【上総一ノ宮】遠出してまでも手に入れたい!「和菓子司かねきち」を知らずしていちご大福は語れない!

かねきちのいちご大福
(画像提供:和菓子司かねきち)

そろそろバレンタインやひな祭りの季節。プレゼントやお祝いに、とっておきのいちご大福はいかがでしょうか?

いちごが旬のこの季節にしか販売していない人気のいちご大福を求めて、老舗和菓子店『和菓子司かねきち』まで取材しに行きました!

<目次>

・まるで小旅行?お店までの道のりを解説

・170年以上の歴史を誇る「和菓子司かねきち」とは? 

・舌が唸る実食レポート
└①いちご大福
└②桜餅
└③上総の月

・これまた珍しい!その他の季節限定商品もご紹介
└①キウイ大福
└②ベリーもっち

・ライターあとがき 〜往復4時間かける理由〜

まるで小旅行?
お店までの道のりを解説

2時間。それは、私が自宅からお店に辿り着くまでにかかった時間です。

つまり往復4時間。

どのようにして現地まで向かったのか解説しますね。

車も車の免許も持っていない私の行き方はいたってシンプル。

電車と徒歩で行きます。

まずは千葉の中心地、千葉駅まで向かいます。

千葉駅からは「上総一ノ宮行き」の電車が出ているので、終点まで電車に揺られましょう。

快速で44分ほどかかります。

電車が終点に近づいていくたびに、車窓から目にする景色が徐々に自然豊かに。

スマートフォンに夢中になるのではなく、移り変わってゆく周りの景色を楽しんでいただきたいですね。

小旅行気分が楽しめますよ。

上総一ノ宮駅(JR外房線終点)
▲上総一ノ宮駅(JR外房線終点)

 

上総一ノ宮に着いたら、あとは7分歩くだけ。あっという間に着きます。

かねきち

どんと構えた佇まいは、歴史ある和菓子屋さんの外観そのもの。

のれんや木製の看板から、古き良き趣を感じます。

 

玉前神社参道に位置するので、お店に寄る前後にお参りをするのもいいかもしれません。

玉前神社の付近には、かねきち以外にも和菓子屋さんがあるので、くれぐれも間違えないように。

目印はこちらの大きな紺の暖簾。

かねきち

「かねきち」と大きな文字で書いてあるので分かりやすいです。

 

車でいらっしゃる方は駐車場に要注意。

かねきちには専用の駐車場がないため、近隣にある商工会議所1階駐車場または商店街駐車場などへお停め下さい。

また、日曜日を除く午前8時半まで、お店の前の通りは通学路になるため、車での通行はご遠慮ください。

 

トップへ戻る

170年以上の歴史を誇る
「和菓子司かねきち」とは?

「和菓子司かねきち」は、江戸時代に上総一の宮で和菓子店を創業した現在唯一の和菓子老舗です。

かねきち店内

お会計の際には後ろの壁に飾られている額にご注目。

「京都嵯峨御所御墨付」(江戸時代におけるお国のお墨付き)が飾られています。

1847年にお墨付きをいただいたのだとか。

かねきちは170年以上も前から、国に認められるほどの和菓子屋さんだったのです。

現在もなお、そのお墨付きに恥じない人気を得続けています。

かねきち

落ち着いた店内は、古き良き日本を彷彿とさせます。

 

ショーケースには、可愛らしい和菓子が整列していました。

かねきち

通年の人気商品「上総の月」や鮮やかな見た目が可愛らしい練り切りが各種揃っています。

 

「上総の月」においては、専用のディスプレイがあります。

かねきち

2011〜2019年までモンドセレクションに選ばれるほど。

有名テレビ番組「にじいろジーン」でも紹介されるなど、他メディアでも注目されています。

 

そんなかねきちでは、毎年寒い時期になるといちご大福が大人気。

いちご大福

いちご大福は専用の箱に詰めていただけます。

販売は2個から。

2個(税抜600円)、3個(税抜900円)、6個(税抜1,680円)、10個(税抜2,770円)です。

前日までの予約で、少し安くなるのもポイント。

1個あたり10円ほど安くなりますよ!

※金額は2020年1月現在のものです

 

実はこちらのいちご大福、予約が殺到するほどの人気商品。

取材中「いちご大福ありますか?」「申し訳ございません、売り切れです」という会話を何度も聞きました。

取材時はまだ13:00、お店が閉まるのは17:30。

いかに人気ですぐに売り切れてしまうのかが分かりますよね。

 

かねきちの営業開始時間は朝8:30からですが、いちご大福の販売開始時間は10:00から。

予約をしなければ買えないわけではないのでご安心を

 

もし、それでも売り切れてしまうのが心配な方は、事前予約をおすすすめします。

受け取り希望日の1週間前から前日まで電話で予約が可能です。

予約状況はこちらで随時確認できます

 

「事前予約を忘れてしまった・・・」「だからといってお店に着く時間は夕方ごろになってしまう・・・売り切れてるよね・・・」

そんな方は当日の朝8:00からお店に電話(0475-42-3233)してみましょう!

当日の取り置きもお願いできるので、受け取り時間が夕方ごろになってしまう方も大丈夫!

ちなみに私は125回電話をかけました。

根気強く電話をかけ続けることが重要です・・・。

 

トップへ戻る

舌が唸る実食レポート

そんなに人気のいちご大福、一体どんな味なの?と気になる方も多いでしょう。

今回は、人気のいちご大福と各種和菓子を実食したので、詳しく食レポいたします!

①いちご大福

千葉県の一宮町では、「かねきち」が初めていちご大福を製造発売しました(昭和62年12月)。

いちご大福の歴史は30年以上にもなります。

現在では、12月頃から4月頃までの季節限定商品として製造販売しています。

手に入れるなら、ちょうどこの時期ですね!

※販売時期の詳細はホームページにてご確認お願いいたします。

かねきちのいちご大福
▲いちご大福3個入り(税抜900円)2020年1月現在

さて。私が購入したのは3個入りのもの。

ころん、ぽてん、とした丸いフォルムが愛らしいです。

箱に入っているのも大切にされているようで、高級感があって嬉しくなりました。

特別感があります。

いちご大福

ほとんど苺で埋め尽くされている、いちご大福。

手に持った瞬間、ずしりと苺の重さが伝わり、苺の存在を確かに実感します。

みずみずしくてジューシーな苺はそのまま食べても美味しいはず。

でも!そのまま食べても美味しい苺を白餡とほわんほわんのお餅に包まれた大福として食べると、これはもう、おったまげ!!

白餡の量が必要最低限で、もはや苺を楽しむためにある大福。

『いちご大福』。その名に恥じないくらい、苺が大主役のいちご大福です。

いちご大福

苺の周りを包んでいる白餡は毎日新たに作っています。

その日の分は前日に仕込みます。

一晩寝かせておいて更に美味しくなった白餡を大福に包み込むのです。

はぁ〜これは美味しくないわけがありません。

新鮮な苺と新鮮な白餡を使ったいちご大福は、その日にうちに食べてしまいましょう!

②桜餅

この時期はいちご大福が一番人気になりますが、桜餅の美味しさだって負けていません。

いちご大福と一緒に桜餅を購入する方も多いようです。

いちご大福同様、期間限定商品なので要チェックです。

※販売時期の詳細はホームページにてご確認お願いいたします。

 

まずはノーマルタイプから。

桜餅
▲桜餅(税抜160円)2020年1月現在

シンプルでいて王道の桜餅です。

こだわりポイントはモッチモチの生地。

一般的な桜餅の生地は、事前に大量に焼いて冷凍保存したものがほとんどです。

便利ですし、効率を考えたらそうなるのも分かります。

ですが!かねきちでは毎朝一枚一枚手焼きなんです!

だからこそ、このもっちり感が生み出されています。

やさしいピンクの色合いと、ほんのり甘い生地がしっとりとした餡によく合います。

香り豊かな国産大島桜葉もポイント。芳醇な香りが桜餅全体を上品にまとめてくれます。

 

次に、苺が入った桜餅。

こし餡と白餡の2種類があります。

 

こちらはこし餡バージョンです。

いちごの入った桜餅
▲いちご桜餅 こし餡(税抜265円)2020年1月現在

このおいしさにはノックアウト!!

今まで苺抜きで桜餅を食べていたなんて信じられない、だってあまりにもおいしすぎるんだもの。

豪快にかぶりつきたくなります。延々と頬張りたいです。

いちごの入った桜餅

断面が美しい・・・そこには小宇宙があります。

こし餡タイプを味わった後は、白餡もいただきました。

いちごの白あん桜餅
▲いちご桜餅 白餡(税抜265円)2020年1月現在

ひと口いただくごとに、「あぁ、春だな」と季節を五感で味わうことができます。

お餅はほんのり甘く、甘い餡子とみずみずしい苺をしっかりまとめてくれます。

さすが、毎日早朝から手焼きしているだけのことはあります。

これは出来立てをいただきたい!早朝からお店に並ぶ価値ありです。

③上総の月

いちご大福や桜餅など、季節限定の和菓子を紹介しましたが通年販売しているおすすめの和菓子もありますよ!

上総の月
▲上総の月(税抜150円)2020年1月現在

こちらの和菓子『上総の月』は通年の人気商品。

季節問わず、かねきちの定番商品でもあります。

『上総の月』という商品名は、上総の国にある九十九里の荒波を穏やかに照らす月をモチーフにしたからだそう。

穏やかな月をイメージして生まれた和菓子なので、やさしい気持ちになりそうな見た目も特徴です。

ほんわかやさしい、お月さまのような見た目がかわいらしいですね。

上総の月

味はカステラの風味に近いです。

表面の生地はふんわりと柔らかく、中の餡はしっとりなめらか。

甘さをしっかりと味わうことができるので、お茶と一緒にいただきたい一品です。

 

トップへ戻る

これまた珍しい!
その他の季節限定商品もご紹介

いちご大福の時期には販売されていませんが、その他の季節限定の商品もご紹介しましょう。

①キウイ大福

キウイ大福
(画像提供:和菓子司かねきち)

こちらはいちご大福ならぬ「キウイ大福」!

みずみずしい生のキウイを白餡の大福で包んでいます。

見ての通り、大きくて食べ応えがありそうです。キウイの酸味が、餡とお餅で優しく口いっぱいに広がるのだとか。

冷蔵庫で冷やすと、さらに美味しくいただけるようですよ! 

※販売時期の詳細はホームページにてご確認お願いいたします。

②ベリーもっち

ブルベリー大福
(画像提供:和菓子司かねきち)

『うちではブルーベリーの大福もやってるんですよね』

そう店主から聞いた時にはとても驚きました。

ブルーベリーが旬の夏に限定販売されます。

使用されているブルーベリーはすべて国産。

長野県の農家から仕入れています。

大量のブルーベリーをプチプチっと噛み締めて、夏の恵みを堪能できる大福です。

※販売時期の詳細はホームページにてご確認お願いいたします。

和菓子司かねきち

営業時間/8:30〜17:30 

※いちご大福の予約・取り置き受け付け電話は8:00〜、店頭販売は10:00〜

定休日/月曜(祝日は例外あり)

電話番号/0475-42-3233

住所/千葉県長生郡一宮町一宮3019番地

アクセス/JR外房線「上総一ノ宮駅」から徒歩7分 

 

トップへ戻る

ライターあとがき
〜私が往復4時間かける理由〜

「あれが食べたいからコンビニで買おう」と思うのは大学生で卒業。今では「あれが食べたいから専門店に行こう」と思います。そんな私は、少し大人になったのでしょうか。

せっかく食べるなら、とりあえず身近にあるもので済ませたくない。食べたい!と強く思うものなら、なおさらのこと。

私はいちご大福を年に一度くらいしか食べません。いちごが美味しくなるこの時期に、とっておきのいちご大福を食べるのです。そのとっておきに、まさにぴったりなのが今回ご紹介した「かねきち」の大福でしょう。

自宅からかねきちまで、往復4時間。私がここまでの時間をかける理由は、年に一度のとっておきを求めるため。いちごが旬の時期は、年中ではありません。「今しかないいちごの旬をめいいっぱい楽しみたい」そう思う私は、かねきちのいちご大福を口にした瞬間、この4時間は無駄ではなかったと確信しました。

 

トップへ戻る

関連するキーワード

この記事を書いた人

梶原 よんり

梶原 よんり

大学卒業後、旅行会社の広報部に就職するもライターの夢を追いかけるために退職。現在は雑誌や新聞など各種媒体で執筆中。2019ポートクイーン千葉としても活動している。 ★instagram★ https://21/www.instagram.com/yonri.kajiwara/

梶原 よんりの記事一覧へ

あなたにオススメ

チイコミ!プレゼントコーナー