【八千代市】第3回やちパンプロジェクト!八千代高校×八千代市内のパン屋さん

県立八千代高校家政科の生徒が考案する大好評企画「やちパンプロジェクト」が今年も開催。

半年をかけて完成させたこだわりのパンが、八千代市内7店舗のパン屋で期間限定で販売する。

八千代高校の学生
▲一致団結して作り上げました!

今年も始動!
人気のコラボ企画

八千代パン
▲おいしそうなパンがズラリ

3回目を迎えるやちパンプロジェクトは、八千代市、八千代商工会議所が支援し、同市内パン事業者の協力の下、開催されている産学官コラボ企画。

過去2回とも販売期間を延長する店舗があったほどの人気ぶりだ。

取材に訪れたのは9月に開催された初の共同試食会。

パン作りの基礎をイチから学んだ生徒たちが考案したアイデアを基にパン事業者が試作し、共に何度も試食・改良を重ね、各店舗で完成させた21種類のパンが同高校の調理室に並んだ。

産地にこだわった
斬新なアイデアが続々

八千代市産の具材や市のイメージを取り入れ、「地域に密着したパン作り」にこだわったパンはどれも力作ぞろい。

見た目、味、そして食べ応えにもこだわったという林真里奈さん作、ヨークマート八千代台店で販売される「ベーグルサンドヤッチ(378円)」は、スクールカラーである「オレミド(オレンジと緑)」がコンセプト。

レタスの上にチキンタツタとペーストされた卵とゆで卵をのせ、やっちの顔が焼き印されたベーグルで挟んだボリューミーな一品。

試食でも大満足の自信作だ。

大阪出身の森唯菜さんは、リヨンSUDAちらすとで販売される「お好みやっちパン(216円)」を考案。

具だくさんの野菜にお好み焼きの「しょっぱい味」を再現するために、本場のお好みソースを使用するこだわりよう。

幅広い年齢層をターゲットに食べてほしいと食べやすいサイズで、見た目もお好み焼きそっくりに仕上げた。

中でもパン事業者の担当者が何度も配合を繰り返し絶妙な味に仕上げたと語る「やんぱん(150円)」は、味噌とあんこという斬新な組み合わせ。

口の中でほのかに広がる味噌の風味は、スイーツが苦手な人にでも口に合う一品。

こちらはピーターパン小麦の丘で販売される。

試食会後も生徒たちのコンセプトに近づけるため改良を続け、よりおいしいパンが完成した。

妥協は一切なし! 共に納得して作り上げた最高のパンを味わってみては。(しゃん)

※価格は税込み、変更になる場合あり

販売期間
11月30日(土)~12月15日(日)

問い合わせ
(TEL)047-483-1771
八千代商工会議所

※2店舗(一店舗につき800円以上)のレシートラリーで、やっちのオリジナルエコバッグが当たる抽選会も予定

パンの紹介

●ピーターパン小麦の丘店
(村上南4‐18‐1)
※木曜定休
(TEL)047-481-3401

●リヨンSUDAコッペ館
(勝田台2‐16‐9)
※年中無休
(TEL)047-486-6933

●リヨンSUDAちらすと
(緑が丘西1‐12‐2)
※年中無休
(TEL)047-455-8628

●ラ・セン・デ・レーヴ ベル
(ゆりのき台1‐31)
※火曜定休
(TEL)047-406-3801

●石窯ベーカリーサンブレッタ八千代店
(大和田新田755 京成バラ園内)
※年中無休
(TEL)047-459-5890

●ヨークマート八千代台店
(八千代台北10‐24‐1)
※年中無休
(TEL)047-480-7722

●ヨークマート勝田台店
(勝田台1‐33‐1)
※年中無休
(TEL)047-482-4011

ピーターパン小麦の丘店

ピーターパンのパン

リヨンSUDAコッペ館

リヨンSUDAこっぺ館

リヨンSUDAちらすと

リヨンSUDAちらすと

ラ・セン・デ・レーヴ ベル

ラ・セン・デ・レーヴ ベル

石窯ベーカリーサンブレッタ八千代店

サンブレッタのパン

ヨークマート勝田台店

ヨークマートのパン

関連するキーワード

この記事を書いた人

ちいき新聞レポーター

ちいき新聞レポーター

地域に密着してフリーペーパー「ちいき新聞」紙面の記事を取材・執筆しています。

ちいき新聞レポーターの記事一覧へ

あなたにオススメ

チイコミ!プレゼントコーナー