【2019年版】成田山公園・紅葉まつり、11/9~24の土日祝で開催!

成田山公園が多く人を集める、成田山公園紅葉まつりの季節がやって来た。

紅葉、クヌギ、ナラ、ギンナンなど250本の樹木が秋の成田を彩る。

竜智の池での演奏会、お茶会、成田山書道美術館での入館無料イベントなど、各種イベントがめじろ押しだ。

2019成田山紅葉まつり

早い紅葉の中 楽しめる茶会

紅葉まつりは、成田山公園で、11月の土日に開催される。

そして、公園の紅葉の見頃は通常11月中旬から12月上旬にかけて。

中でも茶室赤松庵付近は日当たりが良く、例年11月初旬から紅葉が楽しめるのが特長。

一般客に公開される機会の少ないこの茶室で、一足早い紅葉をめでながらのお茶会が開かれる。

毎年抹茶とともに、成田山の小供物というお菓子も頂ける大人気の催しで、定員に達し次第、受け付け終了となるため、昼ごろまでには現地に着きたい。

そして、竜智の池では、池に張り出した浮御堂で、箏や二胡などの音楽会が繰り広げられる。

例年、池の対岸には、音に引き込まれ、その場に腰かけ演奏に聞き入る観光客であふれかえるとか。

紅葉をみる観光客

書道美術館では
クラフト展と昆虫展開催

成田山書道美術館は、いつも格調高い書の展示を行う美術館であるが、紅葉まつりのこの時ばかりは路線変更。

広い研修室を利用し、地元作家らによるクラフト展、また千葉県立農業大学校および千葉県立成田西陵高校の地域生物研究部による世界と日本の大昆虫展を開催する(11月16日・17日のみ)。

クラフト展には、革細工、キルト、木工やガラス細工まで、個性あふれる地元工芸作家がこの日のために作りためた作品を出品。

毎年この日を目当てに押し寄せる人がいるほど。

成田山紅葉まつりクラフト展

クラフト展の様子

 

昆虫展では、地元成田西陵高校の生徒たちが、この日のために奔走。

子どもたちに喜んでもらえるような、外国の大きな昆虫から地元の人気者まで、各種昆虫を収集展示する。

成田山紅葉まつり大昆虫展の様子

大昆虫展の様子

 

もちろん、成田山書道美術館では、通常の展示も実施。

これを機に、行ったことのない人は成田山書道美術館デビューを果たしては。

毎週土日、書道美術館のイベント以外は3週にわたって繰り広げられる成田山公園紅葉まつり。

彩りを楽しみに出掛けてみてはいかが。 (倫)

 

成田山公園紅葉まつり

期間/11月9日(土)~24日(日)の土曜・日曜・祝日

場所/成田山公園(成田市成田1)

◆お茶会

場所/茶室 赤松庵
(成田山書道美術館隣)

時間/午前10時~午後3時ごろ
※定員に達し次第、受け付け終了

演奏会

場所/竜智の池(三の池) 浮御堂

日時/午前11時~、午後1時30分~(1日2回)

クラフト展 -手仕事いろいろ-
世界と日本の大昆虫展

時間/11月16日(土)・17日(日)
午前9時~午後4時

場所/成田山書道美術館
(成田市成田640)
※開催日に限り入場無料


問い合わせ/

紅葉まつり 0476(22)2102
(一社)成田市観光協会

昆虫展 080(5388)0293
千葉県立農業大学校 清水

クラフト展 0476(24)0774
成田山書道美術館 佐藤

関連するキーワード

この記事を書いた人

ちいき新聞レポーター

ちいき新聞レポーター

地域に密着してフリーペーパー「ちいき新聞」紙面の記事を取材・執筆しています。

ちいき新聞レポーターの記事一覧へ

あなたにオススメ

チイコミ!プレゼントコーナー