【中山】革のことなら「二天一流総本舗 中山店」に 何でもお任せあれ!

今から3年前、私は大切な人に革製品の名刺入れを贈りました。

まだ学生だった私は、アルバイトで貯めたお金で背伸びをして買った記憶があります。

使えば使い込むほど味が出る革製品。

高級なイメージがあり、敷居が高いイメージがあるかもしれません。

ですが、今回取材した「二天一流総本舗 中山店」では、そんな敷居の高いイメージが少し変わりました。

こんなところに?
路面に佇む小さな革屋さん

二天一流総本舗は革製品を扱う専門店です。

中山と上野に2店舗あります。

今回取材したのは中山店。

駅から徒歩数分の路面にひっそりと佇んでいます。

これは入ってみたくなるかも。

2

ガラス越しに見える店内はとってもラブリー!早速入ってみましょう。

3

多くの革製品がディスプレイされており、落ち着いた色合いが落ち着いた空間を作り出しています。

お店の中を漂う革の香りが専門店を物語っていました。

4

この日、取材に協力してくださった平山さんに革の魅力を伺うと、「プラスチック製品などは使ったその日から劣化が始まりますが、革製品はその逆。使ったその日から味わいが増していくので育てて行く感じです。革はそれが楽しいですね」と楽しそうに話してくれました。

5

元々は革とは異なる業界で働いていたという平山さんは、趣味で始めた革の世界にみるみるうちにハマり、今では職人さんとして二天一流総本舗で働いています。

本当に革が好きなんだな〜と取材を通してしみじみ感じました。

トップへ戻る

ふなばしお店グランプリの受賞店!

6

「ふなばしお店グランプリ」をご存知ですか?

こちらのグランプリは船橋市が市内の魅力的なお店を表彰するもの。

二天一流総本舗は「ふなばしお店グランプリ」の商品・サービス部門で準グランプリを獲得しているのです!

「ふなばしお店グランプリ」とは?
このグランプリは、ここでしか手に入らない品がそろっている、スタッフのおもてなしが人気を呼んでいるなどの「商品・サービス部門」と、目を引く外観やこだわりの内装が評判などの「店舗デザイン部門」の2部門からなり、市内の個性的な魅力あふれるお店を発掘し、表彰するものです。
受賞店舗は、広報ふなばし、船橋市ホームページ、商工会議所会報誌等で積極的にPRしていきます。(船橋市ホームページより)

お客さまの要望に合わせて商品を製作していることや、完全オーダーメイドから小さなボタンの付け替えまで、幅広く対応しているサービスが受賞の理由でしょう。

二天一流では、一体どのようなサービスが受けられるのでしょうか? 

①料金を抑えたセミオーダーメイドでお好みの商品を!

二天一流ではセミオーダーメイドで注文を受けることが多いため、お客さまは近隣に住んでいる方や、わざわざ仙台からいらっしゃる方まで幅広くいらっしゃるようです。

7

革の色やデザインなど、好みに合わせて注文できるのがセミオーダーメイドの魅力。

既存の革やデザインから選択するので、完全オーダーメイドよりも金額を安く抑えられるのも嬉しいポイントです。

②完全オーダーメイドの靴で足のお悩みを解決

「困っている人に合わせる」ことがコンセプトだという二天一流では、足の相談に来る人も多いのだとか。

足が不自由な方、足の長さが異なる方、変形している方、リウマチの方などのように、足に問題を抱えた方のために特別に靴を作ることもあります。

この場合、完全オーダーメイドで作ります。

「病院で作られる靴だと可愛くないじゃないですか、でもここだと可愛いものも作れるので!」

と取材に応じてくれた平山さんは笑います。

機能性だけでなくデザイン性にもこだわれるのは専門店ならではですね。

③たった500円から?!プロの職人による低価格の修理サービス

たった500円からボタンやファスナーの付け直しができるので、お気に入りだったけれど壊れてしまったポーチやバッグを生き返らせることができます。

8▲修理メニュー

でも、ここは革製品の専門店。

革製品じゃないと対応してくれないのではないかと心配ですよね。

ご安心ください、革製品でなくても大丈夫!

「基本何でも修理するのでとりあえず持ってきてみてください!」とのことです。

なんとも頼もしいですね。

トップへ戻る

カバンや靴にも名前が⁉

「これはメグミちゃんで、あれがマドカちゃんで・・・」

次々に靴を指差しながら名前を言う平山さんにびっくり!

なんと、こちらのお店では名前がつけられている商品が多いのです。

では、せっかくなのでいくつかの商品の名前をご紹介。

 

▼目黒鞄

9

▼円(まどか)

10

▼恵(めぐみ)

11

▼紅(べに)

12

▼泉(いずみ)

13

地名のような鞄や女の子の名前のような靴たちに不思議と愛着が湧いてしまうのは私だけでしょうか・・・?笑

トップへ戻る

手作りが好きな方は
ぜひマルシェやワークショップへ

二天一流総本舗では作家たちとタッグを組むことが多く、店舗やデパートでもマルシェを定期的に開催しています。

直近の予定では、5月17日(日)に開催を予定しています。

余った材料を活用した「材料堀出市」と作家さんの作品やマフィンが販売される「二天マルシェ」が同時開催されます。

 

日時/5月17日(日) 11:00〜18:00

場所/二天一流総本舗中山店

 

材料堀出市

余り革や金具などの材料を格安で販売。

また、余り革で作った格安商品も数量限定で販売します。

 

▼あまり革のスマホポシェット 1100円(税込)

14
(画像提供:二天一流総本舗 中山店)

 

▼あまり革のカードケース 550円(税込)

15
(画像提供:二天一流総本舗 中山店)

 

二天マルシェ

作家さんの作品と市川のマフィン専門店「MoonboW(ムーンボウ)」のマフィンを販売します。

注目すべきは参加しながら楽しめるワークショップ!

短時間でオリジナルのキーホルダーやアクセサリーが作れちゃいます。

今回は2つのワークショップが用意されています。

予約はお店までご連絡ください! 

 

【革のチェーンキーホルダー】

作家/m.ripple

時間/10分

参加費/1650円(税込)

16
(画像提供:二天一流総本舗 中山店)

 

【ミルフィオリで作るアクセサリー】

作家/sorella

時間/1時間

参加費/2200円(税込)

17

約1.5センチ角の作品が2個作れます!

貼り付ける金具は、ピアス、イヤリング、ピン、ペンダントなど、好きなものを選べます。

あなただけのオリジナルのアクセサリーを作ってみませんか?

 

お好みのパーツを組み合わせて、

18
(画像提供:二天一流総本舗 中山店)

 

高熱を加えて加工していきます。

19
(画像提供:二天一流総本舗 中山店)

 

二天一流総本舗 中山店

営業時間/11:00〜19:00

定休日/水曜

電話番号/047-332-4200

住所/千葉県船橋市本中山2-22-20

アクセス/JR総武線「下総中山駅」、京成線「中山駅」から徒歩3分

トップへ戻る

この記事を書いた人

梶原 よんり

梶原 よんり

大学卒業後、旅行会社の広報部に就職するもライターの夢を追いかけるために退職。現在は雑誌や新聞など各種媒体で執筆中。2019ポートクイーン千葉としても活動している。 ★instagram★ https://21/www.instagram.com/yonri.kajiwara/

梶原 よんりの記事一覧へ

あわせて読みたい

あなたにオススメ

チイコミ!プレゼントコーナー