【西千葉】紅茶好きの方に知ってほしい専門店「紅茶舗サウザンドリーフ」で本格紅茶を手に入れよう

紅茶舗サウザンドリーフ

紅茶好きの方・・・それは紛れもなく私のことです。私は夏でも冬でも仕事でもプライベートでも、いつでもどこでもピンク色の水筒を持ち歩いています。中身は決まってストレートの紅茶。この習慣を続けて3年目になりました。今では紅茶なしではそわそわしてしまうほど。

そんな紅茶好きの私が今回ご紹介するのは、西千葉駅からわずか徒歩3分の紅茶専門店「紅茶舗サウザンドリーフ」。チェーン店で紅茶を販売しているお店はよく見かけるものの、個人経営での紅茶専門店は千葉では珍しいかもしれません。

私のように紅茶がないとそわそわしてしまう紅茶好きの方も、そうでもない方にも知っていただきたいお店です。

<目次>

・鮮度抜群の紅茶が勢ぞろい

・ギフトにもぴったりな紅茶グッズ

・イートインもできます

・ライターあとがき 〜貴族でなくても紅茶が飲めるありがたみ〜

鮮度抜群の紅茶が勢ぞろい

紅茶舗サウザンドリーフはJR中央総武線「西千葉」駅からわずか徒歩3分。

黄色い壁が目印です。

紅茶舗サウザンドリーフ

 

扉を開けると、紅茶がずらりと並んでいました。

紅茶舗サウザンドリーフの店内

 

うん、ずらり。見るからに種類が豊富です。

紅茶舗サウザンドリーフの紅茶、店内の様子

 

袋に入ったタイプがほとんどですが、中には缶に入った茶葉も販売されています。

専門店らしくて本格的!

缶の紅茶

深緑のパッケージに描かれているお店のロゴがかわいらしいです。

 

ローズやラベンダーなどの人気ハーブとブレンドした紅茶やバニラとカカオをブレンドしたスイーツのような甘い香りの紅茶なども販売されています。

各種ブレンドの配合はお店独自のものだそう。

当然、ここでしか手に入りません。

ローズやラベンダーなどの人気ハーブとブレンドした紅茶

 

国産の紅茶も取り扱っています。

国産の紅茶

え?国産?と思う方もいるかもしれません。

「紅茶は緑茶と同じ茶葉でできているので、製造技術があれば日本でも生産できるものなんですよ」と店主さん。

なるほど、納得です。

紅茶といえば外国産のイメージがありますが、実は日本でも生産していたのですね。

知りませんでした。

 

こちらは茨城産の紅茶。

透き通った口当たりが特徴です。

茨城県産の紅茶

ひとくちに「紅茶」と言っても、こんなにも種類が豊富。

サウザンドリーフ(千の茶葉)という店名の通り、実に多くの紅茶が揃いに揃っていました。

 

トップへ戻る

ギフトにもぴったりな紅茶グッズ

茶葉は当然ながら日持ちします。

となると、ギフトにぴったりなのが茶葉。

気兼ねなく贈ることができますよね。

 

紅茶舗サウザンドリーフでは、ギフト向けの茶葉も販売しています。

null

落ち着いた色合いのパッケージとシンプルなデザインが上品で可愛らしいです。

紅茶専門店の茶葉というのも、貰う人からすれば嬉しいポイント。

きちんとこだわったものを選びました!という心遣いが伝わるはずです。

 

どの茶葉を贈るか悩んだら、一番人気のディンブラがおすすめ。

ディンブラ

ストレートにしても、ミルクティーにしても美味しくいただけます。

アレンジが効いて万人ウケする紅茶なので、贈り物にはもってこいです!

 

さて。

サウザンドリーフでは茶葉以外にも、紅茶ライフをより充実させてくれるアイテムが販売されています。

紅茶専門店のグッズ

透明なガラスでできたティーポットや、白を基調としたシンプルで可愛らしいティーポット。

こんなに素敵なティーポットでお茶を淹れたらどんなお茶も美味しく感じそうです。

家でこんなに素敵なティーポットでお茶を淹れられたら・・・

なんて想像してニヤニヤしていました。

おうちカフェが充実しそうです。

紅茶のグッズ

砂時計だってあります。

茶葉を蒸らす時間を計るのにぴったり。本格的です。

そういえば、私が通っている大のお気に入りのカフェも、砂時計を使用していました。

タイマーよりもおしゃれな空間を演出してくれて、かつ頭の中で刻む時間よりも正確。

砂時計をひとつ持っておくと、紅茶の時間がさらに楽しくなりそうです。

紅茶用砂時計

 

茶葉の量を測るティースプーンも見逃せません。

紅茶の茶葉の量を測るスプーン

キラキラ・・・!まぶしい!

紅茶好きとはいえど、いつもティーバッグでお茶を淹れていた私からしたら縁のないもの・・・

でも欲しい!

このティースプーンを使うためだけに、缶入りの紅茶を買うのもありかなと思ってしまうほど。

 

こちらのティースプーンと一緒に(ティーバッグ入りではない)茶葉を買うのはいかがでしょうか?

 

トップへ戻る

イートインもできます

紅茶舗サウザンドリーフでは茶葉の販売しかしていないの?

いいえ、そんなことはありません。

席はわずかですが、イートインスペースもあります。

一番人気のディンブラや、各種ブレンドのハーブティーなどがいただけます。

新鮮な茶葉を使った淹れたてのお茶は香りが高く、癒しの空間へ誘ってくれます。

紅茶舗サウザンドリーフのイートイン
▲いただけるお茶のメニューが豊富。選んでいる時間も楽しそう。

 

私も紅茶をいただきました。

味わったのは、一番人気のディンブラ。

スリランカでは「紅茶の女王」と呼ばれるのだとか。

ティーポットでサーブされるので、たっぷり2杯分楽しめます。

 

最初はストレートで。

茶葉本来の香りや風味を楽しみましょう。

紅茶ディンブラ
▲ディンブラ(税抜580円)

 

渋みがあまりなく、すっきりと味わえます。

花のような香りはまるでアロマ。

ふぅっと一息ついてしまいます。

リラックス効果抜群です。

 

次にミルクや砂糖を添えて優雅に。

紅茶ディンブラ

この混ざり切れていないマーブル状の紅茶が好きなのは私だけでしょうか。

今この瞬間しか見られないアートのようです。

紅茶のディンブラ

ディンブラはストレートでも美味しいですが、ミルクとよく合う優れもの。

ミルクが茶葉本来の甘みを際立たせてくれます。

日常的に飲んでも飽きのこない、万人に愛される紅茶です。

 

紅茶を注文すると自家製のクッキーもついてきます。

紅茶舗サウザンドリーフのクッキー

紅茶を飲む合間にいただくと、ちょうど良い口休めに。

ますます紅茶が飲みたくなりました。

紅茶舗サウザンドリーフ

営業時間/11:30~18:00

定休日/日曜 

電話番号/043-243-0202

住所/千葉県千葉市中央区春日2-12-6 

アクセス/JR中央総武線「西千葉駅」から徒歩3分

 

トップへ戻る

ライターあとがき
〜貴族でなくても紅茶が飲めるありがたみ〜

今から130年以上も前のことです、1887年に日本は初めて紅茶を輸入しました。輸入した量はわずか100kg。貴重な輸入品として、日本の上流社会で嗜まれました。

(日本紅茶協会公式HP参照)

それが今では、貴族でもなんでもない私たちが紅茶をあたり前のようにいただけるのです。いかに紅茶が贅沢品だったのか現代を生きる私たちは知る由もありませんが、その香りの高さや得られる安らぎは昔も今も変わらないでしょう。

貴族ではない私は、今日もこの記事を執筆しながら紅茶を飲んでいます。あぁ幸せ、ありがたみを改めて実感中です。

紅茶舗サウザンドリーフの紅茶は新鮮で上質。それでいてリーズナブル。せっかく紅茶をいただくなら専門店の茶葉を使用したいですよね。貴族でなくても、紅茶舗サウザンドリーフの門は開かれているのでご安心を。 

まずは、紅茶の奥深い世界を覗きに、お店の扉を開けてみてはいかがですか? その先には楽しい紅茶ライフが待っているかもしれません。

 

トップへ戻る

関連するキーワード

この記事を書いた人

梶原 よんり

梶原 よんり

大学卒業後、旅行会社の広報部に就職するもライターの夢を追いかけるために退職。現在は雑誌や新聞など各種媒体で執筆中。2019ポートクイーン千葉としても活動している。 ★instagram★ https://21/www.instagram.com/yonri.kajiwara/

梶原 よんりの記事一覧へ

あなたにオススメ

チイコミ!プレゼントコーナー