「吉川美南」で話題! ”感情突き刺し系”シンガーソングライター間々田優さんインタビュー

ラジオやテレビから流れてくる「君が吉川美南~♪」のフレーズに驚いた人、埼玉県民ですか?それとも鉄オタ?(笑)

まさにJR武蔵野線の駅名から生まれた歌、その名もずばり「吉川美南」。
歌うのは、“感情突き刺し系”シンガーソングライターの間々田優さんです。

いま、埼玉県民から熱い支持を集める間々田さんに、曲の誕生秘話や音楽への想いを聞きました。

 

(こちらの記事はちいき新聞2020年4月17日号の紙面記事を再編集してお届けします)

JR武蔵野線の吉川美南駅を歌った「吉川美南」がヒット中の感情突き刺し系シンガーソングライターの間々田優さん

Profile
間々田 優(ままだ ゆう)

2008年デビュー。「SUMMER SONIC」「COUNTDOWN JAPAN」等多くの大舞台を踏み、異色のシンガーソングライターとして支持を得る。2010年に惜しまれながら活動休止。2015年秋より、新たな音楽環境との出会いの元で本格的な音楽活動を再開。2018年7月、復帰後の1st.フルアルバム「女女女女」をユニバーサルミュージックよりリリース。有線リクエストランキングで1位を獲得。2020年(令和2年)2月26日、ミニアルバム「平成後悔」リリース。
全国ツアー「美良政次・間々田優・中村ピアノ 令和“歌唄い”三人旅」開催中(※最新情報は下記の公式サイトやSNSで確認を)
■website https://rosecreate.jp/mamadayu/
■Twitter @demodorimamada

感情突き刺し系シンガーソングライターの間々田優さんのミニアルバム平成後悔
▲令和2年2月発売のミニアルバム「平成後悔」。
話題の「吉川美南」他、収録7曲中4曲にタイアップがつく大ヒット!


無観客プレミア配信LIVE決定!!

美良政次・間々田優・中村ピアノ 令和“歌唄い”三人旅
~ツイキャスプレミア配信4カメラライブ~

2020年5月3日(日)18時~START
出演:間々田優/美良政次/中村ピアノ/丸橋ミケ
料金:¥2500(全員・最前列チケット)

▼チケット購入&詳細
https://twitcasting.tv/thogo777/shopcart/2949
※配信後、5月17日(日)まで録画視聴可能。
美良政次・間々田優・中村ピアノ全国ツアー2020の令和”歌唄い”三人旅の~ツイキャスプレミア配信4カメラライブ~

初めて乗った武蔵野線で「女性の名前みたい」と思った吉川美南駅

――「吉川美南」誕生の経緯を聞かせてください


2
年前の冬、柏にライブに行くために、初めて武蔵野線に乗りました。

吉川美南駅もそのとき初めて知って、「よしかわ みなみ」なんて女性の名前みたいだなぁと思ったときに、ちょうど目の前に女の子が座っていて、そのイメージからインスピレーションを受けて作りました。

1年かけて曲を完成させて、今年2月にリリースしたミニアルバム「平成後悔」に収録。

埼玉のFM NACK5や千葉のbayfmなどのラジオでかけていただいてから、大きな反応がありました。

間々田優の名前や、吉川美南駅を知らない人は「実在する女の子の歌なの?」とか、地元の人たちや鉄道マニアの人たちは「え?あの吉川美南?本当に??」って。

それで耳に残って検索してくれてPV(プロモーションビデオ)にたどり着いてSNSで拡散してくれたりして、どんどん広まっていった感じです。

正真正銘、実在する「吉川美南さん」とつながることもできたんですよ!
「私のことですか~?」ってメッセージいただいて!

あと、最近は吉川美南駅を“聖地巡礼”してくれるファンの方が増えてきています。SNSで「吉川美南駅、行ってきました!」って報告してくれて。
ライブの日に合わせて、北海道から来てくださる方もいました。

JR武蔵野線の吉川美南駅を歌った「吉川美南」が話題の感情突き刺し系シンガーソングライターの間々田優さん

 
――それはすごいですね! そして、一気に埼玉からのオファーが増えているとか(笑)

本当に、こんなに埼玉の皆さんに注目していただけるとは思ってもみなかったんですが、アルバム「平成後悔」収録曲からは、テレ玉(テレビ埼玉)の音楽番組「HOTWAVE3月度テーマソングに「赤い月・ウサギ」が、情報番組「マチコミ」の4月エンディングテーマに「吉川美南」が、「ニュース545」の46月のエンディングテーマには「平成最後」がタイアップいただいています。

FM NACK5は今も「吉川美南」のリクエストが多いみたいで、本当にうれしいです。


3月には吉川市の中原市長にお招きいただいて、市役所と吉川美南駅に伺わせていただきました。

市長さんって勝手なイメージで、もっと恰幅のいい高齢の方を想像して緊張していたんですが、とても若くてすらっとした方だったのでびっくり!

気さくにお話ししてくださって、市長室で「吉川美南」を歌わせていただいたんですが、歌い始めたら次々に職員の方が集まってきて、楽しかったです。
吉川美南駅の中村駅長さんともお会いできました。

令和2年に敢えて「平成後悔」
~アルバムタイトルに込めた思い~

――吉川市の印象はいかがでしたか  

実はちゃんと駅に降りるのはこの日が初めてでした。しかも「吉川駅」があることも恥ずかしながら初めて知って…。

市役所に伺う前に町を散策して、駅前の黄金のナマズのモニュメントとか、ラッピーランドにも行きました! ラッピーランド楽しかった!

「吉川美南駅」は駅も新しくて、これからの町という印象を受けました。

最初に曲のインスピレーションを受けたあの2年前の冬の日は、雪が降っていて、始発だったので薄暗くて、私はショッピングセンターがある側を背にして座って反対側の車窓を眺めていたので、余計に「吉川美南」がすごく謎めいているイメージが残ったんです。

漢字4文字の音と、かわいらしい名前と、謎めいたイメージ、それに私の「恋心」が集約されて「吉川美南」が生まれました。

サビの「君が吉川美南」というフレーズで歌い出すのも、最初はメンバーやスタッフと悩みましたが、電車に乗っていて、吉川美南の駅が不意に現れて、目の前の女の子に心を奪われた瞬間、恋に気付いた瞬間のインパクトを表現したくて。

サビを歌い出しに持ってきて、曲中でも連呼していますが、分かりやすい曲にできたと思っています。

リリースから時間をおいて聞いてみると、アルバム収録7曲の中では、この「吉川美南」という曲が、自分がこれまで聞いてきた音楽の「好き」な部分を担っているなと感じます。

あらためて自分でも好きな曲ですね。

JR武蔵野線の吉川美南駅を歌った「吉川美南」が話題の感情突き刺し系シンガーソングライターの間々田優さん


――令和2年の発売で「平成後悔」というアルバムタイトルですが、どんな思いが込められているのでしょうか

 

私は平成元年が小学校入学の年なんです。

ずっと「平成」と歩んできた、丸々生きてきた時代、青春みたいなもので。

元号が変わることによって、忘れてしまう、閉じ込めてしまうには悔しい思いとか、やり残したことがあるなと思ったので、「平成」の時代に確かにあった思いや時間を、同じように過ごした誰かと一緒に分かち合えるようにと、敢えて名付けました。

このアルバムからはもう1曲、「バカヤロー」という曲が、今年の秋に劇場公開予定の映画「はぐれアイドル地獄変」の主題歌に決定しています。
東海林毅監督から熱烈なオファーをいただきまして、劇中音楽も担当させていただくことになりました。

これで、アルバム「平成後悔」は7曲収録のうち4曲がタイアップに。
たくさんの人に聞いていただけるのは、本当にうれしいです!

一番大事にしているのは「目の前にいる人に届けること」

――間々田さんの音楽のルーツは?

父親が演歌や歌謡曲が大好きで、演歌には地域や町を歌った曲が多いですよね。
そんな環境で育ったせいか、ある特定の場所に対して人や人生、ドラマを見るというか想像力を掻き立てられるところがあります。

曲を作るときは、テンポとかコード進行を考えるよりも、物語とかきっかけ、出会い、インスピレーションを大事にしています。

同じような悲しみ苦しみの感情を表現する歌でも、前回バラードを書いたから、次はアッパーな曲で表現してみようかなとか、結構自由です。

歌うときに一番大事にしていることは、これは最初に歌い始めた時から変わらず、「目の前にいる人に届ける」ことを意識しています。

ライブ中は客席は暗くなりますけど、できるだけ目を凝らしてお客さまの表情や動きを見て歌うことはすごく意識しています。

それは変わらずにやっていきたいですね。

 

今回「吉川美南」の反響で、「うちの駅の歌も作って」なんてお声をたくさんいただいて、そのうち電車シンガーになっちゃうかも?(笑)

でも期待していただけるのはうれしいです!

JR武蔵野線の吉川美南駅を歌った「吉川美南」が話題の感情突き刺し系シンガー間々田優さん

 
――音楽以外の好きなものについて聞かせてください

音楽以外に好きなものもいろいろあるんですけど、最近のプロモーション活動を経て、「私やっぱりラジオが好きだな」って再認識しました。

中学・高校時代はヘビーリスナーだったんですが、最近またずっとラジオを聞いて過ごしています。

出演する方は口下手なものですから反省ばかりなんですけど、聞くのは大好き。深夜ラジオとかAMFM関係なく聞いています。

ラジオの「距離感」がやっぱりいいなって、改めてプロモーションを通して感じました。リスナーの反応とか動きとか、テレビよりお客さんに近い感じがうれしくて。

先日、吉川市のお隣の越谷市のコミュニティFM「こしがやエフエム」にも出演させていただきました。メールもたくさんきたみたいで、すごくうれしかったです。

私がもらった「希望」を分けられるように
会いに行くことはやめない

――最後に、今後の目標とファンの方へのメッセージをお願いします

今回アルバムをリリースして、「吉川美南」を含めいろいろな曲に注目していただいて、自分でも想像もしていなかった出会いが広がっています。

「出会ってよかったな」で終わらせずに、必ず未来に広がったりつなげていくような活動をしていこうと、それはいままで考えられなかったくらい大きな夢になっています。

いま、不安な状況だったり元気が出せなかったりする人も、会えたりつながることができた人には、少しでも音楽で元気になってもらいたい。

だから、私はみなさんに会いに行くことはやめず、私がもらった「希望」をみなさんに分けられたらいいなと思っています。


8
月には「聖地」吉川美南のイオンタウンでライブの予定があります!
今からとても楽しみです!

 

なんかおもしろい歌、歌っているヤツがいるな~と、気に留めていただいたらうれしいです。

みなさんの心に寄り添えるように作っているつもりなので、みなさん、ぜひ「平成後悔」聞いてみてくださいね!

JR武蔵野線の吉川美南駅を歌った「吉川美南」が話題の感情突き刺し系シンガー間々田優さん

 

トップへ戻る

関連するキーワード

この記事を書いた人

編集部 信太

編集部 信太

編集部所属の取材記者。埼玉県の担当です。仕事熱心といわれますが、おいしい珈琲を飲ませないとポンコツです。読み方はシンタでもノブタでもご自由に♪

編集部 信太の記事一覧へ

あなたにオススメ

チイコミ!プレゼントコーナー