【千葉・埼玉の週末おでかけ情報】5月11日(土)、5月12日(日)、5月18日(土)、5月19日(日)

「今週末何をしよう?」…明日の予定がまだ決まっていないという方、まだ間に合います!

「ちいき新聞」で紹介された千葉、埼玉、東京のおでかけスポット・イベント情報をご紹介♪

※ちいき新聞は、千葉を中心に埼玉と茨城の一部で発行するフリーペーパーです。

 


<目次>

・5月11日(土)~6月9日(日) 第19回我孫子アートな散歩市(我孫子市)

・5月11日(土)、5月12日(日) 2019南流山センター&南流山福祉会館フェスタ「好きだよ! 祭り!」(流山市)

・5月12日(日) Acha Acha(あちゃあちゃ)vol.5(越谷市)

・5月18日(土) ベビーカーライブ(船橋市)

・5月19日(日) 猫雑貨マーケット なりたまwithぶぅ(成田市)

第19回我孫子アートな散歩市

我孫子市の財産である史跡と手賀沼の豊かな自然がアートとコラボレーション。

地域の作家たちが作る芸術イベントが約1カ月間、市内各所で開催される。

この機会にアートに触れ、安らぎと癒やしの特別な時間を過ごしてみては。

 

(手作りならではの、温かみのある作品)

 

我孫子の景観を生かしたアート

 

我孫子市を代表する史跡や手賀沼公園、ちばぎん街角ギャラリー(千葉銀行我孫子支店内)など、市内数カ所が会場となる「我孫子アートな散歩市」。

イベントごとに日時や時間帯が違うので、まずは我孫子インフォメーションセンター・アビシルベに行くのがお勧め。

イベント期間中は作家の紹介パネルがあり、イベントの詳細が分かるマップ付きチラシがもらえる。

また、志賀直哉邸跡書斎は土・日・祝日のみ公開。

旧村川別荘は工芸、水墨画など週替わりで作家が変わり、杉村楚人冠邸園は月曜休館など史跡の会場は注意が必要なので事前に確認を。

どの会場も、レトロな建造物や美しい風景を生かしつつ作家の個性が光る、美術館とはひと味違った趣。

自由気ままにお散歩気分でめぐりながらも非日常的な時間に浸れそう。

 

音楽イベントに作品が購入できる日も

 

作家の作品が購入できる「市」も開催。

アビイクオーレ(イトーヨーカドー我孫子店・1階エントランス)では5月14日(火)〜19日(日)の午前10時〜午後5時に(最終日は午後4時まで)。

17日(金)〜19日(日)は作家が変わるので新たな作品との出合いが楽しめる。

またアビスタ前広場では、5月25 日( 土)、26日(日)の午前10時〜午後3時30分(荒天中止)。

けやきプラザ第1・第2ギャラリーは5月21日(火)〜26日(日)、午前11時〜午後6時(最終日は午後5時)。

アビシルベでは5月18日(土)と19日(日)、午前10時〜午後5時に開催されるので、お気に入りの作品、作家を探しに会場をめぐってみるのもいい。

さらに「市」の会場では、音楽でアートを表現するイベント「音楽散歩」が行われる日があるのでこちらも注目だ。

ポップスからジャズにクラシック、ジャンルを超えて奏でられる優雅な音に酔いしれたい。

見知った風景に溶け込むアートに、新鮮な驚きと我孫子の良さを再発見できるこの我孫子アートな散歩市に足を運び楽しんでみては。 (クロエ)

 

日時/5月11日(土)~6月9日(日)

5月11日~25日(土)午前9時~午後6時(初日午後1時~)。
5月17日(金)のみ他イベント。
5月25日以降はチラシマップの配布のみ

場所/杉村楚人冠邸園などの史跡、手賀沼公園、市内各所にて開催

料金/入場無料 ※詳細はアビシルベ(我孫子市本町2-1-10)での散歩市インフォメーションで確認を(作家紹介のパネル、小作品の展示あり)。

問い合わせ/090(4206)6242

我孫子アートな散歩市企画委員会事務局 関谷

 

トップへ戻る

2019南流山センター&
南流山福祉会館フェスタ
「好きだよ! 祭り!」

5月11日(土)・12日(日)の2日間、南流山センターと南流山福祉会館を会場に、フェスタが開催される。

「聴く・見る・食べる・体験する」楽しいイベントが盛りだくさん。

 

(左上・バルーンアート、右上・沖縄三線の演奏、左下・屋台、右下・書道展)

 

今年のテーマは「好きだよ! 祭り!」

 

このフェスタは、地域住民との交流や同センター、同福祉会館を利用している団体の成果発表の場として毎年開催されている。

今年は「好きだよ! 祭り!」をテーマに、さまざまな世代が楽しめるイベントを用意している。

「聴く」「見る」「食べる」「体験する」の四つのコーナーを設けて趣向を凝らした催しが開かれる。

「聴く」コーナーのオープニングに南流山中学校吹奏楽の演奏や流山市在住のピアニスト菊地南里さんのピアノ演奏、また地域住民によるカラオケ大会などが行われる。

「見る」コーナーは、保育園園児による発表会や書道展、木彫り展などの他、日本舞踊、沖縄音楽と琉球舞踊、フラダンスの発表などが楽しめる。

 

屋台村でおいしいグルメを味わえる

 

おなかがすいたら「食べる」コーナーへ。

屋台村には近隣自治会などの協力の下、ちゃんこ料理、焼きとり、焼きそば、新鮮な野菜市などたくさんの屋台が出店予定。

「体験する」コーナーは、ペーパークラフト、バルーンアート、簡単にできる腹話術人形作り体験、東京パラリンピック種目のボッチャや新体操、スポーツ吹き矢、書道体験など。

また、子どもたちに人気のプラレールや新幹線などの乗車体験に、おもちゃの病院も開院する。

「わずか2日間の開催ですが、地域の皆さんに楽しんでいただき、明日への活力になっていただければ幸いです」とフェスタ担当者は話す。 (あやめ)

 

日時/5月11日(土)・12日(日)

午前10時~午後4時(12日は午後3時まで)

場所/南流山センターおよび南流山福祉会館(流山市南流山3-3-1)

料金/入場無料

問い合わせ/04(7159)4511 南流山センター

 

トップへ戻る

ママたちが集めた「しあわせのたね」
Acha Acha(あちゃあちゃ)vol.5

 

チラシ提示でツインシティで特典割引も

 

サスティナブル(持続可能)な未来を子どもたちに残すため、オーガニック、地域での子育てをテーマに、ママたちが集めた「しあわせのたね」のマルシェが、今年も母の日に開催される。

地域の農家やカフェ、レストラン、ベーカリー、製菓店、グリーンショップ、整体など62店が出展・販売。

ワークショップ、子ども向けアトラクション、ステージ、オープンダイニングなども楽しめる。

今年は、屋内会場となる越谷ツインシティテナント会との特別コラボ企画も。

対象となるテナントでAchaAcha のチラシを提示すると、特典や割引のサービスが受けられる(マルシェ当日まで有効)。

チラシは市内の公共施設に設置の他、当日会場でも配られる。 (信太)

 

 

日時/5月12日(日) 午前10時30分~午後3時30分

   ※雨天決行・荒天中止

場所/越谷駅東口ロータリー&越谷ツインシティA2階

問い合わせ/090(8517)6470(平日午前9時~午後4時)

Acha Acha  Vol.5

 

トップへ戻る

おとなもこどもも踊って楽しもう
ベビーカーライブ

赤ちゃんがハイハイできるきららホール

 

緑がまぶしくなりお出掛けしたくなる季節。

今年もきららホールでベビーカーライブが行われる。

子育てを機にホールから足が遠のいてしまったママたちに気軽に参加できる機会を、と始まったきららホールでのベビーカーライブ。

ホールが平土間になり、ベビーカーのまま鑑賞できるスペースを作ることのできる、きららホールの特徴が生かされる。

「これまでも落語やクラシック、マジックなどを子ども向けにアレンジしたライブは好評で、ピアノの下を赤ちゃんがハイハイしている雰囲気も、かしこまらずに音楽を楽しめて、来場者にも喜んでいただいています」と担当の安原さん。

終了後のアンケートでも「子どもが楽しんでいるのがうれしい」という声が最も多いが、ママたち自身も笑顔になってほしいとの願いが込められている。

 

親子でワクワクのライブ体験

 

今年の出演者はあそびダンス作家の福田りゅうぞうさんと、シンガーソングライターとして保育雑誌などで

も活躍中の小沢かづとさん。

二人とも元保育士だ。

りゅうぞうさんは一昨年の同ホールで開催されたケロポンズさんのコンサートにも出演、インターネッ

ト上でアキレスケンタウルス体操が人気。「こどもの時にママとライブへ行った経験は、大人になってから劇場に足を運び文化に触れる機会につながるはず」と安原さん。

「おとなもこどもも!みんなで踊ってハッピッピー♪」と題して行われるベビーカーライブ。

こどもと一緒にレッツ・コンサート!(森川)

 

日時/5月18日(土)

(1)午前11時~ (2)午後2時~

場所/きららホール(船橋市本町1-3-1 フェイスビル6階)

料金/一般1,500円 0歳~中学生500円

定員/各回250人 全席自由

問い合わせ/047(423)7261 きららホール

 

トップへ戻る

猫雑貨マーケット なりたまwithぶぅ

猫雑貨のマーケットが成田で開催される。

今年で3年目となり、ますますパワーアップ。

子どもから大人まで楽しめるイベントも用意されている。

 

(昨年の様子)

 

木工、布物、スイーツなど猫雑貨が大集合

 

成田国際文化会館で開催される「なりたま」は、多彩な品ぞろえが特徴。

カントリー風の木工や布雑貨から、陶芸品、パン、スイーツ、ネイル、猫のカードを使った占いまでそろっている。

ホール内には50ものブースがひしめき合い、猫好きにはたまらない空間だ。

主催の茂野眞美子さんの遊び心によって生み出される、クイズやスタンプラリー、猫みくじなどのイベントは毎年趣向を変え、来場者を飽きさせない。

イベント名にもある「with ぶぅ」も茂野さんの遊び心から。

今年の干支イノシシにちなんで、今年はブタグッズも並ぶという。

 

猫愛あふれチャリティーも

 

茂野さんは、成田市在住の絵画教室の講師にしてカントリークラフト作家。

「なりたま」の他、カントリーマーケットの主催も手掛ける。

大の猫好きという茂野さんに「なりたま」開催のきっかけを尋ねると、「もともと猫に関するイベントはやりたいと思っていたのですが、猫ブーム到来でやるしかない、と」。

「カントリークラフトは以前から作っていたのですが、猫モチーフって意外と少ないんですよ」とも。

自身の猫好きと、持ち前の行動力から始まったイベントなのだ。

一般に開催される雑貨マーケットに比べ、「なりたま」はカップルや家族連れの比率が高く、男性の猫好きさんも入りやすいという。

あふれる猫愛から、チャリティー販売も実施。

売上金の一部と会場で寄せられた募金は、猫のための用途限定で千葉県動物保護管理協会に寄付される。

「ニーズに対応して変化しながら、お楽しみを増やしていきたい」と茂野さん。

初めての人はもちろん、リピーターにも毎回楽しんでもらえるイベントだ。 (倫)

 

 

日時/5月19日(日)午前10時30分~午後3時30分

場所/成田国際文化会館 1階小ホール(成田市土屋303)

問い合わせ/090(2629)2912 なりたま事務局

なりたまwithぶぅ

 

トップへ戻る

関連するキーワード

この記事を書いた人

ちいき新聞レポーター

ちいき新聞レポーター

地域に密着してフリーペーパー「ちいき新聞」紙面の記事を取材・執筆しています。

ちいき新聞レポーターの記事一覧へ

あなたにオススメ

チイコミ!プレゼントコーナー