【かまフェス2019】11/17(日)木更津市で開催!おらほが自慢の手作りフェス

木更津市鎌足地区に在住・在勤・活動する人だけが出店できる超地域密着型イベント「かまフェス」。

しかし、ふたを開けてみたら主催者の想像を超えた大盛況!

年に1度の人気イベント、今年もかずさアカデミアホールで開催。

かまフェスで販売している手作り品
地元の手作り品が並ぶ

公民館が会場の
地元祭りが大人気

木更津かまフェスが大盛況の様子
写真だけで盛況ぶりが伝わる

「かまフェス」は2017年に初めて開催された。

もとはイベントを通し、普段の活動をよく知らない住民同士や、昔からの住民と移住者が交流を深め、皆で鎌足地区の魅力を外に発信しよう、という地域交流が主な目的だった。

ところが、いざ出店募集してみると60団体と予想以上の申し込みが寄せられた。

地元のお祭りということで、かまフェス会場は公民館。

「当日はお客さんが大勢来て、公民館がまるで渋谷のスクランブル交差点のようなにぎわいでした」と担当者の甲斐さんは振り返る。

翌18年、出店申し込みが70団体に増えたため、会場をかずさアカデミアホールに移して開催。

約4000人もの来場者が訪れ大盛況となった。

鎌足愛は
台風被害にも負けない!

木更津かまフェス出店者のみなさん
第2回の出店者の皆さん

今年のかまフェスにも、地元の人が丹精込めて作った野菜や漬物、お菓子に雑貨などが並ぶ。

また手芸や小物のワークショップ、ダンスや合唱、影絵などの発表なども行われる。

今年は運営に鎌足中学校の生徒が携わるなど、若い力も活躍する。

このたびの台風15号は鎌足地区にも大きな爪痕を残した。

しかし出店のキャンセルはない。

「自分の作った物や活動で人が喜んでくれる。それが住民の喜びと活力になっています。皆このイベントを大切に思っているんです」と甲斐さん。

県外からも訪れるという、かまフェスの魅力を尋ねると、「鎌足地区の景色や地域の商品、活動に触れられることでしょうか。

お店を持っていない出店者の、ここでしか買えない商品もあるんですよ」と話す。

今回のかまフェスには80団体が出店予定。

今年も大きなにぎわいが予想される。 (花)

かまフェス2019

日時/11月17日(日)
午前10時~午後3時

場所/かずさアカデミアホール
(木更津市かずさ鎌足2-3-9)

問い合わせ/0438(52)3111
鎌足地区まちづくり協議会事務局
(鎌足公民館内)

関連するキーワード

この記事を書いた人

ちいき新聞レポーター

ちいき新聞レポーター

地域に密着してフリーペーパー「ちいき新聞」紙面の記事を取材・執筆しています。

ちいき新聞レポーターの記事一覧へ

あなたにオススメ

チイコミ!プレゼントコーナー