【幕張イルミネーション2019】海浜幕張駅前広場・光と鏡のアートイリュージョン

11月1日( 金)、JR 海浜幕張駅前広場に首都圏エリア最大規模のミラーボールイルミネーションオブジェが点灯。

新たなる光は、87日間、幕張新都心をさらに輝かせる。

首都圏エリア最大級ミラーボール

北口は日中も美しいコクーン形のガラスフレームのオブジェ(写真はイメージ)

最先端技術で
新感覚のイルミネーション

幕張新都心は世界の人、モノ、情報が行き交い、日々約23万人の人々が活動する街だ。

そして、幕張メッセは2020年の東京オリンピック・パラリンピックの会場にもなっており、県内外で注目を集めている。

そんな「千葉の顔」ともいえる幕張新都心をさらに魅力的にしたいと、地域団体・県・市が協力し、11月1日からJR海浜幕張駅前広場でイルミネーションを開催。

ミラーボールイルミネーションを手掛けるアーティスト集団「MIR ROR BOWLER」とのコラボで、首都圏エリア最大規模のミラーボールイルミネーションオブジェが登場する。

南口・北口
表情が異なる幻想的な風景

イルミネーションのコンセプトは「ダイバーシティ」。

幕張新都心の持つ「多様性」を表現するという。

南口では万華鏡のようなオブジェが現れる。

このオブジェは通り抜けができる体感型。

中に入るとさまざまな角度からの光に包まれ、特に見上げた時のインパクトは圧巻だという。

首都圏エリア最大級のミラーボールイルミネーション

南口は万華鏡のような体感型(写真はイメージ)

 

北口には「夢」「未来」「創造」をイメージしたコクーン(繭)形のガラスフレームのオブジェ。

日中でも太陽の光でステンドグラスのようにきらめき、夜はLEDフルカラーのライトアップで見るたびに新しい美しさに出合える。

さらに、「MAKUHARI」の文字が七色に輝くオブジェも存在感たっぷり。

また、近隣の子どもたちが手掛けた作品がイルミネーションの装飾に取り入れられ、地域ぐるみのアットホームな一面もうかがえる。

3つのオブジェは、「映える」スポット間違いなし! 心躍る冬の新しいシンボルは、街を一層輝かせ、幕張新都心を訪れた人たちの思い出を彩る。(OT)

首都圏エリア最大級のミラーボールイルミネーション

(写真はイメージ)

 

幕張新都心イルミネーション2019/2020
~光と鏡のアートイリュージョン

点灯期間/11月1日(金)~2020年1月26日(日)

点灯時間/午後5時~午後11時
※12月31日(火)は翌午前3時まで点灯予定


〈点灯式〉

日時/11月1日(金)

場所/午後5時30分~午後6時30分(予定)
JR海浜幕張駅前広場(南口・北口)

問い合わせ/043(213)6911
幕張新都心イルミネーション
実行委員会事務局窓口
(株式会社ライフコミュニケーション内)
※平日午前10時~午後5時

関連するキーワード

この記事を書いた人

ちいき新聞レポーター

ちいき新聞レポーター

地域に密着してフリーペーパー「ちいき新聞」紙面の記事を取材・執筆しています。

ちいき新聞レポーターの記事一覧へ

あなたにオススメ

チイコミ!プレゼントコーナー