【埼玉県春日部市】こどもライブフェスタ 2019「つくってみよう、やってみよう」

文化芸術に親しむシーズンにぴったりなイベントが開催。

「ふれあいキューブ」の1階から4階までを使い、多彩な催しが楽しめる。

春日部こどもライブフェスタのチラシ
▲会場案内図を手にして回ろう

指令をクリアして忍者になろう

春日部こどもライブフェスタ
▲「忍者修行」で忍者に変身!(前回の様子)

ふれあいキューブ8周年記念事業でもあるこのイベント。

以前は開催を11月14日の埼玉県民の日に定めていたが、3年前からイベントの開催に不可欠な多くのボランティアスタッフの都合を考慮し、土・日開催とした。

1階ホールでは午前11時から、子どもたちのダンスやソーラン節のパフォーマンス。

「毎年狭いステージでのパフォーマンスでしたが、今年は広い場所で伸び伸び踊ってもらえます」と、イベント実行委員会事務局長で春日部おやこ劇場の新井恵美さん。

例年人気の企画は「忍者修行」。

頭に風呂敷をかぶって忍者の扮装をし、指令書をもとにさまざまな指令をクリアしながら1階からゴールの4階へと進み、最後までクリアできれば認定証がもらえる。

子どもだけでなく老若男女誰でも参加可能。

他にも段ボール迷路や紙コップタワー、工作教室など盛りだくさんの内容だ。

入場・参加は無料だが、一部ブースでは材料費として100円〜150円が必要。

こどもライブフェスタ工作教室
▲工作教室など楽しい遊びがいっぱい

もう一つのテーマは
「人との出会い」

出会いのきっかけづくりも、このイベントのもう一つのテーマだ。

「講師やスタッフも地元の人たち。来てくれる子どもたちに、自分の周りにはこんな大人たちがいることを知ってほしい。私たち大人にも、子どもたちと交流できる貴重な機会です」と新井さん。

ボランティアスタッフも毎回募集、近隣大学の学生たちをはじめ、100人以上が参加している(今年は募集終了)。

当日スタッフたちにも、「まず自分たちが楽しんで」と新井さんは伝えている。

毎月の会議で企画を練り、終了後も反省会を開き関係者に報告書を提出するなど、一年を通した準備の成果が実りの秋を迎えるイベントだ。 (テツ)

日時/11月30日(土)
午前10時~午後4時

場所/ふれあいキューブ
(春日部市南1-1-7)

料金/入場無料(一部材料費別途)

問い合わせ・申し込み/090(1603)4553
春日部こどもライブフェスタ実行委員会 新井

関連するキーワード

この記事を書いた人

ちいき新聞レポーター

ちいき新聞レポーター

地域に密着してフリーペーパー「ちいき新聞」紙面の記事を取材・執筆しています。

ちいき新聞レポーターの記事一覧へ

あなたにオススメ

チイコミ!プレゼントコーナー