【千葉の週末おでかけ情報】9月7日(土)、9月8日(日)

「今週末何をしよう?」…予定がまだ決まっていないという方、まだ間に合います!

「ちいき新聞」で紹介された千葉のおでかけスポット・イベント情報をご紹介♪

 

※ちいき新聞は、千葉を中心に埼玉と茨城の一部で発行するフリーペーパーです。

 


<目次>

・9月7日(土) 第52回千葉ブロック大会 佐倉大会(千葉県佐倉市)

・9月7日(土)、8日(日) レッドブル・エアレース千葉2019(千葉県千葉市美浜区)

・9月7日(土)、8日(日) 第2回へそ祭り(千葉県千葉市中央区)

未来につながる千葉!
城下町佐倉で未来を語ろう
第52回千葉ブロック大会 佐倉大会

県内各地域の青年会議所が持ち回りで行う千葉ブロック大会が今年は城下町佐倉で行われる。

ダンスあり、お城あり、未来を考えるトークセッションあり。

盛りだくさんの一日が夏を締めくくる。

 

全国レベルのダンス大会も開催

 

青年会議所は商工会議所の若者集団と思われがちだが、町づくり運動など幅広い地域活動を行う機関。

日本国内で700以上もある青年会議所を束ねる日本青年会議所は国際機関だ。

その千葉ブロック大会が今年は佐倉市で開催される。

2024年のパリオリンピックにブレイクダンスが追加種目に選ばれるなど、競技人口が急増しているダンス大会が世界レベルの審査陣を招き開催される他、さまざまなイベントが佐倉城址公園を中心に同時開催される。

イベントの中心地、城址公園では「みらいいち」と銘打って、ドローンやVR、3Dプリンターの体験の他、佐倉城を築城した土井利勝が作ったもう一つの城、古河城のバルーンが登場する。

実は佐倉城と古河城はとても似た城だったそう。

その古河城を模したバルーンが城址公園に出現。

中に入って飛んだり跳ねたりして遊ぶこともできる。

未来を担う子どもたちが純粋に楽しめる場となるだけでなく歴史好きにとっては城址に「城出!?」という夢のコラボが実現するのも面白そう(全て無料)。

 

スタンプラリーや抽選会で盛り上がる

 

佐倉を代表するB級グルメを作ろう!と、高校生が考案したメニューの無料試食とグランプリを決める投票も。

ご当地グルメの誕生に立ち会うことができるかもしれない。 

メインフォーラムは、国連で採択された持続可能な開発目標「SDGs」について学べるトークセッション。

人気お笑い芸人を招くなどして誰にでも解り易く、未来を考えるきっかけになりそうだ。

メインフォーラム終了後は、佐倉の夏の風物詩「すたんぷらりー」とのコラボ企画、スタンプを集めた人限定の抽選会が行われる。

旅行券や人気ゲーム機などの豪華景品も見逃せない。

当日のエントリーでも大丈夫。

佐倉の文化財を巡り、オリジナル妖怪スタンプシールを集めて抽選会に臨もう。

当日は国立歴史民俗博物館・くらしの植物苑の入場が無料となる。

この機会に家族で出掛けて佐倉を堪能してみては。 (巡)

 

日時/9月7日(土) 午前10時~午後5時

 

場所/佐倉城址公園(入場無料)

●みらいいち 午前10時~午後4時

●城出現!?お城バルーン 午前10時~午後4時

●SAKURA DANCE BATTLE 午前10時~午後4時

●高校生監修B級グルメグランプリ 午前11時~午後1時15分

●佐倉の名店大集合 午前10時~午後4時

 

場所/佐倉市市民体育館(参加費無料)

●経済人セミナー 午後1時~午後3時

●SDGsトークセッション 午後3時30分~午後5時

●山車が来場 午前10時~午後4時

 

問い合わせ/houeicoffee@gmail.com 宮田

 

トップへ戻る

今年で最後の
レッドブル・エアレース千葉2019

2005 年に世界大会が始まり、2015 年に初めて幕張の空を舞台にレースが展開されてから4年。

観客を大興奮の渦に巻き込んできたレッドブル・エアレースは今年の千葉大会を最後に幕を閉じる。

 

今年で最後の舞台、期待が高まる

 

毎年幕張の空に轟音を轟かせ、最高速度が時速350㎞にもなるものすごいスピードで飛び回る飛行機で観客の胸を熱くしてきたレッドブル・エアレース。

世界最高の飛行技術を持つパイロットたちが世界の頂点を目指して腕を競い合う、「空のF1」とも呼ばれる究極の3次元モータースポーツの世界大会だ。

2015年から幕張で毎年開催され、大迫力の飛行機レースに多くのファンたちが魅了され、この日を楽しみにしてきたが、残念ながら今年でレースは幕を閉じることになる。

すべての大会の最後のレースの舞台が幕張だというのだから、今年こそ絶対に目に焼き付けたい。

2016年の千葉大会で優勝、翌年も優勝しアジア人初の年間総合チャンピオンに輝き、日本人としてレッドブル・エアレースのヒーローとなった室屋義秀選手も、もちろんこのレースに参戦。

今季も2シーズンぶりに年間総合チャンピオンを目指すべく、2月のアブダビ大会でも優勝を飾っている。

フィナーレとなる母国の舞台で、どんな飛行を見せてくれるか期待が高まる。

 

お祭り気分で楽しもう!

 

レッドブル・エアレースといえば、フードコートやその他のお楽しみもたくさんあり家族でもお祭り気分で楽しめるところも魅力。

今年も世界トップクラスのエクストリームスポーツのアスリートがパフォーマンスするサイドアクトも盛りだくさん。

また普段は目にする機会のない飛行機やヘリなどが飛んでくる空のサイドアクトも大充実。

東京湾では初の海上自衛隊によるパフォーマンスなどまたとない機会に興奮が止まらないはず。

この世界大会が、最高のフィナーレとなるようみんなでこの夏も盛り上がろう!(いくら)

 

日時/予選9月7日(土)、決勝9月8日(日)

開場/午前10時 競技開始:午後1時 競技終了:午後6時(予定)

※天候などのコンディションにより変更の可能性あり

会場/千葉県立幕張海浜公園(千葉市美浜区)

チケット 8,000円(税込)~

【チケット問い合わせ】0570(02)9111 チケットぴあインフォメーション

(午前10時~午後6時、音声認識による受付は24時間対応)

【千葉大会の問い合わせ】0570(550)799 キョードー東京

(平日 午前11時~午後6時、土・日・祝 午前10時~午後6時)

 

トップへ戻る

地域最大級のダンスイベント
第2回 へそ祭り

9月7日(土)・8日(日)の2日間、千葉市中央公園がダンス一色に!

ステージ以外ではバスケ・サッカー・野球のゲームや宝探しなどもあり、子どもたちの「楽しい」がいっぱい集まったイベントだ。

 

ダンスで千葉を盛り上げる!

 

全120ナンバー約1500人がダンスを披露する、地域最大級のダンスイベントが千葉市中央公園で開催。

初日、オープニングは、ハピネスダンススクールのスクール生によるダンスショーケース。

続いて、県立木更津東高等学校ダンス部やダンス専門学校の生徒もステージに。

午後1時からは、国際大会で優勝し、数々のギネス世界記録を持つBMXアーティスト・池田貴広さんが登場。

世界最高峰の技が披露される。

2日目は、注目のダンスコンテスト。

小学生から高校生まで次々にステージに登場し、日頃の練習成果を思いっきり発揮。

ダンスチームの中には、今年7月にロサンゼルスで行われた世界大会に出場したメンバーもいるというレベルの高さ。

昨年は公園からあふれんばかりの観客が、ステージに熱い視線を送った。

コンテスト終了後は、八街市の千葉黎明高等学校書道部のパフォーマンスにハピネスダンスショー。

そして、千葉市内外8つのよさこいチームがフィナーレを飾る。

 

見るだけじゃない遊びもいっぱい!

 

公園内では、フリーマーケットや宝探しゲーム、ミニ鉄道ではドクターイエローに乗ることもできる。

他にもストラックアウトをはじめ、サッカーやバスケットのゲームもあり。

へそ祭りを主催するのは千葉県を中心にダンス教室を展開するハピネスダンススクール。

イベントを担当する岩淵さんは、「ダンスを頑張っている子どもたちに、多くの人が気軽に見に来られる場所で踊ってもらいたいと思ったのが開催のきっかけです。

ダンス以外にも参加できるゲームなどもあるので、子どもたちみんなが寝る前に『明日はへそ祭りだから楽しみだな』と思ってもらえるような場所をつくりたい」と話す。

また、イベント名の「へそ祭り」には、千葉市をへそ(中心)にして、地域の輪を広げていきたいとの思いを込めたそうだ。

見て、遊んで楽しむ2日間。会場は子どもたちのはじける笑顔でいっぱいになりそうだ。(OT)

 

日時/9月7日(土)・8日(日)

各日午前10時~午後5時

※荒天時、9月21日(土)、10月13日(日)に延期

場所/千葉市中央公園(千葉市中央区中央1‐12)

※駐車場なし

※入場無料、一部企画有料

問い合わせ/043(239)5900

ハピネスダンススクール事務局

関連するキーワード

この記事を書いた人

ちいき新聞レポーター

ちいき新聞レポーター

地域に密着してフリーペーパー「ちいき新聞」紙面の記事を取材・執筆しています。

ちいき新聞レポーターの記事一覧へ

あなたにオススメ

チイコミ!プレゼントコーナー