【ミニマリスト阪口ゆうこコラム】“持たない”暮らしで毎日笑顔vol31 ~「物をもらう」を上手に断る秘訣~

「物を減らしてるのにいっぱい物もらうんだよね……」。

なんてお悩みをめっちゃ聞きます。

お義母さんが、ご近所さんが、「良かれと思ってプレゼントフォーユー♡」

という抵抗できない、愛ある、優しくてありがたい迷惑です。

(写真はイメージです)

そもそもなぜ相手はこれを贈るのか。

私は考えました。

なぜ私がこれを喜ぶと思ったのか。

……考えてみると、無意識に口にしていたのかもな、と思うんです。

 

「これかわいい」「こういうの好き」などの、

私にとっては無意識の言葉を相手は覚えていて、

何かの拍子に思い出してプレゼントしてくれたのでは? って。

 

そう思うと、意識してしゃべることが絶対です。

贈られたら困るようなものに関しては容易に欲しいとか好きとか言わない。

 

それでも贈ってくる~持ってくる~というのなら、

 

「気持ちがうれしくて受け取っていたのですが、いつも使い切れないので、

お気持ちだけいただきたいです」と、受け取りたくないことをはっきり言うべき。

 

こう断ると、どうしてもサッと悲しい空気になります。

その時に言っても、後回しにしても、必ずそんな空気になります。

でも、後回しにすると、物はどんどん増える上に、

今まで我慢させてごめんね的な空気まで乗っかる可能性大

 

仲良くやっていきたいのならお断りは出来るだけお早めをオススメします。

 

物をもらう」を上手に断る秘訣

(お気に入りのものなら、もらっても10年以上は主役です)

関連するキーワード

この記事を書いた人

阪口ゆうこ

阪口ゆうこ

ミニマリスト・コラムニスト・整えアドバイザー・主婦(二児の母)。ゆるい暮らしを好むゆるいミニマリストとしてブログや雑誌などで活躍中。
【ブログ『HOME』】http://sakaguchiyuko.blog.jp/

阪口ゆうこの記事一覧へ

あわせて読みたい

あなたにオススメ

チイコミ!プレゼントコーナー