【千葉・埼玉のおでかけ情報】2月10日(日)、2月16日(土)、2月17日(日)

「今週末何をしよう?」…明日の予定がまだ決まっていないという方、まだ間に合います!

「ちいき新聞」で紹介された千葉と埼玉のおでかけスポット・イベント情報をご紹介♪

※ちいき新聞は、千葉と埼玉と茨城の一部で発行するフリーペーパーです。

 


<目次>

・開催中~3月10日(土)30年分を「おひなさま」で振り返ろう(さいたま市)

・2月10日(土)千産千消! もっと千葉産品が好きになる(流山市)

・2月16日(土)第27回外国人日本語スピーチコンテスト(松戸市)

・2月16日(土)平成31年成田の梅まつり(成田市)

・2月17日(日)第29回福祉まつり(八街市)

あなたの平成時代の思い出は?
30年分を「おひなさま」で振り返ろう

「人形のまち」さいたま市岩槻区の老舗、人形の東玉総本店で「『変わり雛』に観る平成時代」が開催中だ。

公募で集められた、その年の大きな話題をモチーフに製作する変わり雛。

平成30年間で作られた192点のうち100点が展示されている。

(ずらりと並んだ変わり雛は見応え十分)

 

職人の手遊びから技術向上の機会へ

変わり雛の製作は、ひな人形、五月人形を中心に作るグループ工房で1978(昭和53)年から始まった。

当時関わった作家・職人は6人。

「最初は職人たちの手遊びでしたが、博物館事業として職人たちの技術向上の機会にと位置付けました。

また、話題を一般公募にしたことから、人形職人や社員が社会の出来事や時代の変化に関心を持つようになりましたね」と、東玉会長の戸塚隆さんは振り返る。

 

一般募集ならではの人形作りの苦労も

平成の30年間に起こったさまざまな出来事が、変わり雛のモチーフになっている。

皇太子殿下と雅子さまのご成婚やご出産など、明るい話題での人形作りは心弾む作業。

しかしながら災害の多かった平成時代には、悲しい出来事が人々の関心事1位になることも。

その際には、できる限り明るく、希望を持てるような人形作りを心掛けたという。

変わり雛のタイトルに、その年の流行語などが使われている工夫もあり、楽しい。

平成時代に活躍したスポーツ選手や芸能人なども「おひなさま」になっている。

子どもたちに人気のキャラクターもあり、家族みんなで楽しめそうだ。

当時の世相を反映している変わり雛展は、平成の時代の貴重な記録。

見る人それぞれ、その当時の自分のさまざまな思い出もよみがえり、30年を振り返る絶好の機会といえるだろう。(ひらめ)

 

「変わり雛」に観る平成時代
~時代を記録した「変わり雛」で平成を振り返る~
日時/~3月10日(日)
会場/東玉総本店4階(さいたま市岩槻区本町1-3)
※東武野田線「岩槻駅」東口駅前
開館/午前10時~午後6時(無休)
料金/入場無料
電話番号/048(756)1111 人形の東玉 広報・稲垣

 

トップへ戻る

千葉県内の特産品と
ご当地キャラクターが大集合
千産千消!
もっと千葉産品が好きになる

2月10日(日)流山市生涯学習センターで、千葉県内の若手商工業者団体によるイベントが開催される。

当日は県内各地から自慢の逸品を持ち寄った物産展や地元野菜を販売する軽トラ市が開かれる他、食に関わる講演会も実施される。

(軽トラ市)

 

知られざる逸品を知ってほしい

このイベントを主催する千葉県商工会議所青年部連合会(以下、県青連)は、千葉県内にある16 の商工会議所の青年部からなる団体だ。

普段は会員相互の交流や研さんが主な活動内容だが、今回は初の試みとして広く一般に開かれるこのイベントを企画したという。

「千葉県内には茂原の『星のソース』や習志野の『習志野ソーセージ』など、それぞれ地元の特性を生かして開発され、ストーリーを持った産品が数多くあります。

商工業者であるわれわれはよく目にしますが、一般の方にはなかなか知ってもらえる機会がない。

それを来場する方たちに知ってもらえれば」と語るのは中村太郎県青連会長だ。

イベント当日、野外スペースでは物産展の他、近隣の柏・松戸からも人気の飲食店の出店が予定されている。

また、各地でイベントを盛り上げているご当地キャラクターも複数登場し、来場者との撮影タイムも予定されているので、子どもたちも楽しめる。

 

人気講師による大人の食育講演会も

午後からは同会場の体育館で管理栄養士の浅野まみこ氏による「大人の食育〜食選力を鍛える!」と題した講演会も開催される。

浅野氏は『やせる!コンビニ飯』(誠文堂新光社)、『長生きするための食品成分ハンドブック』(宝島社)など数多くの著作があり、テレビ出演も多数の人気講師だ。

今回の講演会では昨年12月に重版が決定した血糖値に関する自著を基に「健康を維持するためには、何か特別なことを行うのではなく、日頃から自分の体に必要な食品を選ぶ力を磨くことが重要」という実践的な話を聞くことができる。

講演会は入場無料。

先着順での参加とのこと。(かすみ)

 

日時/2月10日(日)
【物産展・軽トラ市】
午前11時~午後4時
【講演会】
午後0時40分~午後2時40分(正午開場)
場所/流山市生涯学習センター(流山市中110)
※物産展・軽トラ市は野外、講演会は体育館
電話番号 043(222)7110 千葉県商工会議所青年部連合会事務局 大澤

 

トップへ戻る

あなたの世界を
広げるきっかけに
第27回外国人日本語
スピーチコンテスト

松戸市内および近隣に在住・在学の外国籍の人たちによる日本語スピーチコンテストが開催される。

参加者の多様な視点は、あなた自身の世界を広げるきっかけになるかもしれない。

(前回は司会者も民族衣装で進行役を務めた)

 

日頃の日本語習得の成果発表の場

今年で27回目となるこのコンテスト。

日頃の日本語学習の成果を発表する場を提供すること、そして広く一般公開することにより国際理解を深めることを目的に始まった。

参加者は松戸市内および近隣に在住・在勤・在学し、在日期間が5年未満、本人・両親とも外国籍の人たちだ。近隣の日本語学校などでは、このコンテストに出場することを一つのモチベーションとしているところもあるという。

テーマは「今あなたが伝えたいこと」。

多くの日本語学習者が応募できるようにテーマは限定していない。

過去には、日本のトイレの事や、電車が定刻通り来る驚きなどが演目に挙がった。

習慣の違いや家族のことは毎年出る話題だ。

普段は見落としている日本人の良いところ、悪いところなど、日本語を学習する人の視点や文化の違いに驚きや新鮮さを感じることができる。

 

国際理解を深め多文化共生の一助に

参加者の国籍も年を追うごとに少しずつ増えている。

昨年は中国・ベトナム・インド・シリアなど10の国や地域の国籍の参加者が集まった。

事前に応募されたスピーチ原稿から、話の展開、テーマ、日本語の使い方や文法などを審査し、一次選考通過者のみがステージに立つことができる。

そして本番、審査対象はスピーチのみだが、自国の民族衣装で舞台に立つ参加者もいるという。

衣装に込めた思いにも注目したい。

また、アトラクションも毎年見逃せない。

今年は日本文化の代表として津軽三味線が演奏される。

奏者の北村姉妹はCMにも起用されたことがある若手姉妹ユニットだ。

「コンテストを通じて地域の国際理解が深まること、多文化共生の一助となれば幸いです」と主催団体の職員は語る。

コンテストの後には懇親会が設けられており、参加者と直接交流ができるため、身近なところで国際交流ができる場となっている。(ウエピ)

 

日時/2月16日(土)
午後1時~午後5時予定
※(表彰式)午後3時45分~
 (懇親会)午後4時30分~
場所/松戸市民劇場(松戸市本町11-6)
料金/無料(コンテスト・懇親会ともに)※申込み不要
電話番号/047(366)7310
松戸市国際交流協会

 

トップへ戻る

日本災害復興支援
平成31年成田の梅まつり

「二胡の音に心澄みゆく梅まつり」(勝田和子)̶ 平成30 年「観梅の投句コンテスト」に入選した句である。

今年も成田山公園の「成田の梅まつり」が2月16日(土)から開催される。

(平均樹齢は70年超)

 

こけむした古木が風情を醸し出す

成田山新勝寺の大本堂裏手に広がる成田山公園には、紅梅白梅合わせて約500本の梅の木が植えられている。

こちらの梅の木の平均樹齢は約70年。

広大な庭園に植えられた梅の木は、新勝寺の歴史ある建築物と相まって、日本の早春の風情を感じさせてくれる。

 

梅まつりを盛り上げるイベントの数々

梅まつり期間中はさまざまなイベントが開催される。

中でも毎年人気を集めるのが、「表千家観梅の野だて」だ。

午後3時のイベント終了までに入れる人数を先着順で受け付けるが、昼ごろには定員に達し受付終了となる場合が多いので目安にしたい。

「観梅の演奏会」も毎年足を運ぶファンがいるという。

津軽三味線、箏、尺八、二胡など恒例のプログラムに加え、津軽民謡で近年注目を浴びる福士豊桜さんが昨年から特別ゲストとして登場しているのも見どころの一つ。

福士さんは2月24日(日)に出演。

甘酒の振る舞いや観梅の投句コンテストも開催される。

「ひと足早い春を感じていただきたい」と観光協会の鈴木さん。

梅の花を眺めながらの甘酒や演奏会で、散策が一層楽しいものになるだろう。 (倫)

 

日時/2月16日(土)~3月3日(日)
場所/成田山新勝寺・成田山公園(成田市成田1)

表千家観梅の野だて
日時/期間中の土曜・日曜 ※雨天中止
午前10時~午後3時
場所/公園内文殊の池上梅林
※無料、先着順、定員に達し次第受付終了

観梅の演奏会
日時/期間中の土曜・日曜 ※雨天中止
午前11時~、午後1時30分~
場所/公園内西洋庭園

甘酒進上
日時/期間中の土曜・日曜 ※雨天中止
午前10時~午後3時
場 所 公園内西洋庭園

氷の彫刻展
日時/3月3日(日)
場所/成田山大本堂前広場

観梅の投句コンテスト(投句箱設置)
日時/期間中の土曜・日曜 ※雨天中止
午前10時~午後3時
場所/公園内西洋庭園および宗吾霊堂大本堂前
(成田市宗吾1-558)
※入選者は4月下旬以降に通知

草木染「華の集い展」
日時/2月24日(日)~3月3日(日)
午前9時~午後5時
(入館は午後4時30分まで) ※月曜休館
場所/成田観光館(成田市仲町383-1)


電話番号/0476(22)2102 成田市観光協会

 

トップへ戻る

来て! 見て! 買って!楽しんで、
地域福祉に貢献
第29回福祉まつり

2月17日(日)に八街市中央公民館で恒例のイベント「第29回福祉まつり」が開催される。

まつりの見どころを取材した。

(「こどもひろば」でみんな夢中!)

 

バザー会場は毎年長蛇の列

午前10時から始まる「福祉バザー」の人気商品はタオルや石けん、台所用品などの日用品。

「あっ」と驚く掘り出し物もあるかも。

バザーは品物がなくなり次第終了なので、良い品は早めに探したい。

バザー出品物(日用品、台所用品、贈答品、手作り品、食料品、新品食器、新品衣料品など)は2月14日(木)まで受け付け中。

八街市総合福祉センター3階の八街市社会福祉協議会まで持ち込む。

不要品があれば、この機会に寄付しよう(中古の衣料・寝具・食器、大型家具、電化製品、お飾り人形などは不可)。

 

子どもから大人まで楽しい企画満載

会場1階の大会議室では午前9時30分から午後3時30 分までカラオケ・舞踊大会を華やかに開催。

午後1時からセレモニーが行われ、その後、ボランティア楽団「和音」と障がい福祉サービス事業所介護施設「八街わらの里」利用者とのコラボによるミニライブを用意。

どんな演目が出てくるかは、当日までのお楽しみ。

1階は人形劇や絵本の読み聞かせの「こどものひろば」や木工体験、親子でリラックスコーナー「おやこホッとらんど」など。

保育ボランティアによる子どもの保育あり。

保護者は会場内でちょっとしたお買い物を楽しめる。

模擬店も充実。赤飯やまぜご飯、つきたての餅、焼きそば、フランクフルトなどを2階の「ちょこっとカフェ」で食べよう。

2階音楽室では、社会福祉施設紹介コーナーを設置。

福祉職に興味のある人は訪れてみては。

なお会場はエレベーターの改修工事中。
2階へは階段しか使えないので注意。

福祉まつりを担当する八街市福祉協議会の尾形さんは「福祉まつりでは、品物を買っていただけるだけで、地域福祉の支援に。

売上は地域福祉推進事業費として役立てられます。

皆さまのご来場お待ちしております」と参加を呼び掛けた。

公民館駐車場は開場時間には満車の可能性も。早めの到着を。 (A・T)

 

第29回 福祉まつり
日時/2月17日(日)
午前9時30分から午後3時30分
場所/八街市中央公民館(八街市八街ほ796‐1)
※雨天決行・自然災害などにより
 中止になる場合があり
電話番号/043(443)0748
社会福祉法人八街市社会福祉協議会

 

トップへ戻る

関連するキーワード

この記事を書いた人

ちいき新聞レポーター

ちいき新聞レポーター

地域に密着してフリーペーパー「ちいき新聞」紙面の記事を取材・執筆しています。

ちいき新聞レポーターの記事一覧へ

あなたにオススメ

チイコミ!プレゼントコーナー