【白井市】ヴィヴァーチェ・ハンドベル・クリスマスコンサート(20周年記念演奏会)

音色の美しさから「天使のハーモニー」ともいわれる、イングリッシュハンドベルのコンサートが開催される。

白井市を拠点に20年間活動を続ける老舗サークルの記念演奏会だ。

ヴィヴァーチェハンドベルクリスマスコンサート
▲下段がハンドベル。上段のクワイアチャイムとともに演奏する演奏法も

音を分担し12人で
一つの曲を演奏

イングリッシュハンドベルは、450年ほど前に教会の鐘の練習用に考えられた楽器で、日本にも愛好家は多い。

演奏者1人につき2〜8音ほど担当し、4〜5オクターブの曲であれば10人超で演奏するのが一般的だ。

今回、コンサートを開催するのは、白井市を拠点に活動する、ヴィヴァーチェ。

音楽用語で「生き生きと」という意味の名を持つこのサークルには、それぞれ12人のチームが2つある。

コンサートは2部構成で、それぞれのチームが8曲ずつ、合計16曲を演奏。

最後は2チーム合同で1曲演奏する。

内容は、クリスマス曲が半分。

残りの半分はハンドベルのオリジナル曲あり、おなじみの曲あり。

知っている曲も、ハンドベルの音色で、また違った味わいになる。

ジャズやロックに編曲されたクリスマス曲もあり、聴いていて楽しい。

白井を中心に
福祉施設でボランティアも

ヴィヴァーチェは、週に1度の練習と、依頼があれば公民館や福祉施設などでボランティア演奏も行っている。

今回のようなコンサートは、2年に1度の開催だ。

20年の活動の間には、メンバーの入れ替わりも。

現在のメンバーの所属期間は2年から20年までさまざまだ。

「新しい方も受け入れ、経験が違っても心を一つにできるチームが作りたかった」と、指導者で主宰の本屋由美子さん。

コンサートでは「ハンドベルの温かみが伝わるといい」と語り、「20年の成果を出せたら」と意気込みを見せる。

今回は難易度の高い曲にも多く挑戦。

聴き応えのあるコンサートとなりそうだ。 (倫)

20周年記念演奏会
ヴィヴァーチェ・ハンドベル・クリスマスコンサート

日時/12月15日(日)
午後1時30分開場、午後2時開演

場所/白井市文化会館大ホール
(白井市復1148-8)

料金/入場無料

問い合わせ/090-9325-3441
本屋(もとや)

関連するキーワード

この記事を書いた人

ちいき新聞レポーター

ちいき新聞レポーター

地域に密着してフリーペーパー「ちいき新聞」紙面の記事を取材・執筆しています。

ちいき新聞レポーターの記事一覧へ

あなたにオススメ

チイコミ!プレゼントコーナー