【ミニマリスト阪口ゆうこコラム】“持たない”暮らしで毎日笑顔vol26 ~ミニマリストの備蓄ポリシー~

「災害に強い家にする」これは永遠のテーマではなかろうか。

 

地域や家族形態や健康状態なんかで、気を付け方が違うもんだから、

これといって明確な形はない。

 

でも 、ベースはあると思うんだよね。

私はやはりそこは「食」だと思っています!

 

「ミニマリストだから備蓄してないんでしょ?」と思われますが、もちろんわが家も備蓄してます。

 

それはなぜか。

 

人ごとだと思うことをやめたから。

 

 

「自分は大丈夫」という意識を捨てて、危機感を持つことを選んだんです。

 

 

人は食べないと生きていけないし家族もいるから。

 

給湯器には非常時にも使える十分な量の水があり、

それを飲み水に変える浄水器もあり、

ガスコンロもある。

だから、わが家は

 

「お湯を使って食べましょう」

シリーズが基本です。

 

家族が大好きな、レトルトカレーやパスタや乾麺各種。

とはいえ、消費期限は守りたいし備蓄スペースも掃除したいし、

増えすぎも防ぎたいから、わが家は約3日分を備える→ 毎月消費→また備えるという、

 

いわゆるローリングストック法で備蓄しています。

 

ミニマリストだから、備蓄品を増やしすぎないように考えてこの方法に到着。

 

 

(▲中段が備蓄ゾーン。量も中身も一目瞭然)

 

家族が大好きなものをセレクトするのも大事なポイント。

 

 

いつそういう日が来ても、大好きな食べ物があれば

少しでも心が安定するんじゃないかと思っています。

関連するキーワード

この記事を書いた人

阪口ゆうこ

阪口ゆうこ

ミニマリスト・コラムニスト・整えアドバイザー・主婦(二児の母)。ゆるい暮らしを好むゆるいミニマリストとしてブログや雑誌などで活躍中。
【ブログ『HOME』】http://sakaguchiyuko.blog.jp/

阪口ゆうこの記事一覧へ

あわせて読みたい

あなたにオススメ

チイコミ!プレゼントコーナー