コッペパン ブームにのって
コッペパンのおいしいお店 千葉で見つけた!

コッペパンを駅のホームで食べる男性。

どことなく寂しげなこの男性。

昇進に失敗して駅のベンチで1人寂しくコッペパン…。

風にみえますが、、、

 

よくみてみると

口のまわりにクリームつけて、

めっちゃおいしそうに食べてます!

日本列島パン食い協奏のコッペパンをほおばる男性。
コッペパンのクリームを頬につける男性。

薄目にして、写真みてください。

松潤にみえなくもない。

 

あ、それ以上言わないでください。

わかってます!

 

 

というわけで、

大の大人が口の周りにクリームをつけてまで食べたくなる

コッペパンのおいしいお店、千葉県松戸市(新京成線みのり台駅 徒歩5分)で見つけました。

 

日本列島パン食い協奏の外観。

「日本列島 パン食い協奏」というネーミングのこのお店

2017年11月29日にプレオープンしたばかり。

 

コンセプトは、日本列島を松戸で旅するコッペパン専門店

 

コッペパン、近頃ちょっと話題ですよね。

たくさんあるコッペパン専門店の中でも、こちらの特徴は、コッペパンの中身です。

 

地元のものは地元で食べられるけど、

ご当地のものはそこに行かないと食べられない。

そこに目をつけた、店長の上野さん。

松戸にいながら地域のおいしいものを食べてもらおうと思いついたそうです。

日本列島パン食い協奏の店内。

旅気分が味わえる
26種のラインナップ

(※メニューは定期的に変更予定)

北海道
鶏ザンギ(¥390)、北海道つぶあん(¥170)、北海道つぶあんマーガリン(¥190)、ようかんホイップ(¥240)

秋田
目玉焼きそば(¥370)

仙台
ずんだホイップ(¥220)

栃木
栃木レモンミルク(¥240)

千葉
千葉野菜ポテト(¥300)、千葉野菜たまご(¥300)、千葉ピー(¥210)

東京
レーズンサンドウィッチ(¥260)

岐阜
飛騨牛コロッケ(¥420)

愛知
名古屋あんかけスパ(¥370)、やわらか味噌カツ(¥410)

三重
津ギョウザ(¥390)

大阪
たこ焼き(¥360)

島根
島根の赤てん(¥390)

長崎
南蛮カステリアン(¥260)

大分
蘭王卵のたまごサラダ(¥260)

鹿児島
しろくま風フルーツホイップ(¥260)

沖縄
コンビーフポテト(¥320)、雪塩ミルククリーム(¥220)

 

メニューをみているだけで楽しくなります♪

まずは、

名古屋あんかけスパを注文。

オススメ、名古屋代表あんかけスパ。

続いて飛騨牛コロッケ

岐阜代表は飛騨牛コロッケ。

からの、たこ焼き

大阪代表はたこ焼き。

おかずパンが続いたので…

 

 

おやつこっぺも

 

一番人気という しろくま風フルーツホイップ

鹿児島代表しろくま風フルーツホイップ。

 

コッペパンとあんことマーガリンははずせない!

北海道つぶあんマーガリン

北海道代表は、北海道つぶあんマーガリン。

 

って、どんどん注文したくなります。

選ぶのがとにかく楽しいです。

全種類いきたくなりましたが、食べきれないのでここでストップ。

 

―――こんなにたくさんのメニュー、どうやって決めたんですか?

 

上野さん

「ネットで“B級グルメ”って検索して決めました」

 

―――意外と普通な決め方なんですね(笑)

毎月新しいメニューをだしていくというのもいいですね。

 

あ、そこいった?みたいな楽しみ方ができそうです。

 

まさか、コンペイトウいれるとはね~とか、

べったら漬け絶対合わないでしょ!とか、

いろいろ広がりそうですね!

 

 

ちいき新聞の松潤は、

 「ぎっしりと詰まった中身もおいしいんだけど、

コッペパンがしっとり、ずっしり、ふわふわでおいしい!」

とのこと。

 

その言葉通り、

「毎朝、店内でコッペパン焼いています」と上野さん。

元々、柏でパン屋さんを経営しているので、パン屋さんのノウハウを生かして、こだわりのコッペパンを手づくりしているんだとか。

 

一つでおなかいっぱいになるのもいいです。

お店のスタッフの方たちが、車掌や、新幹線の車内販売員をイメージしたユニホームで出迎えてくれます。

外観も店内も駅のホームのイメージ。小さいお子さんも楽しめそう!

ママもきっとわくわくできますよ。

 

日本列島パン食い協奏のスタッフの衣装は、車掌さんと新幹線の社内販売員をイメージ。

 

日本列島 パン食い協奏

 

住所/千葉県松戸市稔台7-14-1 ハイライフ稔台104

営業時間/10:00~19:00  ※パンがなくなり次第終了となります

定休日/木

問い合わせ/047(364)9505

 

 

この記事を書いた人

ちいき新聞web編集T

ちいき新聞web編集T

習志野市在住。生まれも育ちも千葉県です。お出かけ大好き!3児(女・男・男)の子育てに追われながら「ちいき新聞」編集部で日々楽しいことを探しています。

ちいき新聞web編集Tの記事一覧へ

あわせて読みたい

あなたにオススメ

関連するジャンル・キーワード

チイコミ!プレゼントコーナー