赤ちゃん連れでも安心の宿 紋屋で旅行デビュー【千葉県南房総市】

赤ちゃんおすすめプランがある温泉宿紋屋に宿泊する家族

子育てに追われているときこそ、たまにはゆっくり温泉にでも行ってみたい…

でも、赤ちゃん連れの旅行は「長時間の車移動は大丈夫か」「持ち物はどうするか」など心配事もあって、ちょっと大変そうですよね。

初めての旅行であればなおさら。 

そんなママたちの不安を解消してくれる、「ウェルカムベビーの宿」があるのを知っていますか?

千葉県南房総市白浜の「季粋の宿 紋屋」もそのひとつ。

今回は紋屋で初めての旅行デビューをしたファミリーに、実際に泊まってみて良かったポイントを聞いてみました。

「ウェルカムベビーの宿」とは

旅行デビューをしたのは、現在育休中のちいき新聞スタッフファミリー。

8カ月(旅行当時)の長男・きいちくん、パパ、理沙ママの3人で初めての家族旅行です。

 

理沙ママが初めての旅行に紋屋を選んだ理由は、「ウェルカムベビーの宿」に認定されていたから。

「ウェルカムベビーの宿」とは、ミキハウス子育て総研株式会社が認定した、赤ちゃん連れでも安心して宿泊できる施設のこと。

全100項目(!)にもわたる基準を充たした施設のみ認定されるので、設備などのハード面はもちろん、接客やサービスメニューなどのソフト面も整っています。

「ぐずって他のお客さんに迷惑がかからないかや、旅行中に子どもの具合が悪くなったりしないか心配だった」という理沙ママですが、紋屋はクチコミでも「赤ちゃん連れに優しい」と評判で、赤ちゃんプランもあったので、「ここなら」と安心して予約したのだそう。

☆ロングセラー赤ちゃんプラン「すやすや」他プラン詳細はこちら

紋屋は「赤ちゃんと泊まれる宿NO.1」を目指して、日本初の旅行デビュー専用プランを用意しており、2017年には赤ちゃんプラン利用泊数 千葉県第1位(楽天調べ)に輝いています。

一部スタッフは日本子育て支援協会の「ベビーコンシェルジュ・リーダー育成講座」を修了している他、子育て中のスタッフもいるため、赤ちゃん連れにはとっても心強いお宿なのです。

赤ちゃん連れに
おすすめのポイントは?

それでは、実際に泊まってみた理沙ママが「ここがうれしかった!」というポイントやサービスを、具体的にご紹介していきましょう(理沙ママファミリーはロングセラー赤ちゃんプラン「すやすや」を利用)。

 

①無料で離乳食が付く(朝夕)

おいしい食事は旅の楽しみのひとつですよね。

紋屋では、夕食・朝食ともに無料で調理長特製の離乳食とおかゆが付きます。

 

この日の献立は、

・魚のお団子と野菜の煮物

・さつまいもの茶巾

・鶏ささみのトマト煮

高タンパクで脂肪分が少ない鶏ささみは離乳食に最適です。

 

初めての長距離移動に車酔いしてしまったきいちくんでしたが、すっかり元気にパクパク!

「個室または半個室で、周りを気にせずゆっくり食事を楽しめたのもよかったです」(パパ)

プランによってはお部屋食もあります。

もちろん、パパ・ママは南房総の海の幸や、温暖な気候がもたらす山の恵み、四季折々の旬の食材を堪能できますよ。

(お料理一例)

 

②ベビーグッズ完備!

赤ちゃんとのおでかけにはいろいろと必要な持ち物が多く、準備も大変。

何をどこまで用意すればいいのかも分からず不安になりますよね。

紋屋は、哺乳瓶やマグの消毒、ベビー用バスチェア、ベビーソープ、紙オムツ用のゴミ袋などなど、赤ちゃん連れ旅行の必需品はすべて旅館に用意されています。

 

お部屋には「子連れ旅行ママ安心グッズ」のリストが。何から何まで至れり尽くせり!

荷物を減らすことができるのはうれしいですね。

ほぼ手ぶらで行けたので、本当に助かりました!」と理沙ママ。

 

▲調乳用の適温ポット。電子レンジや洗濯機も24時間利用できます。

 

③キッズルームや絵本が充実

 

無料のキッズスペース「よちよち」は、紋屋の若旦那が父親目線で考えたこだわりの空間です。

20畳もの広さで、きいちくんも思う存分ハイハイ!

元気に動き回りたい年頃のお子様と赤ちゃんがバッティングしないよう区分けされていたり、男の子も女の子も喜ぶおもちゃがあったりと、若旦那の優しさが詰まっています。

 

こちらは、南房総で愛されたワインバー「リブロス」のオーナー・小宮寿夫氏が収拾された本の数々を受け継いだという「リブロス文庫」。

子どもが楽しめる絵本も充実しており、読み聞かせをしてあげることができます。

 

④貸切風呂・家族風呂がある

 

紋屋には2種の温泉浴場と2種の貸切風呂、そして「畳敷きの家族風呂」があります(写真は家族風呂「和ぎの湯」。※公式HPよりお借りしたものです)。

もちろん脱衣場にはベビーベッドあり。

浴室内にはバスチェアやベビーバス、全身用ベビーソープなども。貸切風呂は人気があるので、早めの予約がおすすめです。

 

⑤とにかくスタッフが子どもに慣れていて安心!

「スタッフさんが子どもの名前を覚えてくれていて、頻繁に名前で呼んでくれたり、話しかけてくれたりしたのがうれしかったです」
と理沙ママ。

スタッフが子どもの対応に慣れていて、細かい配慮があり、とても安心できたとのこと。

「子連れ旅行は親がかえって疲れる」なんて声を聞くこともありますが、赤ちゃんがごきげんで過ごしてくれて、ママもパパもくつろげる環境であれば、きっと家族みんなにとって最高の思い出になりますね。

この他にも、各都道府県が発行する子育て支援パスポート(千葉県なら「チーパス」)があれば宿泊料金が5%割引になったり(電話または公式HPからの予約で、現金払いの場合。※要事前申告)、お昼寝用ベビー布団があったりと、ママと赤ちゃんをサポートしてくれるサービスがいっぱい。

子連れのお客様が7割以上ということで、気兼ねなく宿泊できるのもうれしいところです。

 

「0歳児と旅館に宿泊って結構ハードル高いなと思っていましたが、紋屋さんのように赤ちゃん連れへのサービスに特化した旅館だと心からゆっくりできました」
と、理沙ママも大満足の様子でした。

※離乳食やアメニティは、赤ちゃんと一緒に楽しむプランの「プラン特典」になります。詳細は公式HPをご確認ください。

子どもに初めての海を
見せてあげよう

宿は海の目の前に位置し、子どもに初めての海を見せてあげることができます。

周辺には、マザー牧場、鴨川シ―ワールド、鋸山など、親子で楽しめる観光スポットも充実。

※こちらの記事で房総半島のおすすめドライブコースやグルメを紹介しています↓

関連記事:
房総フラワーラインで冬のドライブお花摘み、お魚ランチ、カフェも紹介!

 

日々子育てを頑張っているママこそ、非日常の時間を持ってリフレッシュしたい。

子どもにいろんな経験をさせたい。

良い思い出を残してあげたい。

紋屋は、そんな願いを叶えてくれる宿です。

今しかないこのとき、周囲に気を遣って我慢したり、「まだ旅行は無理かな…」と諦めないで!

赤ちゃん連れでも優しく迎えてくれる宿を選べば大丈夫。

温かいおもてなしと南房総白浜の潮騒に包まれて、家族水入らずの時間を満喫してみてはいかがでしょうか。

 

ファミリーにおすすめの旅館紋屋から南房総の海を眺めるママと子供

「また来たいね♡」

 

南房総白浜 季粋の宿 紋屋

住所/千葉県南房総市白浜町白浜232
電話番号/0470-38-3151
アクセス/東京よりアクアライン、館山道経由で終点・富浦ICまで94km 1時間20分
富浦ICより県道86号線経由で南房総白浜まで20km 30分
駐車場/無料

◆プランや料金の詳細・ご予約は公式HP

関連するキーワード

この記事を書いた人

編集部 広田 瑞穂

編集部 広田 瑞穂

WEBプロデューサー/プランナー 埼玉県春日部市出身→千葉県八千代市在住。地域新聞社で広告の仕事をして12年。地域の魅力、お店の魅力を伝えます。好きなものは東南アジアとハイボール。勝田台駅周辺の酒場放浪記を書きたい。★Twitter★@chiikishinbun

編集部 広田 瑞穂の記事一覧へ

あわせて読みたい

あなたにオススメ

チイコミ!プレゼントコーナー