【ミニマリスト阪口ゆうこコラム】
“持たない”暮らしで毎日笑顔Vol5
~子どもの手作り作品 どう片付ける?~

子どもの手作り作品の片付け方。

こんにちは。阪口ゆうこです。今回のテーマは“子どもの手作り作品”です。

私の元には子ども関連の片付けの相談がたくさん来ます。「たまりにたまった子どもの物はどうすればいいのー!?」ってね。みんなケッコー同じ事で悩んでるのですよ。

例えば、学期末に持ち帰ってくる数々の作品。「OH!ゆううつ…」なんて思っていました。

とは言え、捨てるのはもったいないし、子どもたちに悪い気もして、わが家もクローゼットの手の届かない棚にまとめて置いていましたが、恐ろしいことに学期末ごとにたまっていくのです。それはそれは恐ろしい勢いで。

 

私は少し考えました。どれだけたくさんあってもしまいこんで鑑賞しないのであれば、それは宝の持ち腐れ。そこで、わが家は厳選に厳選を重ね、その時に持ち帰った作品のナンバーワン最高傑作を選び抜き、壁にバババーンと貼り付けることにしました。

そうやって一枚一枚しっかり作品を見て貼り出すと、やっぱり子どもたちは喜ぶんですよね。

ナンバーワンを選んだら後は合掌して手放します。

ここでのポイントは、手放すことがもったいないのではなくて、使わないものを置いているのがもったいないという考え方です。

あなたにとってもったいないとはどういうことですか?

それからは、わが家は作品が持ち帰られるのを楽しみにしていますよ! 

ギャラリーに新作が飾られる日なのでね♡

 

子どもの作品を飾るギャラリー。飾らないものは手放します。

厳選された2枚が鎮座するわが家のギャラリー

この記事を書いた人

阪口ゆうこ

阪口ゆうこ

ミニマリスト・コラムニスト・整えアドバイザー・主婦(二児の母)。ゆるい暮らしを好むゆるいミニマリストとしてブログや雑誌などで活躍中。
【ブログ『HOME』】http://sakaguchiyuko.blog.jp/

阪口ゆうこの記事一覧へ

あなたにオススメ

関連するジャンル・キーワード

チイコミ!プレゼントコーナー