【おもてなし】いつもと違うバレンタイン♡
お菓子のオシャレな盛り付け方☆

こんにちは!

食空間コーディネーターのEmiriです。

もうすぐ、バレンタイン♡

心を込めた手作りのお菓子はもちろん、購入したお菓子だってこだわりを持って選んだ物。

せっかくですから、いつもよりオシャレに美味しそうに見せたいですよね♪

そこで今回は、いつものお菓子がワンランクアップする「盛り付け方」をご紹介しますので、ぜひバレンタインに試してみてください! 

我が家では毎年、息子達からのリクエストで「クッキーココアボール」を作ります♪(写真)
簡単なので小学生の息子も一緒に作り、盛り付け方を工夫して楽しんでいます☆

昨年は、100均のチョコカップの大きさに合わせて丸く成形し、1個ずつカップに入れて、高級チョコレートの様におめかししました♡

テーブルコーデは、赤色のチェック柄のクロスでかわいらしく♪

バレンタインカラーの赤も、チェック柄にすると子どもが主役のパーティーにも合うカジュアルな印象になりますよ。

迷ったら「I盛り」!

今年のバレンタインはオシャレにキメてパパや子どもたちをあっと言わせたい!

でも、盛り付け方にも色々な決まりごとがあり、ランダムにセンス良く盛り付けるにはコツが必要です。

 

「どうしたらいいのかわからない!(>_<)」というママにおすすめなのは、1枚目の写真のような「I盛り」です。

※「I盛り」は、レッスン等で生徒さんに説明する際にわかりやすいように、私Emiriが創った造語です。

 

アルファベットのIを描くように、一列に規則的に綺麗に整列させてみましょう!

 

一列にきちんと並べるだけで、グンとオシャレに見えます♪

 

規則的に何列か作ってもOK!

 

この「I盛り」は、トリュフチョコレートやボンボン・ショコラのような大きさがそろっていて、一個一個が独立しているお菓子に適した盛り付け方です。

盛り付け方に悩んだら、まず、「I盛り」にしてみましょう♪ 

 

盛り付けるお皿も作っちゃおう!

そもそもお菓子を素敵に盛り付けるお皿がない! そんな時は、世界に一つしかないオリジナルの紙皿を作ってみましょう♪

作り方は簡単!

バレンタインカラーの画用紙を好みの大きさにカットして、その上に100均等で購入できるレースペーパーを重ねれば出来上がり♡

 

お菓子の大きさに合わせてお皿を作れば、どんなサイズのお菓子も対応可能。

1個しかお菓子がなくて、そのままお皿に載せたらちょっと寂しくなってしまう場合でも、簡単にオシャレに盛り付けることが出来ます。

割れたりしませんし、使い捨てで後片付けも楽なので子どもが大勢参加するパーティーにはぴったり♡ 

お皿も子どもたちに作ってもらって、盛り付けも子どもたちの好きなようにやらせてあげれば、パーティーを盛り上げるレクリエーションにもなり、子どもたちの感性も磨かれます♪

※お菓子が直接触れるレースペーパーは、衛生上、食品用として売られているものがおすすめです。

 

食空間全体をコーディネートして楽しいバレンタインデーを♡

私が住んでいたアメリカでは、この時期になると街のあちこちで、ハートやキューピッド型の雑貨やディスプレイを目にするようになります。

我が家でも、バレンタインの時期には、ハートや、キューピッドが宙を舞います(*^▽^*)

 

天井からモチーフの形に切り抜いたクラフト紙を糸でぶら下げているだけですが、それだけで気分が盛り上がります。

おもてなしは食卓だけでなく、インテリアなど空間全体に手を掛けると、センス良く見えます♪

思いを込めて用意したお菓子をただあげるのではなく、素敵に盛り付けることで、見た目にも美味しくオシャレな食卓に。

ぜひ、食空間全体をコーディネートして、バレンタインデーを楽しんでください♪

 

このコラムが、ママ達のご参考に少しでもなれば、幸いです♡

 

★インスタグラム(@emiri_estyle)始めました!

この記事を書いた人

Emiri

Emiri

千葉市在住。食空間コーディネーター。カルチャースクール・企業ショールーム講師。食空間スタイリング・撮影・レシピ開発・執筆などで雑誌、TVにて活躍。アメリカ在住経験等から培ったライフスタイル提案が得意。2児の母。
http://tegonepan.exblog.jp
【インスタグラム】https//www.instagram.com/emiri_estyle

Emiriの記事一覧へ

あなたにオススメの記事

関連するジャンル・キーワード

チイコミ!プレゼントコーナー