第31回佐倉チューリップフェスタ
2019年もオランダ体験豊富【3/30~4/25まで開催中】

※この記事は2019年3月27日に更新しました。

 

実はオランダとの関係が深い千葉県佐倉市。

印旛沼近くの佐倉ふるさと広場で毎年開催される大人気イベント「佐倉チューリップフェスタ」は日蘭修好380周年を記念して始まりました。

見渡す限りの青い空。大きな風車の前にはカラフルなパッチワークのようなチューリップ畑。

そんなオランダのイメージそのものの景色が広がる「佐倉ふるさと広場」で家族や友達とのんびりと足元の春を満喫しませんか?

 

※こちらの記事は「ちいき新聞」2019年3月22日号(佐倉西版、佐倉東・酒々井版ほか)に連載した記事(レポーター:明石鯛)を再編集してお届けします(ちいき新聞は千葉・埼玉・茨城の一部で発行しているフリーペーパーです)。

 

壮観!約72万本のチューリップ畑

チューリップの咲き方は多種多様。

シンプルな一重咲きの他、八重咲き、ギザギザとした花びらのフリンジ咲き、花びらに切れ込みの入っているパーロット咲きなど、数え上げればきりがありません。

会場では珍しい品種の「香る」「上から見る」「移り色」なども加わって、100種類ものチューリップが咲き競います。

 

写真提供:佐倉市観光協会

 

見て楽しむだけでなく、球根ごと掘り取って持ち帰ることもできますよ!(10本500円※4月1日~5日、8日~12日は15本500円!)。

 

オランダにちなんだ
楽しいイベント

最寄りの駅から会場までレンタサイクルを利用するのも楽しい!

JR佐倉駅前観光センターなど4カ所で貸し出しをしています。

さらに、期間中は会場限定で、丈夫で大きなオランダ自転車やタンデム自転車の貸し出しもあるので、チューリップを楽しんだ後、印旛沼湖畔のサイクリングロードを一走りしてみるのもオツですね。

 

陸に飽きたら、観光船で印旛沼を遊覧して優雅な気分に。

そして、近年は風車を背景にオランダ衣装に身を包んで記念撮影する来場者の姿も増加中!

 

佐倉チューリップフェスタではオランダ衣装の試着体験もできます。赤ちゃん用から大人用までとサイズも充実

咲き誇るチューリップと一緒に人気のオランダ衣装を身にまとって写真を撮ればインスタ映えも間違いなし!

(オランダ衣装貸し出しは45分1,000円)

 

選べる衣装は約60着。

ベビー用から子ども用、男性用もあるので、家族そろって、グループで、オランダ気分を満喫することができます。

 

特に女性用の衣装はリピーターも飽きさせない豊富なデザインで好評なんだそう。

「撮った写真は『春のふぉとこんてすと』にぜひご投稿を」と担当者。

 

参加方法は簡単。

佐倉市観光協会のインスタグラムアカウントをフォロー後、自身が撮影したチューリップフェスタの写真に「#春ふぉと佐倉」とタグを付けて投稿するだけ!

 

佐倉市観光協会のインスタグラム

 

この他にも、4月13日(土)、4月14日(日)には木靴体験やオランダの味販売、風車のパネル展示などを行う「風車まつり」、開催期間中の土日を中心に開催されるオランダ製の手回しオルガン「ストリートオルガン」(10時~、11時~、14時~、15時~ ※雨天中止)の演奏などお楽しみがめじろ押し!

佐倉ふるさと広場で2018年4月25日まで開催中のチューリップフェスタ

(ストリートオルガンの演奏の様子)写真提供:佐倉市観光協会

 

また、2018年にリニューアルした佐倉ふるさと広場の売店「左蘭花」は授乳室も完備。

期間限定で「ミッフィーサブレ」も販売しているのでこちらもチェック(売り切れ次第終了)を♪

 

例年10万人ほどが訪れるフェスタ。

会場内はぬかるんでいる場所もあるので、長靴など汚れてもいい靴での来場がおすすめです。

 

第31回佐倉チューリップフェスタ

日時/3月30日(土)~4月21日(日)

午前9時~午後4時(雨天決行)

場所/佐倉ふるさと広場(佐倉市臼井田2714)

※期間中、京成佐倉駅北口から送迎バスあり

※駐車場(約500台)普通車1,000円(1台)


○レンタサイクル

 1台 500円 電動自転車 1,000円

【貸出場所】

● 佐倉市観光協会(京成佐倉駅前)

● JR佐倉駅前観光情報センター

● 佐倉ふるさと広場

● 京成臼井駅南口 サンサンサイクル

○オランダ自転車、タンデム自転車

 ※会場限定 1,500円(2時間)

○観光船による印旛沼遊覧(乗合)

1,000円(大人)

 500円(子ども)

 ※3月30・31日、4月6~14・20・21日に運航予定

○オランダ衣装貸出

 ※平日特典あり 1,000円(45分)

○チューリップ掘り取り販売

 ※平日特典あり  500円(10本)


電話番号/043(486)6000 佐倉市観光協会

 

2018年開催の「第30回佐倉チューリップフェスタ」をレポート!

(※下記、2018年3月の情報です)

「佐倉チューリップフェスタ」の初日となる2018年4月4日、ちいき新聞webスタッフも現地を訪れてみました。

 平日でしたがカップルや家族連れでにぎわい、記念撮影やチューリップの掘り取りを楽しんでいる様子。
会場内にはオランダ衣装を身に付けた子どもたちもたくさんいましたよ~。みんな似合っていてとってもキュートでした!

 

せっかく来たので、「佐倉ふるさと広場」のシンボルであるオランダ風車「リーフデ」の操作体験に挑戦してみました。

教えてくれたのはこの道24年の大ベテラン・風車守(ふうしゃもり)の大谷さんです。

佐倉ふるさと広場の風車「リーフデ」の風車守を務める大谷さん

まずはお手本。

佐倉ふるさと広場の風車「リーフデ」を操作する風車守の大谷さん

こうやって操作台のハンドルを回すと鎖が巻きとられて風車の頭部(羽根の部分)を動すことができます。

風向きに会わせて風車の向きも変えることで、効率よく風を受けることができるそう。

「ここの風車は風の力だけで動きます。だから回っていないこともあるし、毎日同じ向きとは限らないんですよ」と話してくれました。

 

私もやってみることに。

佐倉ふるさと広場の風車「リーフデ」で風車守を体験

大谷さんは軽々と回しているようにみえましたが、これ結構力がいります。
下にグッと回すと操作台が少し左に、風車が右に移動していきます。
汗だくになって回しても移動するのは数センチ。
これを180℃回転させるのはなかなか骨が折れる作業です。

365日、風の動きをみて風車を動かす風車守さんのすごさが実感できました!

 

この時季だけの絶景を見に、ぜひお出掛けください♪

 

 

関連するキーワード

この記事を書いた人

ちいき新聞レポーター

ちいき新聞レポーター

地域に密着してフリーペーパー「ちいき新聞」紙面の記事を取材・執筆しています。

ちいき新聞レポーターの記事一覧へ

あわせて読みたい

あなたにオススメ

チイコミ!プレゼントコーナー