房総フラワーラインで春のドライブ
お花摘み、お魚ランチ、カフェも紹介!

※この記事は2018年3月27日に更新されました。

この冬、何回言っているか分かりませんが「毎日寒いですね…」

ですが2月ももうすぐ終わり、春はもうすぐそこ!

そこで房総半島の館山まで足を延ばし、一足早い春を探してきました。

「春」をおうちに持ち帰ろう! 館山ファミリーパークでお花摘み

首都圏から車で2時間ほど、館山市下町交差点から南房総市和田町までの46kmに渡る「房総フラワーライン」は、「日本の道100選」の一つ。

道路の両脇を季節の花が彩り、ドライバーの目を楽しませてくれることで有名です。

そんな房総フラワーラインでは、1月から春にかけて菜の花が見ごろを迎えます。

 

房総フラワーラインは1月から菜の花が見ごろを迎えます。両脇に咲く菜の花がドライバーの目を楽しませてくれます。

そして、周辺にはお花摘みスポットがたくさん!

今回は、ポピー摘みなどができる「館山ファミリーパーク」に出かけてきました。

 

館山ファミリーパークは一年を通じてさまざまな花が楽しめるスポット。

7500㎡の広大なポピー畑の他、パターゴルフのコースや足湯(土日祝のみ)もあります。

館山ファミリーパークに咲く無数のポピー。お花摘みが楽しめます。

オレンジ、黄色、白と色の洪水のようなポピー畑。

見ているだけで冬の寒さから解放されたような気持ちになります。

実は、2018年は台風の影響で例年よりも開花がゆっくりなんだそう。

写真の状態で五分咲き。満開時の3月ごろには約10万株、100万本の花が咲くとのことで、これからさらにキレイな光景が見られますよ!

館山ファミリーパークに咲く無数のポピー。お花摘みが楽しめます。

館山ファミリーパークのポピーは、長年にわたって独自に花の交配を行ったオリジナルの品種です。

スタッフの方いわく「紙細工のように薄く、愛らしい花」。

確かに風に揺れる華奢な花びらがとってもかわいらしい♪

 

筆者は見つけられなかったのですが、まれにピンクや黄緑色の花もあるそうなのでぜひ探してみてくださいね。

 

※2018年3月27日追記

館山ファミリーパークのスタッフの方がピンクのポピーの写真を送ってくださいました!
中央の少しベージュのような色味のポピーです。もっと濃いピンクのものもたまーに見つかるそうですよ♪

館山ファミリーパークのポピー摘み。ピンク色のポピーを見つけたらラッキー

 3~4月はポピーのほか、ストック、キンギョソウ、スターチス、キンセンカのお花摘みができます。

ちなみにポピー摘みはゴールデンウイークまで楽しめます。

 

そして摘んだポピーがこちら。(10本200円)

館山ファミリーパークに咲く無数のポピー。お花摘みが楽しめます。

!?

そうなんです。ポピーは咲いている花ではなく「つぼみ」を摘むのがコツ。

もう咲いている花はいつ咲いたのか分からないけれど、つぼみの状態ならこれから咲くのでより長くお花を楽しめるため、というわけです。

 

ただ、見た目がとっても個性的なつぼみ。そして栽培ベタな私。

ちゃんとキレイな花を咲かせられるだろうか…と思いましたが、翌日から可憐な花が1輪、また1輪と咲きましたのでご安心ください。

(文末に証拠(?)写真があります!)

 

館山ファミリーパーク

住所/千葉県館山市布沼1210

営業時間/Aシーズン 8時30分~17時 (7月第4月曜日~8/31・12月第3月曜日~5/6)

Bシーズン 9時~16時 (5/7~7月第4日曜日・9/1~12月第4日曜日)

※土日祝日は8時30分~17時

休館日/Bシーズン中の木曜日

※Aシーズンは無休(但し悪天候等を除く)

入園料/中学生以上550円 4歳以上350円、3歳以下無料、65歳以上500円

障がいのある方 中学生以上400円、4歳以上200円(※障がい者手帳を提示)

駐車場/あり(200台) 

アクセス/館山自動車道富浦インターより車で約25分

問い合わせ/0470-28-1110

 

そして、館山といえば忘れてはならないのが海。

房総フラワーラインは海岸線に沿って延びているので海もすぐそこです。

房総フラワーラインは海の近くという好ロケーション

こんなきれいな海を見ていたらお魚が食べたくなりました…。

鮮魚料理が自慢 「漁港食堂だいぼ」

 そこでランチに立ち寄ったのは、「漁港食堂だいぼ」。

網元直営の食堂で隣接した漁港で水揚げされたお魚料理が人気のお店です。

 

いただいたのは定置網丼(1580円・税別)。

房総フラワーラインに行ったら鮮魚料理をぜひ堪能! 網元直営の「だいぼ」で海の幸をいただきました。

オリジナルの刺身醤油で一通り味わったあとは、熱々のおだしをかけてまご茶漬けに。

1度で2度おいしい、お得感のある一品です。

 

もう一品はお刺身定食(1580円・税別)。

房総フラワーラインに行ったら鮮魚料理をぜひ堪能! 網元直営の「だいぼ」で海の幸をいただきました

すべての定食にはごはん、お味噌汁、漬物、惣菜(この日は肉じゃがとまぐろの角煮、きんぴら)、サラダをバイキング形式で楽しめる「伊戸のおかあちゃんのごはんセット」が付きます。

定置網丼もお刺身定食も、お魚の内容は日替わり。

この日はヒラマサやアジ、スズキ、ボラなどを堪能しました。 

子ども用の椅子の用意もあり。テラス席はペット連れでもOKです!

 

漁港食堂だいぼ

住所/千葉県館山市伊戸963-1

営業時間/平日 直売所:9時~17時

食事処:11時~16時

土日祝日 直売所:8時~17時

食事処:【朝食】8時~10時

【昼食】11時~16時

定休日/火曜日

駐車場/あり

アクセス/館山自動車道富浦インターより車で約15分

問い合わせ/0470-29-1221

店主のこだわりが詰まった ブロワ珈琲焙煎所

続いて訪れたのはコーヒー豆専門店の「ブロワ珈琲焙煎所」。

コーヒー好きが高じて約3年前にお店を始めた店主と、製菓担当のパートナーの素敵な2人が切り盛りしています。

房総フラワーラインへのドライブで立ち寄ったブロワ珈琲焙煎所。館山道路「富浦」ICを下車し、館山バイパス(127号)を白浜方面に進み「南総文化ホール前」交差点を右折、内房なぎさラインに出たら左折し海を右手に海岸線を直進します。館山海上自衛隊前で突き当たり(右手にセブンイレブン)の信号を左折、50mほど坂を上った信号を右折し、100mほど先にある最初の左手路地(右手に「みさき庵」そば屋)を左に入り、両側が岩の切り割り道路を300mほど道なりに直進すると景色がぱっと開けた先に二股交差点が現れます。その交差点の中州に焙煎所があります。

 

「古い物が好き」という店主の趣味が全開の店内はアンティークの道具や機械がセンスよく配置されており、なんともオシャレ!

店じゅうに漂うコーヒーの香りもあいまってとっても居心地のよい空間です。

房総フラワーラインへのドライブで立ち寄ったブロワ珈琲焙煎所。館山道路「富浦」ICを下車し、館山バイパス(127号)を白浜方面に進み「南総文化ホール前」交差点を右折、内房なぎさラインに出たら左折し海を右手に海岸線を直進します。館山海上自衛隊前で突き当たり(右手にセブンイレブン)の信号を左折、50mほど坂を上った信号を右折し、100mほど先にある最初の左手路地(右手に「みさき庵」そば屋)を左に入り、両側が岩の切り割り道路を300mほど道なりに直進すると景色がぱっと開けた先に二股交差点が現れます。その交差点の中州に焙煎所があります。

 

ブラジルをはじめ、インドネシア、東ティモール、エチオピアなど約15カ国からご主人が上質な生豆をセレクトし、店内で直火焙煎。

房総フラワーラインへのドライブで立ち寄ったブロワ珈琲焙煎所。館山道路「富浦」ICを下車し、館山バイパス(127号)を白浜方面に進み「南総文化ホール前」交差点を右折、内房なぎさラインに出たら左折し海を右手に海岸線を直進します。館山海上自衛隊前で突き当たり(右手にセブンイレブン)の信号を左折、50mほど坂を上った信号を右折し、100mほど先にある最初の左手路地(右手に「みさき庵」そば屋)を左に入り、両側が岩の切り割り道路を300mほど道なりに直進すると景色がぱっと開けた先に二股交差点が現れます。その交差点の中州に焙煎所があります。

こちらで使われている直火式焙煎機は店主自ら設計し、オーダーした自社開発品というからオドロキ!

店頭には常時10種類ほどのコーヒー豆が並ぶほか、房総レモンを使用したオリジナル商品「房総レモン珈琲」(100g750円・税込み)もあり、お土産にもピッタリです。

併設のコーヒースタンドでは、淹れたてのコーヒーや軽食が楽しめます。

ホットコーヒー、アイスコーヒー、水出しアイスコーヒーは店頭にある豆からお好きなものをチョイス可能。

なかでも水出しアイスコーヒーは1杯で豆を30gも使用し、豆本来のうまみが感じられるそう。今回は店主イチオシのインドネシア「ペルマタ・ガヨ」でオーダーしてみました。

 

房総フラワーラインへのドライブで立ち寄ったブロワ珈琲焙煎所。館山道路「富浦」ICを下車し、館山バイパス(127号)を白浜方面に進み「南総文化ホール前」交差点を右折、内房なぎさラインに出たら左折し海を右手に海岸線を直進します。館山海上自衛隊前で突き当たり(右手にセブンイレブン)の信号を左折、50mほど坂を上った信号を右折し、100mほど先にある最初の左手路地(右手に「みさき庵」そば屋)を左に入り、両側が岩の切り割り道路を300mほど道なりに直進すると景色がぱっと開けた先に二股交差点が現れます。その交差点の中州に焙煎所があります。

飲んでみると、とってもフルーティー!!
コーヒーの概念が覆るほどのおいしさです。

ホットは東ティモールの「レテフォホ」。
こちらも後味がよく個人的に好みの味でした♪ 

また、フードメニューではブラウニーなどの焼き菓子も好評で、それを目当てに来店するお客さんもいるとか。

豊かな自然の中にひっそりとたたずむ小さなコーヒー店でこだわりの一杯を味わう…。

ぜいたくなひと時をお楽しみください!

 

ブロワ珈琲焙煎所

住所/千葉県館山市宮城78-3

営業時間/11:00〜18:00

定休日/火・水曜日

駐車場/あり(約10台)

アクセス/館山自動車道富浦インターより車で約15分

問い合わせ/0470-22-5300

国登録有形文化財をリノベーション
TRAYCLE MARKET&COFFEE

続いて、大正11年築の国登録有形文化財をリノベーションし、2016年12月にオープンした「TRAYCLE MARKET&COFFEE」へやってきました。

真っ白な外観が印象的なお店です。

房総フラワーラインのドライブで立ち寄ったカフェ「TRAYCLE」はインスタで人気のお店。国登録有形文化財の建物をリノベーションして心地よいカフェに。

1Fのセレクトショップでは、洋服やバッグ、子ども服のほか、アクセサリーや日用雑貨、食品など、すべてフェアトレード品にこだわって販売。

房総フラワーラインのドライブで立ち寄ったカフェ「TRAYCLE」はインスタで人気のお店。国登録有形文化財の建物をリノベーションして心地よいカフェに。フェアトレード品の雑貨を扱うセレクトショップも併設

「フェアトレード」とは、開発途上国の商品を適正・公正な価格で取り引きすること。

フェアトレード品を選んで使うことは、開発途上国の労働者や生活環境の改善につながるといわれています。

カフェで出されるコーヒーもすべてフェアトレード品。

 

このお店でお買い物したり、お茶したり、ランチをすると「世界の誰かがハッピーになる」という素敵なコンセプトを掲げているんです♪

 

看板メニューの「おからマフィン」も、なるべくオーガニック素材やフェアトレード品、国産の食材を使っています。

内容は日替わりで6~7種類あり、どれもおいしそう!

迷いに迷って、「南房総産いちごのレアチーズ」と「オーガニック宇治抹茶&ホワイトチョコブラウニー」(各300円・税込)を選びました。

房総フラワーラインのドライブで立ち寄ったカフェ「TRAYCLE」はインスタで人気のお店。国登録有形文化財の建物をリノベーションして心地よいカフェに。オーガニックのおからマフィンは日替わりで6~7種。

カフェスペースはもともとは和室で、畳を剥がしてタイルを貼ったり、壁を塗り替えたりしてオーナー夫婦でセルフリノベーションしたそうです。

 

実はこの建物、奥様のおじいさまの所有物だったそう。

「小さい頃から身近にあったんですが、実はずっと使われていなくて…。

改装のために荷物を片付けてみたら海が見えて驚きました(笑)」と教えてくれました。

房総フラワーラインのドライブで立ち寄ったカフェ「TRAYCLE」はインスタで人気のお店。国登録有形文化財の建物をリノベーションして心地よいカフェに。

オーシャンビューの開放的な店内は、ついゆっくりしてしまいます。

 

TRAYCLE MARKET&COFFEE

住所/千葉県館山市館山95-70

営業時間/11時~18時

定休日/月・火曜日(祝日の場合はHPで要確認)

駐車場/あり

アクセス/館山自動車道富浦インターより車で15分

問い合わせ/0470-49-4688

 

レトロでカワイイ、ロシアケーキ
なかぱん

最後はお土産を買いに大正8年創業の「なかぱん」へ。

 

館山の地元民に長年にわたり愛されている老舗のパン屋さんです。

クリームパンやぶどうパンにファンが多いそうですが、今回はお土産ということでロシアケーキ(1個128円・税別)を購入。

房総フラワーラインのドライブのお土産は「なかぱん」のロシアケーキ

どこか懐かしく、素朴なビジュアルにノックアウト!

形違いやトッピング違いで6種類あり、「ハート」「コバン」「プラム」などネーミングもキュートです。

ザクザクとした独特の食感と香ばしいナッツ生地があとひくおいしさで、「食べるのがもったいない~」と思いつつ、あっという間にペロリ(笑)。

一緒に購入したクリームパン(128円・税別)もクリームたっぷりで食べ応えありました!

なかぱん(館山中村屋)

館山バイパス店 中ぱんカフェ

住所/千葉県館山市北条692-2

営業時間/8時~18時(季節により異なる)

定休日/不定休

交通/館山自動車道富浦インターより車で8分

電話/0470-23-1656

 

最後に…

つぼみだったポピーも2~3日で満開に。

わが家がパッと明るくなりました!

館山ファミリーパークで摘んだポピーの花が見事に咲きました

この記事を書いた人

ちいき新聞web編集S

ちいき新聞web編集S

千葉市生まれ、千葉市在住のアラフォー。編集プロダクションなどを経て「ちいき新聞」編集部へ。甘いものとパンと漫画が大好き。私生活では5歳違いの姉妹育児に奮闘中。

ちいき新聞web編集Sの記事一覧へ

あなたにオススメ

関連するジャンル・キーワード

チイコミ!プレゼントコーナー