2018年もスポーツから目が離せない!
要チェックのスポーツイベントまとめ

オリンピックの金メダルと銀メダルと銅メダル

2018年が始まりました! 2018年のスポーツ界は、ビッグイベント続き。

日本代表はもちろん、千葉県・埼玉県・茨城県はじめ地元出身のヒーロー・ヒロインなどにも注目し、アスリートたちの熱い戦いを楽しみたいですね

そこで、「見逃してしまった!」と悔やむことのないよう、2018年要チェックの主なスポーツイベントをご紹介します。

 

大きな国際大会の開催がめじろ押し!

2018年2月9日、いよいよ平昌冬季五輪が開幕します(2月25日まで)。

日本と時差がなく、寝不足に悩まされずテレビ観戦できるのはうれしいですね。

続いて3月9日から3月18日までパラリンピックが開催されます。

前回のソチでは、アルペンスキーなどで金3・銀1・銅2個の6個のメダルを獲得した日本代表。平昌ではこれを上回る成績を挙げることができるのか、注目です。

6月14日からはFIFAサッカーワールドカップロシア大会が始まります(7月15日まで)。

英国のブックメーカーのオッズから予想される優勝候補はドイツ、フランス、ブラジルなどですが、日本代表の躍進で世界を驚かせたいところ。

8月18日からジャカルタで開かれるアジア競技大会は、東京五輪の行方を占う重要な大会です(9月2日まで)。2020年に活躍しそうな新星を探してみては。

2018年スポーツカレンダー(国際大会日程)

2月9日~25日 平昌冬季五輪

3月9日~18日 パラリンピック

6月14日~7月15日 FIFAサッカーワールドカップロシア大会

8月18日~9月2日 アジア競技大会(@ジャカルタ)

 

戌年の甲子園でドラマが生まれる予感?

甲子園では、選手の故障防止の目的で、春の選抜からタイブレーク制の導入が決定。

延長12回で決着がつかなければ、13 回はいきなりランナーのいる得点しやすい状況でスタートします(詳細は間もなく決定の見込み)。

また、夏の全国高校野球選手権が100回目を迎える今年は、史上最多の56校で行われることに。

例年2校が代表となる北海道と東京都に加え、地方大会の参加校数が多く、準々決勝の前に5回戦を行っている埼玉県、千葉県、神奈川県、愛知県、大阪府、兵庫県、福岡県でも代表が2校選ばれます。

例年以上に県代表の活躍に期待が膨らみますね。

前回の戌年、2006年の甲子園大会では田中将大と斎藤佑樹が熱闘を繰り広げました。

あれからもう12年。今年はどんなドラマが生まれるのでしょうか。

2018年の各スポーツ界、楽しみにして注目していきましょう!

※記事内容は2017年12月20日時点の情報に基づくものです。

 

合わせて読みたいオススメ記事↓

【12星座占い】2018年の運勢を占う★ 躍動するのはどの星座?

冬季五輪でメダルが期待されるフィギュアスケートの羽生結弦選手と宇野昌磨選手は共にいて座

スキージャンプの高梨沙羅選手はてんびん座。それぞれの運勢は?

ワールドカップ、ハリルホジッチ監督や一部の主力選手など、日本代表で目立つおうし座の運勢はコチラから

 

 

 

関連するキーワード

この記事を書いた人

ちいき新聞web 管理人M

ちいき新聞web 管理人M

春日部市出身、八千代市在住。お酒(ハイボール)と旅好き。勝田台駅周辺の飲み屋のことならおまかせ。

ちいき新聞web 管理人Mの記事一覧へ

あなたにオススメ

チイコミ!プレゼントコーナー