【カフェ】居心地の良い古民家で懐かしさを感じる 千葉県船橋市「ゆずカフェ」

こんにちは、ラボママカフェ担当のkosuzuです。

千葉県船橋市でイベントカフェの運営と子連れパン、離乳食のお菓子教室「こすずベーカリー」を開講しております。

今回も千葉県にあるカフェに行ってきましたので、紹介していきたいと思います。

本日ご紹介するカフェは、船橋市にある「ゆずカフェ」さん。
JR津田沼駅北口徒歩8分ほど、住宅街の路地を入ったところにあります。
黒板の看板とゆずのマークの旗が目印。
駐車場も敷地内に2台止めれましたが、近くに2箇所ほどコインパーキングもあり、そちらにも止められます。

千葉県船橋市古民家カフェ「ゆずカフェ」外看板

入り口のガラス戸を開けると、つい友達のお家に来たかのように、「こんにちは!」と声が出そうになるくらいどこか懐かしさを感じる店内。
お店に入るとすぐにピアノが!!
ピアノ教室も行っているとのこと。

部屋の雰囲気に、障子に、たたみ、床の間まで、古民家の居心地の良さを感じます。

千葉県船橋市古民家カフェ「ゆずカフェ」店内

私はちょうどお昼ごろお邪魔しました!
ラストオーダーは16時30分。

コーヒーのメニューのほか、料理、そしてデザートメニュー。

この日のメニューは、

ビーフカレー( 700円)
さんまと栗ご飯 (700円)

と、値段はリーズナブル。
コーヒーは➕200円で付けられます。

千葉県船橋市古民家カフェゆずカフェの「ビーフカレー」はコーヒーは➕200円で付けられます。

私は、ビーフカレーをいただきました!
程よい歯ごたえと辛さ、どこか懐かしさを感じられるお味! 最高でした。

上記メニューの他に、
アジフライのホットサンド(350円)があり、興味をそそられ注文!

千葉県船橋市古民家カフェ「ゆずカフェ」のアジフライのホットサンド

アジフライのホットサンドはなかなかないのでびっくり!これもまた美味しいのです(^^)

ゆずカフェさんはごはんのメニューも売りですが、季節ごとに変わるパフェも人気メニューです。

今回のパフェは、
「渋皮栗のパフェ」( 620円)

千葉県船橋市「ゆずカフェ」お洒落なグラスに綺麗に盛り付けられたパフェ

お洒落なグラスに綺麗に盛り付けられたパフェは見た目からも食欲とワクワク感をそそり、、、

味はもちろん大満足!!
とても美味しくいただきました。

今回はいただかなかったのですが、
あんみつは自家製で、あんこ、寒天、白玉は全て手作りだそうです。白玉は注文が入ってから茹でるらしく、茹でたての“もちもち”した食感を楽しんでもらいたいと店主さんはおっしゃっておりました。
次は食べてみたいなぁ^_^

今回も大満足のカフェ巡りとなりました。

皆さまぜひまったりできる古民家カフェでおいしいものを召し上がってみてはいかがですか?^_^

 

 

ゆずカフェ

住所/千葉県船橋市前原東3-5-10
営業時間/10時〜17時 (LO16時30分)
定休日/月・火曜日
※年末年始は12月24日(月)から1月15日(火)までカフェ営業休み
提携駐車場/ナビパーク  タイムズ津田沼前原東
*敷地内にも駐車できます
電話番号/090(9153)9057

関連するキーワード

この記事を書いた人

kosuzu

kosuzu

船橋市在住。1児のママ。実家のパン屋、そして洋菓子店にて5年修業後、出産を機に親子のイベントカフェ「こすずベーカリー」開業。月一カフェ開催と離乳食パンやお菓子教室を開講しています。
http://instagram.com/suu0324

kosuzuの記事一覧へ

あわせて読みたい

あなたにオススメ

チイコミ!プレゼントコーナー