【千葉・埼玉のおでかけ情報】12月22日(土)、12月23日(日)、12月24日(月・休)、年始イベントも!

野球場で楽しい冬のひとときを
クリスマスベースボール2018in八千代

家族みんなで楽しめる野球の祭典「クリスマスベースボール2018in 八千代」が八千代総合運動公園野球場で開催される。

 

(昨年の様子)

 

現役・元プロ野球選手やコーチがゲストに

野球場をより身近に感じてほしい。

勝利を求めるだけではなく、純粋に野球の素晴らしさを知ってもらえたらという思いで開催されるこのイベントは、今年で6回目。

協賛企業も増え、開催を待ち望む市民の声もたくさん聞けるようになったそうだ。

今年も海外経験が豊富な現役・元プロ野球選手やコーチ6人を招き、来場者皆で野球の楽しさを分かち合える一日になる予定。

午前中はゲスト6人による小中学生への野球教室と指導者講習会を実施。

プロ経験者から直接教えてもらえる貴重なチャンスだ。

午後は「プロに挑戦!! スペシャルマッチ!!」を開催。

プロの音響やウグイス嬢も付いて、本物の野球選手さながらの気分を味わえそう。

お昼休みにはゲストによるトークショーやサイン・撮影会も行われる。

 

飲食などの出店や音楽ステージも充実

販売ブースはエントランス付近とスタンドに出店する。

おいしいコーヒー、スイーツ、豚の角煮、チャーシューの1本焼きなどが、体を動かしてペコペコになったおなかを満たしてくれそうだ。

フード以外では今人気のボブルヘッドなどレアな野球グッズの販売、昨年観覧のお母さんたちに人気だったワンコイン整体なども出店。

また昨年同様船橋市出身のシンガーソングライターLiCaCoさんのステージの他、市立大和田中学校吹奏楽部の元気な演奏も楽しめる。

当日の音響は昨秋市内に開局したFMふくろうが担当し、スタンドで公開収録も行う。

会場に来てくれた人にもインタビューをする予定なのでお楽しみに。

「多くの人に足を運んでもらい、野球場の雰囲気を楽しんでほしいです。

イベントがきっかけで小さいお子さんが野球に興味を持ったり、すでに野球をやっている子どもたちにはこれからも続けることへの後押しになれば」と実行委員会の萩島さん。

冬空の下寒さを吹き飛ばす楽しい一日になりそうだ。(彩)

 

日時/12月22日(土)午前10時~午後3時
※雨天決行・荒天時は規模を縮小して開催

場所/八千代総合運動公園野球場(八千代市萱田1262)

料金/無料

電話番号/047(769)0262 「クリスマスベースボール」実行委員会

※野球教室その他は要当日受付

トップへ戻る

タサン志麻さんも登場
SINCSクリスマス・チャリティ・コンサート2018

例年チャリティーコンサートを開催しているSINCS(白井自然と芸術文化の会)。

今回のテーマは、輝く女性たちに焦点を当てる「VENUS ビーナス 明けの明星」だ。

 

(カービング作品。ニンジンの鳥、リンゴのなし坊)

 

毎年違うテーマ。今回は「女性」に焦点

SINCS(白井自然と芸術文化の会)では年に2回、夏と冬にコンサートを催している。

夏はプロの演奏家によるコンサートだが、12月は地元の出演者やプロのゲストを迎え、毎年異なるテーマのクリスマスコンサートを開催している。

今年のテーマは「VENUS ビーナス 明けの明星」。

自分らしい学び方・生き方・働き方を選択しながら、誰もがキラキラ輝くことを願った企画で、事務局長のひらた新子さんによると、各分野で輝いている女性たちに焦点を当て、舞台に上がってもらうのだという。

 

2部では初のパネルディスカッション

コンサートは2部構成。

市内の高校生・小林舞花さんが司会者として登場し、第1部は、クラシックバレエ、創作ダンス、フラダンス、講談「詐欺被害に遭わないように!」。

第2部は、民謡「長持唄」で始まり、初のパネルディスカッションを開催。

「伝説の家政婦」としてテレビやレシピ本で人気の特別ゲストのタサン志麻さん、フリーランス&パラレル協会代表理事の平田麻莉さん、しろい市民まちづくりサポートセンター・センター長の石垣裕子さん、50年も前から働くお母さんを実践してきた白井市民の中島三穂さんの4人の女性が登場する。

この他、女声合唱や全体合唱で客席と一体となる楽しくぜいたくなプログラムになっている。

ホワイエでは、西井直人氏(故人)の絵画、武石正一氏の写真、吉原美智子氏のクリスマス・カービングの展示も。

経費を除いた収益金は、白井市まちづくり寄付金「芸術文化事業」、あしなが育英会(東日本大震災遺児支援)、白井市清水口調整池に飛来する白鳥の餌代にそれぞれ寄付される。

ステージに上がる人も観客も、自分が普段していることがボランティアにつながることを感じてほしい、との思いで企画しているという事務局長のひらたさん。

「毎年趣向が違います。今年も期待して来てください!」と、笑顔で語っていた。(倫)

 

日時/12月22日(土) 午後2時開演(午後1時30分開場)

場所/白井市文化会館なし坊ホール(白井市復1148-8)

料金/999円

電話番号/080(4727)8718 平田

 

トップへ戻る

参加型イルミネーションイベント
大相模調節池で「こしがやイルミレイク」

(いのり星®放流のイメージ)

 

水面が無数の光で埋め尽くされ幻想的に

「こしがやイルミレイク」は、今年が初開催となる参加型イルミネーションイベント。

青いLEDを光源とする8・5㎝の光の球「いのり星Ⓡ」約1万個を大相模調節池へ放流。

参加者が一つ一つに願いや祈りを込めて湖面に流すことで、水面が無数の光で埋め尽くされ、一夜限りの天の川が目の前に浮かび上がるというもの。

放流は桟橋付近で実施、誰でも無料で参加できる(数に限りあり/先着順)。

また、いのり星Ⓡはイベント終了後、すべて回収されリユースされる。

同日、水辺のまちづくり館の前でクリスマスマーケットも開催。

クリスマスイルミネーションは12月19日(水)から25日(火)まで実施される。(信太)

 

日時/12月22日(土)※荒天中止

『いのり星®の放流』午後4時30分(放流式)~午後6時30分

『クリスマスマーケット』午後4時~午後9時

場所/大相模調節池 (越谷レイクタウン)

料金/参加無料

電話番号/048(967)1325 越谷市環境経済部観光課

 

トップへ戻る

 

美しい星の世界に感動
プラネタリウムのクリスマス

松戸市民会館プラネタリウム室で、期間限定の特別投影が行われる。

クリスマスの時期しか体験できないプログラムは、楽しみながら新しい発見がたくさんできそうだ。

 

(美しい冬の星座)

 

山崎直子さんも通ったプラネタリウム

松戸市民会館プラネタリウム室は、松戸市出身の宇宙飛行士・山崎直子さんが幼少期に通ったプラネタリウムだ。

山崎さんの名前をとって「NAOKOSPACE PLANETARIUM(ナオコ・スペース・プラネタリウム)」と名付けられている。

そんなプラネタリウム室では、2カ月置きに季節にちなんだプログラムが行われており、12月22日(土)〜24日( 月・休)の3日間は、クリスマス特別投影が行われる。

 

大人と子ども二つのプログラム

小学校中学年から大人を対象とした一般向けプログラムでは、ツリーのてっぺんを飾る星にまつわるお話「クリスマスツリーの星」を、小学校低学年までのキッズ&ジュニアアワーでは、サンタクロースの始まりのお話「サンタさんのおはなし」を聞きながら、それぞれ解説員の生解説でプラネタリウム投影が行われる。

解説員のアナウンスとともに、美しい星空の中にサンタやヒイラギなどが現れると、子どもたちは目を輝かせることだろう。

「昨今のプラネタリウムでは生解説が激減しています。

観客の皆さんの声を聞きながら、そして顔を見ながら解説するのは、私たちもとても楽しいです。

クリスマスならではの特別プログラムを、観客の皆さんと質問や会話を交えながら、一緒に楽しい時間を過ごせたらうれしいです」と同館の天笠咲子さんは話す。(かずみ)

日時/12月22日(土)~24日(月・休)

【一般】

「クリスマスの星空とクリスマスツリーの星」

(一般投影・約30分)

午前10時30分~、午後3時30分~

 

【子ども】

「サンタさんのおはなし」

(キッズ&ジュニアアワー・約20分)

午後1時30分~、午後2時30分~

 

場所/松戸市民会館プラネタリウム室(松戸1389-1 松戸市民会館)

料金/大人50円、子ども(中学生以下)無料

※障害者手帳をお持ちの方、65歳以上の方は無料

 (免許証など年齢が確認できる物の提示が必要)

★各回の投影開始時間30分前から2階で受付

★先着300人にオリジナルシールをプレゼント

電話番号/047(368)1237 松戸市民会館プラネタリウム室 

 

トップへ戻る

新年も楽しく
過ごせますように!
年始イベント

谷津干潟 干潟で初もうで2019

 

(昨年の谷津干潟かるたの様子)

 

開運やつひガチャ(有料)や、谷津干潟かるた、ベーゴマなど昔ながらのお正月遊びや工作などができる。

両日、先着100人に谷津干潟公園産の蜂蜜ドリンク無料配布(午前11時~)。

日時/2019年1月2日(水)、3日(木)午前9時~午後4時半

料金/入館料のみ(高校生以上370円、65歳以上180円、小・中・未就学児無料) 

持ち物/なし 住所/習志野市秋津5-1-1

電話番号/047-454-8416(谷津干潟自然観察センター)

 

船橋アリーナ 平成31年船橋市消防出初式

 

(一番の見どころ、一斉放水)

 

例年2000人近くが集まる人気イベント。

船橋市消防特別作業協力会による「はしご乗り」や、イベントを締めくくる一斉放水も見逃せない。

子どもたちによるパフォーマンスも。

日時/1月5日(土)午前9時半~正午

住所/船橋市習志野台7-5-1

   ※車の場合は日本大学理工学部へ駐車のこと。午前8時半から

    新京成線北習志野駅東側ロータリーより無料送迎バスあり。

    ただし6歳以上のみ乗車可

料金/無料

電話番号/047-435-1112(船橋市消防局総務課)

 

トップへ戻る

関連するキーワード

この記事を書いた人

ちいき新聞レポーター

ちいき新聞レポーター

地域に密着してフリーペーパー「ちいき新聞」紙面の記事を取材・執筆しています。

ちいき新聞レポーターの記事一覧へ

あわせて読みたい

あなたにオススメ

チイコミ!プレゼントコーナー