【越谷市】コシクラの餅つき・越谷ライフを楽しもう!皆で一緒にぺったんこ

越谷出身や在住・在勤など、越谷にゆかりのある人たちが集い、イベントを通じて親交を深める会「コシクラ(越谷で楽しく暮らそう!)」が、今年も恒例の餅つきを開催する。

もちつき
地域で楽しく餅つき体験(昨年)

かまどで蒸した餅米で
本格的な餅つきを

コシクラは、越谷にゆかりのある人なら誰でも自由に参加・交流できる会。

入会申し込みや会費は不要、好みの催しに参加する際に随時参加費を支払う。

年末恒例の「コシクラの餅つき」は、松伏町で収穫した餅米をかまどで蒸し、臼と杵を使い、参加者たちが代わる代わる餅をつく。

つきたての餅はあんこやきな粉をまぶしたり磯辺焼きにして、みんなでその場で味わう。

参加希望者は会のホームページから申し込み可能。

子ども用の杵と臼もあり、家族一緒に楽しめる。

エコ推進のため、マイ箸とマイ食器の持参を。

越谷の良さや楽しさを
提供したい

コシクラの運営メンバー
運営メンバーの皆さん(左から2番目が石渡さん)

コシクラは、震災後に地域の絆の大切さを再確認したメンバーで2012年に発足。

代表を務めるのは、越谷出身、子育て世代の石渡毅さん。

発足当時の思いを「越谷に住む人たちに地元の暮らしの魅力を知らせたい、新しい発見を提供したいと思いました。子どもたちにとっては、学年や学区を越えた友達づくりの場になれれば」と振り返る。

実際、イベントの参加者たちからも「知り合いが増えてうれしい」「地元の情報交換ができる」「子ども同士の交流も広がる」と好評だ。

催しの依頼が増え、急な食材の調達などハプニングに見舞われる時もあるが、「まずは運営側が楽しく活動すること。

そして地域コミュニティーの場であることを大切にしています」と石渡さん。

今後の予定は春秋開催のバーベキューや、松伏町の農家で田植えを実施。

越谷のネギやクワイ農家とコラボしたイベントも思案中だ。 (あべちえみ)

越谷で楽しく暮らしたい
「越谷で楽しく暮らしたい」人たちが大集合

コシクラ

日時/12月30日(月)
午前10時から、餅がなくなり次第終了
※雨天決行

会場/新石一丁目自治会館
(越谷市越ケ谷1-8-5)

料金/500円(小学生まで無料)

持ち物/箸、食器

問い合わせ/080(5418)4210 石渡

関連するキーワード

この記事を書いた人

ちいき新聞レポーター

ちいき新聞レポーター

地域に密着してフリーペーパー「ちいき新聞」紙面の記事を取材・執筆しています。

ちいき新聞レポーターの記事一覧へ

あなたにオススメ

チイコミ!プレゼントコーナー