千葉大祭 2019「はっぴねす」幸せを届ける大学祭

今年で57回目となる千葉大学の千葉大祭が10月31日~11月3日に西千葉キャンパスで開かれる。

地域に根づいた行事として親しまれ、例年、約5万人の来場者でにぎわう。

千葉大学の大学祭り、千葉大祭

千葉大祭実行委員会の皆さん

多様なテント企画と
教室での企画

千葉大祭のマスコットキャラクター

 

本年度のテーマは「はっぴねす」。

千葉大祭に関わるすべての人たちにHappiness(幸せ)を届けたいという思いと、千葉大祭公式キャラクター「はっぴ」の名前を重ねたもので、実行委員会は「Happinessな時間をお過ごしください」と呼び掛けている。

屋外に張ったテントを会場にした企画は約100、教室などを使った企画は約50に上る。

テント企画では飲食店が人気で、昨年は来場者の投票で焼きそば店が1位になった。

教室では落語なども。

近隣に住む大人から子どもまで幅広く親しまれているため、催し物も工夫されている。

子ども向けでは射的などを楽しめる縁日の人気が高く、大人向けには同大の教授による講義や理科の実験があったり、約1時間かけて構内を回るキャンパスツアーもあるなど、誰もが楽しめる内容。

ヨーヨーをする子ども

昨年の「ヨーヨーすくい」

 

ゲストのステージ発表では今回、オーディションから誕生した5人の女性アイドルグループ「26時のマスカレイド」が登場する。

「26時(午前2時)の仮面舞踏会」という意味で、11月2日(土)午後2時から「かたらいの森前特設ステージ」でライブを行う。

毎年、来たいと
思われる千葉大祭に

開催が近づき、成功に向けて奮闘している実行委員会。

実行委員長の石橋美幸さん(3年)は「みんなが楽しめるようにサポートしたい」、副委員長の東條あかねさん(同)は「毎年、来たいと思われる千葉大祭にしたい」、同じく副委員長の宮﨑重義さん(同)は「裏方として頑張りたい」、また、合川渚さん(2年)は「先輩たちと一緒に活動できることに感謝したい」と語った。(ソバ)

千葉大祭実行委員会のメンバー
マスコットキャラクター「はっぴ」の人形を作る実行委員会メンバー

 

千葉大祭

日時/10月31日(木)~11月3日(日・祝)
午前9時~午後6時(最終日は~午後3時)

会場/千葉大学西千葉キャンパス
(千葉市稲毛区弥生町1-33)

問い合わせ/043(251)1111
千葉大祭実行委員会事務局

関連するキーワード

この記事を書いた人

ちいき新聞レポーター

ちいき新聞レポーター

地域に密着してフリーペーパー「ちいき新聞」紙面の記事を取材・執筆しています。

ちいき新聞レポーターの記事一覧へ

あなたにオススメ

チイコミ!プレゼントコーナー