【市原市】第4回 里山ハンドメイドマルシェ/里山農産物直売所

新型コロナウイルスの感染拡大を受け、3月1日に予定しておりました「第4回 里山ハンドメイドマルシェ」は主催者より開催中止の連絡がありました。

なにとぞご理解くださいますようお願い申し上げます。

里山農産物直売所にて行われる里山ハンドメイドマルシェ。

第4回は、餅つきやオープニングで生演奏もあり、ひと味違う手作りマルシェが開催される。

里山ハンドメイドマルシェ
▲グラスアート作品

さくら祭りから誕生した
チームさくら

里山ハンドメイドマルシェを主催するのは「チームさくら」。

2019年6月に初めて開催し、今回で4回目となる。

「チームさくら」は市原市桜台の「深城池桜まつり2017」に出店したメンバーで結成した。

まさに桜がつないだ縁だ。

代表の佐藤はるみさんは「いい意味で刺激し合い、尊敬し合える仲間に出会えて、打ち合わせも反省会もとても楽しいです」と語る。

偶然にもジャンルや個性が異なり、役割分担も自然に決まったという。

「私たちにしかできないハンドメイドマルシェを開催したい」と場所を探していたところ、あいがも農法や無農薬野菜を展開している里山ファーム代表の山崎毅彦さんと出会う。

市原市馬立にある里山ファーム直営店の里山農産物直売所裏の倉庫で、ハンドメイドマルシェ× 農産物販売という新しいコラボが生まれた。

里山ハンドメイドマルシェチームさくらの皆さん
▲チームさくらの皆さん

里山だからできる
レトロなマルシェ

第2回は台風15号に見舞われた市原を少しでも元気にしたい、と「がんばろう千葉チャリティーイベント」として売り上げの一部を寄付することで開催した。

地元住民の「家に居ても暗い気持ちになっちゃう」「久しぶりに笑った」との声に「開催して良かった」と語る佐藤さん。

今回のイベントでは、バザルトストーンを用いたマッサージと天蚕シルクを使ったハンドマッサージ、グラスアート、チョークアート、七宝焼アクセサリー作りなどを体験できるワークショップが楽しめる。

また、会場では餅が振る舞われ、ワンデーカフェに加え、スモークフランク・スモークチーズの販売や、里山ファームの野菜や米の販売も。

自遊書家の翠香さんの作品や、かわいい動物たちの作品なども展示される魅力たっぷりの、ここでしか味わえないマルシェに足を運んでみては。 (杏)

里山ハンドメイドマルシェ
▲ワンデーカフェでひとやすみ

里山ハンドメイドマルシェ

日時/3月1日(日)
午前10時~午後4時

場所/里山農産物直売所
(市原市馬立1169)

問い合わせ/team-sakura2017@outlook.jp
チームさくら

 

トップへ戻る

関連するキーワード

この記事を書いた人

ちいき新聞レポーター

ちいき新聞レポーター

地域に密着してフリーペーパー「ちいき新聞」紙面の記事を取材・執筆しています。

ちいき新聞レポーターの記事一覧へ

あなたにオススメ

チイコミ!プレゼントコーナー