ラグビーに欠かせないスポーツマウスピースとは?「クボタスピアーズ」(船橋市)U-15選手に密着

ラグビーする少年

撮影:Megumi Sato

 

ワールドカップ日本大会の開催で盛り上がりを見せたラグビー。強じんな肉体が全力でぶつかり合う姿に魅了された人は多いのではないでしょうか。そんな激しいプレーから、ひそかに選手たちを守っているものがあります。

それは「スポーツマウスピース」。ラグビーのようなコンタクトスポーツにおいて、けがの予防や軽減をするために使用します。

今回は、ジャパンラグビートップリーグ所属のラグビーチームで、千葉県船橋市に本拠地を置く「クボタスピアーズ」U-15所属選手に密着し、スポーツマウスピースの役割や必要性などについて詳しくご紹介します。

 


<目次>

・なぜラグビーにスポーツマウスピースが必要?

・オーダーメイドのマウスピースを作ってみた

・マウスピースを着けた大智くんに会いにクボタスピアーズの練習場へ!

・マウスピースの種類と選び方

なぜラグビーに
スポーツマウスピースが必要?

ラグビーをする少年タックル
撮影:Megumi Sato

 

ジャパンラグビートップリーグ所属のラグビーチームで、千葉県船橋市に本拠地を構えるクボタスピアーズ(KUBOTA Spears)。

ラグビーワールドカップ2019で日本代表に選出されたピーター"ラピース"ラブスカフニ選手も所属するチームです。

 

関東エリアの公立中学校のほとんどはラグビー部を持たず、中学生がプレーできる環境が少ないため、クボタスピアーズではU-15育成プログラムを実施しています。

ラグビーの普及や、高校でラグビーを続ける中学生の育成指導などを目的として、初めてラグビーをやる子どもでも安全に楽しむことができる環境を用意しているのだそうです。

 

日本がラグビーワールドカップでの歴史的勝利に沸く10月某日、ホームグラウンドの「クボタ船橋グラウンド」で行われているU-15の練習を見学させてもらいました。

 

中学生といえども、やはり体の大きな選手が多い!

そして、タックル練習にも恐れることなく果敢に取り組んでおり、間近で見るとその迫力に圧倒されます。

 

けがとは切っても切り離せないスポーツであるということは、ワールドカップを見ていても想像に難くないと思いますが、その分非常に安全面に配慮した指導が行われていました。

 

ラグビーにおいては、13歳から19歳にマウスピースの着用義務があり、クボタスピアーズU-15の選手たちも全員練習中からマウスピースを着けています。

プレー中の衝突や転倒などで歯を折る、口の中を切るといったけが、顎を介した衝撃による脳震とうなどを予防・軽減するためです。

また、スポーツを行っている時は、力を入れようと歯を食いしばり、知らず知らずのうちに歯や顎の骨に大きな負担がかかります。

歯に体重の3倍以上の力がかかることもあり、それが原因で歯が削れたり、顎の関節を痛める要因になったりもするそうです!

 

そのようなダメージを予防するスポーツマウスピースは、ラグビーの他、アメリカンフットボール、ボクシングや空手などの格闘技、ラクロス、アイスホッケーなどでも広く使用されています。

 

トップへ戻る

オーダーメイドの
マウスピースを作ってみた

実は、マウスピースには大きく分けて既製品オーダーメイドのタイプとがあります。

既製品のマウスピースは、お湯で軟化させて口の中に入れ、自分で自分の歯に合わせます。

オーダーメイドのタイプは歯医者で歯型を取って一つひとつ作成し、その人にフィットさせます。

海外ではオーダーメイドが当たり前になっているのだとか。

 

今回、クボタスピアーズU-15所属の佐藤大智くんご一家と、千葉県柏市のスポーツマウスピース専門店 なかよし歯科医院 GUARDIANS(ガーディアンズ)に協力をいただき、オーダーメイドのマウスピース作成の過程を取材させてもらいました。

 

幸せ3人家族

佐藤大智くん(中央)とご両親

◆佐藤 大智(さとう だいち)くん
12歳・中学1年生
ラグビー歴:2年目
ポジション:フォワード
夢は日本代表。オールブラックスも大好き!

 

なかよし歯科の好岡夢貴先生

◆なかよし歯科医院 好岡 夢貴(よしおか ゆめたか)先生
千葉県柏市明原の「なかよし歯科医院」院長。大学時代にはマウスピースを専攻。
院内に技巧所を持ち、スポーツマウスピースの他、ナイトガードなどさまざまなマウスピースを扱う施術を行っている。
先生ご自身がアメリカンフットボールの経験者!

 

~オーダーメイドのマウスピースができるまで~

 

1.歯型を取る

歯医者で歯型を取る少年

 

2. 型取り材が固まるのを待つ

歯医者で噛み合わせを確認する男児

 

3.かみ合わせの記録を取る

歯医者でマウスピースの型取りをする男児

 

大智くんの出番はいったんここまで! 歯型を取る作業自体は、1分ほどで完了します。

あとは先生にお任せして、完成を楽しみに待つだけ♪

来院からお会計まで約10分! あっという間です。

 

この後、歯型に石こうを注いで模型を作り、模型に合わせて丁寧にマウスピースを成形していきます。

さらに、固まったマウスピースの表面を熱して柔らかくし、再び模型にセットして、最適なかみ合わせを形作ります。

 

ラグビーをする少年のマウスピース

こちらができあがった石こうの模型とマウスピース。精巧!

 

なかよし歯科医院 GUARDIANS(ガーディアンズ)では、ブラック・ホワイト・ブルー・イエロー・透明などのスタンダードなカラーから、2色~3色を組み合わせるカラーミックス、レインボーカラーまで、全34種類とバリエーションも豊富。

オプションで名前入れや背番号入れも可能です。

大智くんは緑色が好きということで、「3Dミリタリー」を選び、名前を入れてもらいました!

 

3Dミリタリーのマウスピース名入り

 

通常便であれば、4日~5日で受け取れます(超特急便であれば最短でその日中)。

宅配も可能です。

専用ケースと歯ブラシ、製作に使用した石こう模型とセットで届きました。

かっこいいです!

(ガーディアンズでは紛失・破損などで再製作が必要になった際に、また型取りをしなくて済むよう石こう模型を返却してくれます)

 

トップへ戻る

マウスピースを着けた
大智くんに会いに
クボタスピアーズの練習場へ!

マウスピースをつけるラグビー少年

撮影:Megumi Sato

 

完成したマウスピースを着けての初練習の日、大智くんの雄姿を見るべく、クボタ船橋グラウンドを訪ねました。

 

練習中、コーチから「声をかけ合って!」という指導が何度も飛びます。

ラグビーワールドカップで日本代表が見事なチームワークを見せてくれたように、ラグビーにおいては選手同士のコミュニケーションが欠かせません。

しっかりフィットし、しゃべりやすいマウスピースがいかに重要かよく分かりました。

 

練習後の大智くんに、マウスピースについて聞いてみました。

 

「自分の好きな緑色のマウスピースなのでうれしいです。かっこいいデザインがあるのもいい!

先生はいろいろ話を聞いてくれました。

マウスピースを着ければ、口のけがなどの不安も少なくなると思います。

友達の中には、練習でも試合でも、マウスピースが気になってしまってプレーに集中できない子がいる。

合わなくて着けたり外したり、よだれが垂れちゃうこともあるので、自分に合うマウスピースを着けるのが良いと思います。」

 

ご両親にもコメントをいただきました。

 

■ママからのコメント

マウスピースを作ってくれる歯医者さんを探していました。
マウスピースを着けること自体嫌がる子どもが多い中、好きな柄を選んだりしてモチベーションが上がり、着ける習慣ができればいいと思います。

 

■パパからのコメント

自分で選んで世界に一つだけのマウスピースを作ってもらって、やる気につながるといいね!

 

大智くん、すてきなマウスピースを着けてこれからも練習に励んでね!

今後の活躍が楽しみです。

 

トップへ戻る

マウスピースの種類と選び方

最後に、マウスピースの種類と選び方について、好岡先生にお聞きしました。

 

――既製品とオーダーメイドの具体的な違いを教えてください。

 

既製品は手軽に手に入れられるというメリットがあります。ただ、自分に合ったものがなかなか見つからずに、多少無理をして着けているケースもあるかもしれません。

オーダーメイドのマウスピースは、歯医者で歯型を取り、個々人に合わせて作成するものです。

 

――フィット感の高いマウスガードには、どんな効果が期待できますか?

 

マウスガードの一番の利点は、お口のけがの防止・軽減、脳震とうの予防ですので、安全なプレーが目指せるというのが第一。

かみ合わせもしっかりと適合するので、力の伝達がスムーズになり、左右のバランスも改善されると考えられています。

また、装着している安心感から積極的なプレーにつながったり、着けていることを忘れるくらいのフィット感によって集中力が増すといった効果もあります。

 

――使用期間はどれくらいですか? オーダーメイドで作る際に、気を付けるべきことはありますか?

 

個人差はあるのですが、壊れて適合しなくなるまで使用可能です。

子ども用の場合は、成長と共に顎の大きさや歯並びが変化するため、合わなくなってしまうまでの期間も短いのですが、歯の癖や変化を想定して、長く使えるようにある程度調整ができます。

その時の状態にしっかり合ったものを使う必要がありますので、気になることがあればお気軽にご相談ください。

 

好岡先生、ありがとうございました。

 

歯や身体へのダメージから選手を守るマウスピース。

競技生活をより輝かせるためにも、歯科医院であなただけのオーダーメイドマウスピースを作ってみてはいかがでしょうか。

 

< 種類・カラー・価格>

1.スタンダード 8,800円(全16種類・税別)
 単色のマウスピース。定番のカラーから光沢のあるネオンカラーまで。

2.カラーミックス 11,500円(全12種類・税別)
 バイカラー(2)や、トリコロールカラー(3)。ぐっとオシャレに♪

3.3Dカラー 12,500円(全6種類・税別)
 迷彩色やマーブルカラーが印象的な色とりどりのマウスピース。

⇒ 製品一覧はコチラ!

 

スポーツマウスピース専門店
なかよし歯科医院 GUARDIANS(ガーディアンズ)

受付/なかよし歯科医院 院内

※保険適用外

住所/千葉県柏市明原4-12-21
(「柏駅」西口徒歩8分)

電話番号/04-7145-3375

営業時間/8:45~12:30/14:00~19:00
※ 土曜 ~17:00

定休日/日・祝

 

トップへ戻る

関連するキーワード

この記事を書いた人

編集部 広田 瑞穂

編集部 広田 瑞穂

WEBプロデューサー/プランナー 埼玉県春日部市出身→千葉県八千代市在住。地域新聞社で広告の仕事をして12年。地域の魅力、お店の魅力を伝えます。好きなものは東南アジアとハイボール。勝田台駅周辺の酒場放浪記を書きたい。★Twitter★@chiikishinbun

編集部 広田 瑞穂の記事一覧へ

あなたにオススメ

チイコミ!プレゼントコーナー