【2019】みさと秋の読書まつり(11/17開催)三郷市文化会館

吉本芸人によるブックトークショーをはじめ、 2019市民ボランティアたちによるさまざまなイベントや、一日店主たちが出店する一箱古本市

など、日本一の読書のまちならではのイベント。今年で2回目の開催だ。

みさと秋の読書まつり2019のチラシ

芸人たちの
楽しいトークショーで開幕!

みさと秋の読書まつり2019
観客の前で熱演する市民ボランティア

当日は、吉本芸人の〇〇渡辺さん、すゑひろがりずの皆さんによるブックトークショーで開幕。

笑いを交えながら楽しく本を紹介してくれることだろう。

午前11時から大会議室で、定員は先着100人。

正午からは館内それぞれの場所で子ども司書による読み聞かせ、ボランティアサークル「赤とんぼ」の紙芝居、人形劇サークル「ぽぺっと」の人形劇や「三郷おはなし会」の昔語りなどが催される。

チラシにあるタイムスケジュールをチェックして、興味あるイベントを回ってみよう。

新聞紙を使ったブックバッグ、しおり、スライム作りも無料で体験できる。

2020年東京五輪で三郷市がギリシャのホストタウンになるのを記念したギリシャコーナーも設けられる。

こども司書読書会
子ども司書も活躍

古本市で堀り出し物を
見つけよう!

屋外では文教大学の学生による大道芸が行われ(雨天時は小ホール前ホワイエで開催)、市内飲食店の屋台も並ぶ。

さらにロビーでは一箱古本市も開催。

一般の人がこの日だけ「店主」となり、一箱のスペース限定で本を販売。

中身をどうするか、売る方も工夫のしどころで、お客さんとやりとりを楽しみながら本の売り買いができる。

午後3時からは、国内外で活躍するイラストレーター、ミヤタチカさんが絵を描くコツや動物文字の描き方を教えてくれる「みんなでお絵かき講座」に注目。

お気に入りの筆記具を持参してもOK。

大会議室で、先着100人まで。

来場者には受付で記念品のプレゼントもある(数に限りあり)。

早めに来場して一日楽しもう。 (テツ)

読書まつりのイベント体験コーナー
体験コーナーも大盛況

※写真は全て昨年の様子

みさと秋の読書まつり2019

日時/11月17日(日)
午前11時~午後4時

場所/三郷市文化会館
(早稲田5-4-1)

料金/入場無料

問い合わせ/048(930)7818
三郷市教育委員会
日本一の読書のまち推進課

関連するキーワード

この記事を書いた人

ちいき新聞レポーター

ちいき新聞レポーター

地域に密着してフリーペーパー「ちいき新聞」紙面の記事を取材・執筆しています。

ちいき新聞レポーターの記事一覧へ

あなたにオススメ

チイコミ!プレゼントコーナー