乳がんと保険【備えることでできること】

がん治療と切っても切り離せないのがお金の問題。

万が一の備えとして保険について考えてみましょう。

 

ライフナビゲーターの若松淳子さん

知っておきたい高額療養費制度

 

 

医療保険イメージ

 

一昔前は、がんといえば長期入院のイメージがありましたが、最近は短期入院(もしくは日帰り手術)後に通院で治療を行うケースも増えています。

各社から出ているがん保険も、「診断給付金」や「通院給付金」をメインにした商品が増え、中には「抗がん剤治療給付金」や「放射線治療給付金」などが組み込まれたプランも。

乳がんはもちろん、他のがんの手術にかかる金額は進行度合によって一概には言えませんが、退院後の放射線療法や化学療法を伴う場合は、さらに費用が上乗せになります。

加えて遠方の場合、病院への交通費なども考えておく必要があります。

ですが、健康保険の「高額療養費制度」が利用できるため、青天井に医療費がかかることはありません。

高額療養費制度とは、医療費の自己負担額が高額になった際、払い戻しが受けられるというもの。所得に応じて、1カ月の自己負担額に上限が設けられています。

保険選びは、「高額療養費制度」の負担限度額も鑑みて、補償内容を検討するのもポイントです。

 

がん保険の給付金は「診断」ありき

ただし、がん保険の給付金は、「がん」と診断されなければ基本的には下りません。術後の病理組織学的検査によって、初めて「がん」と診断されることもあるので注意が必要です。

また、2回目以降の支払い条件が「入院して治療」になっている保険もあります。

日進月歩の医学と同様に、保険も進化しています。加入済みの医療保険やがん保険は定期的に見直すようにしましょう。

 

がん・医療保険選びのポイント

● 高額療養費制度を視野に入れ、補償内容を考える

● 加入済みの保険は定期的に見直ししましょう

● がん保険だけでなく医療保険にも加入を!

 

関連するキーワード

この記事を書いた人

ちいき新聞web編集部

ちいき新聞web編集部

千葉在住の編集メンバーが、地域に密着して取材・執筆・編集しています。 明日が楽しくなる“千葉情報”をお届けします!!

ちいき新聞web編集部の記事一覧へ

あなたにオススメ

チイコミ!プレゼントコーナー