【佐倉市】創立10周年 クール・ミコクリエ演奏会・佐倉市民音楽ホールで開催

12月7日(土)に佐倉市民音楽ホールでクール・ミコクリエの演奏会が行われる。

創立10 周年にして初の演奏会。

これまでの歩みと、その聴きどころを取材した。

合唱する女性たち
▲2019年7月音楽教室クレッシェンド発表会

歌好きが集まって
創立10年で初演奏会

2009年、佐倉市近辺でコーラス好きの人たちが声楽家・榎本京子さんに指導をお願いし創立。

毎年さまざまなイベントに参加しているが、1年の準備をかけていよいよ念願かなって初演奏会を開くことになった。

指導者の榎本さんは千葉県内の各地で合唱団9団体を指導している。

団体名のクール・ミコクリエの「ミコクリエ」はフランス語で「榎」という意味で、指導者の名字にちなんで名付けられた。

メンバーは50代から80代の女性で17人。

佐倉市以外に八千代市や千葉市から歌うことが好きな人が集まって来る。

練習場所は京成佐倉駅前のスタジオで、毎週木曜の午後に練習している。

合唱の練習をする女性たち
▲練習風景

さだまさしや
X JAPANの楽曲も

当日のプログラムは1部が愛唱歌で「みすゞこの道」より「この道Ⅰ」「月と泥棒」「私と小鳥と鈴と」、他に「さくら」「おしゃれな気分できれいに歩こう」。

2部はピアノ伴奏者・山本いさ子さんのピアノ演奏、3部は「南国浮かれ唄」「あの鐘を鳴らすのはあなた」「秋桜」「旅立ちの日に」「Forever Love」。

4部は富山の民謡「越中おわら」「こきりこ」「むぎや」を演奏する。

榎本さんが富山県の出身であることから、指導している各合唱団の演奏会で歌われているという「富山に伝わる三つの民謡」だ。

富山県出身の岩河三郎氏が作詞・構成・作曲し、後に富山の女声合唱団に依頼されて女声合唱組曲に編曲したものである。

取材の日、迫力のある歌声で「あの鐘を鳴らすのはあなた」やXJAPANの「Forever Love」を練習していて思わず聴きほれてしまった。

卒業ソングでの定番「旅立ちの日に」では昔を思い出し、懐かしい気分に。

榎本さんの「もう一歩だね、えっ? 二歩・三歩・四歩・五歩」というユーモアに笑顔でうなづく皆さんの楽しそうな顔。

コーラス未経験者や新しく入団した団員もおり、「すべての曲を1年間でマスターして暗譜しないといけないから皆さん大変。

でも練習熱心で頑張っていますよ」と代表の松尾さん。

「イベントに参加するのと単独の演奏会では大違いです」と準備に練習に余念がない。

演奏会が楽しみだ。  (さくら)

創立10周年 クール・ミコクリエ演奏会

日時/12月7日(土)
午後1時30分開場/午後2時開演

場所/佐倉市民音楽ホール
(佐倉市王子台1-16、京成臼井駅下車徒歩5分)

料金/全席自由・入場無料

問い合わせ/
043(258)2009 松尾
043(487)4721 莇(あざみ) 

関連するキーワード

この記事を書いた人

ちいき新聞レポーター

ちいき新聞レポーター

地域に密着してフリーペーパー「ちいき新聞」紙面の記事を取材・執筆しています。

ちいき新聞レポーターの記事一覧へ

あなたにオススメ

チイコミ!プレゼントコーナー