【下総中山】ラーメン激戦区の中山ラーメン店3選!

大人も子どもも、みんな大好きなラーメン!
最近はよくラーメン店を見かけますよね。
「ラーメン店がいっぱいありすぎてどこに行けばいいのか分からない」という方のために、今回は千葉県のラーメン激戦区で知られる中山にあるラーメン店三つを厳選して取材しました。

ご紹介するラーメン店は、全てJR総武線「下総中山駅」から徒歩3分以内でアクセスできます。おなか次第では1日に一気に3店舗巡ることもできるかも?!

 


<目次>

・駅チカNo.1!王道ラーメンなら「せい家」

・鶏だしが濃厚!本格ラーメン店「鶏そば朱雀」

・リピート確定!こだわりの味「担々麺くらもと」

・あなたにとってラーメンとは?

 

駅チカNo.1!王道ラーメンなら「せい家」

まずはじめにご紹介するのは、下総中山駅北口から徒歩1分の「せい家」です!
駅の改札を抜けて右を向くと見えます。これは絶対に道に迷いません!アクセス抜群ですね。
お客さんの層はさまざま。仕事帰りのお疲れサラリーマンもいれば、若いカップルのお客さんもちらほら見かけます。

下総中山ラーメン屋「せい家」内装

カウンター席とテーブル席があるので、1人でふらっと立ち寄ることも、家族や友達とワイワイしながら食べることもできます。カウンター席だと目の前で店長がラーメンを作る姿が見られるので、待ち時間も楽しいですよ。(イケメンの長身でした!)

下総中山ラーメン屋「せい家」店員さん

せい家の魅力は駅チカという立地だけではありません。
特筆すべきはその価格!一番シンプルなラーメンは500円(税抜き)で食べられちゃいます。

私がいただいたのは、こちらのネギらーめん。

下総中山ラーメン屋「せい家」ネギラーメン

たっぷりのネギがトッピングされています。シャキシャキのネギが麺と絡まって、ずずっと一気に平らげてしまいました。

お店の方におすすめのラーメンを伺うと、「ネギチャーシューメン」と「味付け玉子らーめん」でした。

わかりますわかります、私が食べたネギらーめんがあんなに美味しかったんだもの、そこにチャーシューがどーんとたっぷり合流したら更に幸せな一杯になるんだろうな〜。

味付け玉子らーめんは特別に写真を撮らせていただきました。

下総中山ラーメン屋「せい家」玉子ラーメン

 

うんうん、これはとっても美味しそう!味付けたまごですね、これまた王道らーめんにノミネート。ラーメンと玉子って絶対に外さない組み合わせですからね!

せい家のラーメンは飽きの来ない味といいますか、毎日食べられる味なんです。
これってすごく重要。昨今のラーメン屋さんは濃厚なラーメンばかりで(それはそれで美味しい)、いい意味で普通の王道ラーメン店が少なくなってきている気がします。

だからこそ、せい家のラーメンのようにさっと立ち寄れてずずっと一気に食べられる普通のラーメンはすごく安心すると思います。

 

<店舗情報>

店名/せい家 下総中山店

住所/千葉県船橋市本中山2-18-8
アクセス/JR総武線「下総中山駅」北口から徒歩1分
営業時間/11:00〜26:30
定休日/なし
電話番号/047-318-3353

 

 

 

トップへ戻る

 

鶏だしが濃厚!本格ラーメン店「鶏そば朱雀」

続いてご紹介するのは、鶏そば専門店の「鶏そば朱雀」です。これまたせい家に引き続きアクセスが抜群。下総中山駅の南口から徒歩1分の立地です!
(せい家とは反対の南口からのアクセスなのでお間違いのないようにご注意を)

下総中山ラーメン店「鶏そば朱雀」外観

こちらのお店では、絶品の鶏そばがいただけます。店内に入った瞬間、もわっと立ち込める鶏の香りに驚きました。「鶏そば一本で勝負してます!」という気合いが伝わります。

数多くの鶏そばメニューの中から私が注文したのは最もベーシックな鶏塩そばです。

下総中山ラーメン店「鶏そば朱雀」鶏塩そば

あっさり、でも鶏のだしが濃厚なスープ。
このスープが絶品なんです!細麺が絡まったスープをいただく度に「鶏さんありがとう!!」と言いたくなります。塩ラーメンや鶏そばが好きな方にはとてもオススメです。

続いていただいたのは、鶏白湯そば!

下総中山ラーメン店「鶏そば朱雀」鶏白湯そば

もう、濃厚の極みです。何度「濃厚」と表現したらいいのか分からないくらい濃厚です。口の中いっぱいに鶏の旨みが広がります。鶏天国です。
とても濃厚でこってりしているので、腹ペコの時に食べたら悶絶するでしょうね・・・
実際に私も目を見開いて悶絶しました。

私は今まで数多くの鶏そばを食べてきましたが、こちらのお店ほど本格的で絶品な鶏そばを食べたことはありません!

もちろん、ただ単に私の好みの味だっただけかもしれませんが、絶品なのは間違いないです。その証拠に、いつの時間帯に行ってもお客さんで溢れています。時間に余裕がある時に行くと、待ち時間も安心でしょう。

注意点は来店の時間帯。

下総中山ラーメン店「鶏そば朱雀」営業時間帯

お昼は11:00〜15:00、夜は18:00〜23:00の営業です。
閉店時間帯の15:00〜18:00に行って「しまった!閉まってる・・・!」とならないように気をつけてくださいね!(私も2回ほどやらかしましたので、失敗を教訓として皆さまにシェア)

 

<店舗情報>

店名/鶏そば朱雀

住所/千葉県船橋市本中山3-14-21
アクセス/JR総武線「下総中山駅」南口から徒歩1分
営業時間/【火水木金土】11:00〜15:00、18:00〜23:00 【日,祝日】11:00〜20:00 
定休日/月曜日
電話番号/047-302-7240

 

 

トップへ戻る

 

リピート確定!こだわりの味「担々麺くらもと」

最後にご紹介するのは、今年の2月にオープンしたばかりの「担々麺くらもと」です。
こちらは下総中山駅の北口から徒歩2分のところにあります。

実は辛いものが大好きな私。取材をとっても楽しませていただきました!

下総中山ラーメン店「坦々麺くらもと」店長さんとお客さん

(写っているのは店長と愉快なお客さん。皆さんおいしそうに食べていました。)

はじめにいただいたのが、お店の看板メニュー「濃厚しびれ担々麺」です。

下総中山ラーメン店「坦々麺くらもと」濃厚しべれ坦々麺

ふんわりと胡麻が香るスープが特徴的でした。ガツンとくる重いスープではないので、あっさりと飲み干せます。それでいてクリーミーなので麺ともよく絡みます。

続いても、看板メニューのひとつ「花椒(ホアジャオ)麺」をいただきました。

下総中山ラーメン店「坦々麺くらもと」花椒麺

これには心底感動しました。私が今まで食べたことのない、新感覚ラーメンです。
山椒がよく効いていて、ひとくち食べるとしびれが先に来ます。その後にじっくりともちもちとした麺や旨みを味わうのです。いわゆる、山椒のラーメンといったところでしょうか。クセになるおいしさが最高にやみつきになります!

ここまでお読みいただいた皆さんの中には「え〜辛いものが苦手なんだよね・・・」という方もいらっしゃるでしょう。

でもご安心ください、こちらのお店では「辛さ」と「しびれ」が4段階から選べます!
辛いものが苦手な方にも、お子さまにも楽しんでいただけると思います。実際に、お子さま連れのお客さまもいらっしゃるようですよ。

最後におまけとしてラーメン以外の看板メニューもご紹介。

下総中山ラーメン店「坦々麺くらもと」宮崎の赤鶏

こちらは関東ではなかなか食べることのできない宮崎の赤鶏です。マグロのような硬めの赤身で、生でも食べることができることからレアで提供されます。
お値段はたったの580円(税込み)!

このお値段でこの赤鶏が食べられるのは、普通ではありえないことのようです。お店が契約農家から独自ルートで入手していることから、このような破格のお値段での提供が実現しているのだとか。これは食べなければ損ですね!

 

取材日に、お店の味を作った佐々木さんとお話させていただきましたが、味に対する強いこだわりを感じました。

お客さまが妥協で注文するのではなく、「これ食べたい」と思って注文してもらえるように味の研究を重ねたようです。レベルの高さがうかがえますね。

 

<店舗情報>

店名/担々麺くらもと

住所/千葉県船橋市本中山2-22-11
アクセス/JR総武線「下総中山駅」北口から徒歩2分
営業時間/【月,火,木】17:00〜24:00 【水】11:00〜24:00 【金】17:00〜25:00 【土】
11:00〜25:00 【日,祭】11:00〜21:00
(4月から営業時間の変更予定あり。詳しくはお店のHPでご確認ください)
定休日/なし
電話番号/080-3310-0023

 

 

トップへ戻る

 

あなたにとってラーメンとは?

ここまで三つのラーメン店をご紹介しましたが、皆さんの気になるラーメン店はありましたか?

私事ですが、私はつい最近までラーメンをほとんど食べたことがありませんでした。

ですが、ある時ラーメンをこよなく愛する友人に出会い、必然的にラーメンを食べる機会が増えました。
それからというものの、私のラーメンに対する感情が徐々に変化しました。

「ラーメン」とひとくちで言っても、それぞれの一杯にはそれぞれのこだわりや表情があることに気づき、今ではそんなラーメンが大好きです!

今の私にとってラーメンとは、疲れた時に食べたい「疲労回復救世主」。
皆さんにとっても、ラーメンが素敵な存在になりますように。

そしてこの記事が、皆さんを素敵なラーメンと出会わせてくれますように!

 

トップへ戻る

 

関連するキーワード

この記事を書いた人

梶原 よんり

梶原 よんり

大学卒業後、旅行会社の広報部に就職するもライターの夢を追いかけるために退職。現在は雑誌や新聞など各種媒体で執筆中。2019ポートクイーン千葉としても活動している。 ★instagram★ https://21/www.instagram.com/yonri.kajiwara/

梶原 よんりの記事一覧へ

あなたにオススメ

チイコミ!プレゼントコーナー