肩こりがツライママ、かけっこが苦手な
子ども…その悩み「足」が原因かも?

慢性的な肩こりや頭痛、体型の崩れなどに悩んでいるママも多いはず。

これらのマイナートラブルは「足の変形」から来ているケースもあります。

「変形足」と体の不調の関係について、スポーツクラブなどでインストラクターをする呉林真理子さんにお話しをお聞きしました。

 

あなたの足は大丈夫? 一度チェックを

小指が外向きに寝てしまっている「寝指」、足指の関節が常に折れている状態の「ハンマートゥ」、指先が床から浮いている「浮き指」などの変形足が、大人にも子どもにも増えています。

「変形足を放っておくと姿勢が崩れ、肩こりや頭痛、生理不順などのトラブルを引き起こすことも。

また、もしもお子さんがスポーツがうまくできない、駆けっこが苦手などで悩んでいたら足に原因があるかもしれません」と呉林さんは話します。

足指トレーニングと靴選びで改善

なぜ変形足は増えているのでしょう?

その原因の一つに私たちを取り巻く環境の変化があります。

現代人は固いアスファルトの上や室内で過ごすことがほとんど。

足指を動かす機会が少なくなってきているので、意識して動かす必要があるそうです。

 「1日に数回、足でパーを作るように足指と足指の間を開くようにするといいでしょう。ゆっくりと行うのがコツです」と呉林さん。

また、足に合っていない靴を子どもに履かせるのも変形足の原因になるそうですよ。

11月27日(月)にちいきラボ(ちいき新聞読者コミュニティー)が開催する講座では、日常の動作がエクササイズになる体の使い方や足が喜ぶ靴の選び方を呉林さんが詳しく伝授。

年齢に関係なく、トレーニングや足に合った靴を選ぶことで、変形足の改善は可能なので、この機会に足から自分の体に向き合ってみてはいかがでしょうか。

【限定20組】ちいきラボ主催 足とからだの使い方ワーク

※申し込み受付は終了しました(2017年11月21日更新)※

日時/2017年11月27日(月)午前11時~正午 

料金/1,000円、ちいきラボ会員(当日登録可)は500円

開催場所/地域新聞社 本社会議室

(船橋市湊町1-1-1 朝日生命船橋湊町ビル2F)※駐車場はありませんのでお近くのパー

キングか公共の交通手段でお越しください。

対象/年齢制限なし(お子さま連れ歓迎)

講座内容/・ちゃんと知りたい足の役割

・簡単! 足指トレーニング

・正しい姿勢の作り方&歩き方

・ママがうれしい美脚トリートメント…etc.

持ち物・服装/バスタオル、飲み物、動きやすい服装

(ワイドパンツ、ガウチョパンツなどゆったりしたボトムス)※素足になるのでタイツ等は避けてください。

 

【申し込み方法】※応募締切/2017年11月20日(月)

下記メールアドレスより「参加者の名前、年齢(お子さま連れの場合はお子さまの年齢も)、電話番号、住所」を書いてお申し込みください。

lab@chiikinews.co.jp

 

※応募者多数の場合は抽選になります。

弊社に寄せられた個人情報はお問い合わせのご返答、弊社からのご案内以外には使用しません。

 

お話を聞いたのは…

呉林真理子さん

●プロフィール

健康実践指導者、一般体操指導員、顔ヨガアドバンスインストラクターなどの資格を持ち、現在はスポーツクラブにてインストラクターとして幼児から成人まで運動指導を行う。

 

 

この記事を書いた人

ちいき新聞web編集S

ちいき新聞web編集S

千葉市生まれ、千葉市在住のアラフォー。編集プロダクションなどを経て「ちいき新聞」編集部へ。甘いものとパンと漫画が大好き。私生活では5歳違いの姉妹育児に奮闘中。

ちいき新聞web編集Sの記事一覧へ

あなたにオススメの記事

関連するジャンル・キーワード

チイコミ!プレゼントコーナー