリです♪

 

トップへ戻る

作家さんのアート・アクセサリー作品も

店内の窓側のテーブルには、かわいらしいアクセサリーなどがズラリ。もちろん購入もできます。

ミントブルー (MINT BLUE)

ディスプレイもかわいくて、見ているだけで楽しいです。

桜をモチーフにしたアクセサリーも並んでいて、季節も感じられます。

ミントブルー (MINT BLUE)

ボタンのばら売りもしているので、自分の作品作りのパーツとしても購入できます。

そして、すごく気になった!

ミントブルー (MINT BLUE)

こちらのキラキラした絵画。

アート作品が壁に何点か飾られていました。

こちらは、「かわもとりさ」さんというアーティストの方の作品。

青の世界が、ミントブルー (MINT BLUE)のお店の世界観にリンクしていますよね!

 

トップへ戻る

まとめ

ミントブルー (MINT BLUE)

ミントブルー (MINT BLUE)というお店の名前。オーナーさんが、店名に何かハーブを入れたいという思いから、生まれたネーミングだそう。

ハーブティーはもちろんのこと、琥珀糖、アート作品など、見どころが満載。

広くはない店内ですが、たくさんの素敵が詰まっていて、充実した時間を過ごせました!

以前、取材に行かせていただいた「ママノキモチカフェ」さんの繋がりから、今回たどり着いたミントブルー (MINT BLUE)。

こうした数珠のようにつながっていくご縁に感謝するとともに、今後も素敵な出会いをつなげて、いろいろなお店をご紹介していきたいなあと思います。

ミントブルー (MINT BLUE)

住所/千葉県市川市東菅野1-2-13-102(MAP

営業時間/11:30~19:00 日曜10:00~18:00

定休日/水曜日

アクセス/京成本線京成八幡駅北口より徒歩6分
JR総武線本八幡駅北口より徒歩10分
京成八幡駅から333m

駐車場/無

facebook

 

トップへ戻る

関連するキーワード

この記事を書いた人

kana

kana

2児のママ。美容系Webライター兼モデル。映画と美容とファッションと食べることが大好き。美容を中心にインスタグラムで情報発信してます。 ★instagram★ https://www.instagram.com/kanakana.nrs/

kanaの記事一覧へ

あわせて読みたい

あなたにオススメ

チイコミ!プレゼントコーナー