リビング学習を成功させるには家具が重要だった!?プロが教える部屋作り

子どもが小学校に入学する前に、子ども部屋や勉強机をどうするべきか…

悩みどころですが、近年は「リビング学習」がスタンダードになりつつあります。

リビング学習とは、子ども部屋ではなく、リビングやダイニングなど親の目が届く場所で勉強する学習方法のこと。

「成績が上がる」「親子の絆が深まる」など、さまざまなメリットがあるといわれていますが、実は成功させるには家具の選び方がカギになるって知っていましたか?

部屋作りを間違えると、逆効果になってしまう危険性も。

そこで、創業51年の家具専門店・三咲家具(本社:船橋市)のスタッフさんに、リビング学習におすすめのアイテムを教えてもらいました。

※最後にweb限定特典あり!

東大生100人中
74人はリビング学習!

リビング学習は効果があるということを実証するデータがあります。

実は我々ちいき新聞web編集部、「勉強ができる子には何か共通点があるはず!」と、赤門前で東大生100人にアンケート調査を行ったのです。

その結果・・・

なんと、約7割以上の東大生がリビング学習を実践していました!(詳しくはコチラの記事で紹介しています

このような結果が出た理由としては、以下のようなリビング学習のメリットが考えられます。

・親の目があることで程良い緊張感を持って勉強できる、誘惑に負けない

・適度な雑音があった方が集中力が向上する

・親が進み具合や理解度を把握できる

・分からないことをすぐに聞ける

・家族が近くにいるという安心感

 

ただ、もちろん良いことだけではなく、デメリット(注意点)もあります。

例えば、

・ダイニングテーブルで勉強する場合、通常のテーブルや椅子では高さが子どもに合っておらず、姿勢が悪くなる、集中力が持続しづらい

・照明の明るさが足りず目が悪くなる

といったリスクです。

また、実際にリビング学習を行っている人にはこんなお悩みも。

・リビングに物があふれて生活感が出てしまう

・文房具やプリントなどが散らかる

・子ども部屋とリビングの行き来で勉強道具を持ち運ぶため、学校の忘れ物が増える

・勉強机やカウンターをリビングに置くと狭くなる、置きたいがスペースがない

 

「あ~散らかさないで~!」なんて言わずともイライラしていると、子どもは感じ取るものですよね。

親のそばで勉強をするリビング学習においては、親の心理状態が子どものやる気や集中力に影響します。

つまり、ママも子どももストレスを感じない環境が非常に大切なのです。

 

では、こうしたデメリットや収納・スペース問題の解決方法はあるのでしょうか?

家具を知り尽くすプロに、リビング学習の効果を上げるおすすめアイテムや部屋作りについて聞いてみました。

 

プロおすすめ!
リビング学習の必需品5選

教えてくれたのは、創業51年の老舗家具専門店、
三咲家具 船橋本店(千葉県船橋市)の平林さんです。

 

①ダイニングテーブル兼勉強机
②KIDSチェア ③ライト

 

リビング学習に最適な最新の収納付きダイニングテーブル

リビング学習に最適なダイニングテーブルを紹介する三咲家具船橋本店スタッフ「まずおすすめなのは、収納付きのダイニングテーブルです。

テーブルの下に教科書や文房具を収納できるようになっていて、子どもも片付けがしやすいですし、スペースを取りません。 

ダイニングチェアは大人サイズで設定されているので、子ども用の椅子を用意してあげましょう。

KIDSチェアは、テーブルの高さと子どもの身長に合わせて座板の高さを調整できるものを選ぶことがポイントです。

また、ダイニングの照明は食事をするのに適した明るさに設定されています。

視力の低下を防ぐためには、手元をてらすデスクライトなどを置いて、勉強する際に必要な明るさを補ってあげるといいですよ」

 

<テーブル>
サイズ 幅 135 × 奥行 80 × 高さ 72 cm
フェア価格  48,000
※別サイズBOX付きテーブル 110 × 110 ×72 cm も選べます 

<KIDSチェア>
サイズ 幅45 × 奥行 4653 × 高さ 77 cm  
座面高44 cm(床からシートの中央部まで)
フェア価格  17,500

<チェア>
サイズ 幅 45 × 奥行 45.5 × 高さ 77 cm
フェア価格  16,500

<ベンチ>
サイズ 幅 110 × 奥行 37 × 高さ 44 cm
フェア価格  18,800

 

「ダイニングテーブルの横にランドセルを掛けておけるので、翌日の学校の準備もリビングで完結します。

勉強道具の持ち運びが不要になり、忘れ物の心配も減りますね。

これは本当におすすめです!」

 

 

④マルチボード

 

リビング学習に最適なダイニングテーブルを紹介する三咲家具船橋本店スタッフ「既に使用しているダイニングテーブルがある場合は、このようなマルチボードで収納スペースを確保するのも手です。

ダイニングの仕切りに置いても便利ですし、ソファバックシェルフとして置いてもおしゃれ。

リビングに物が増えても生活感が出ず、スッキリ見せることができます。

こちらのマルチボードはA4サイズのバインダーなどが入るので、勉強道具の収納にぴったりです」

 

<アクシス マルチボード140>2色展開)
 1400 × 奥行 295 × 高さ 800㎜
74,000
※幅16501800のサイズもあり

 

 

⑤ソファ

 

リビング学習に最適なダイニングテーブルを紹介する三咲家具船橋本店スタッフ「子どもが勉強の合間にひと休みしたり、親がリラックスして子どもを見守る場所として、ソファも重要なアイテム。

こちらは『ごろ寝ソファ』といって、ある時はベッドにしてみんなでごろごろ、背中を起こして座面を押し込めば奥行きの浅いソファに早変わりするという優れものなんです。

ごろごろし過ぎないように注意(笑)メリハリが大事です!」

 

「さらにこのソファベッドは、窓際にぴったり寄せて置いたまま操作できます。

限られたスペースを有効に使うことができるので、マンションのリビングにもおすすめです。

カバーも中身も水洗いでき、小さなお子様がいるご家庭でも安心して長くお使いいただけますよ。

三咲家具ではこの他にも、カバーの丸洗い可能なソファ、座面の下が収納になっているソファなどを多数取り揃えています」

 

<ごろ寝ソファ>(ブルー/ダークグレー)
200 × 奥行 80.5 (ベッド時116) × 高さ 77.5cm
特別価格 118,000
※クッション4個付き

 

当然のことですが、ただリビングで勉強すれば成績が上がるわけではないんですね…。

家族がくつろぐ場所でもあるリビングを、みんなが気持ち良く過ごせる空間にすることが成功の秘訣といえるのかもしれません。

 

お得なセール情報!

今回リビング学習におすすめな家具を教えていただいた三咲家具は、「居心地の良い空間で、ゆったりとより良い暮らしをしていただきたい」という思いから、スッキリした生活スタイルの提案をしているといいます。

そんな理想的な空間作りをサポートしてくれる三咲家具では、2018921日(金)~24日(月・休)までお得なセールを実施予定(さらにweb読者限定特典もいただきました!詳しくは記事の最後に☆)。 

セールではリビング学習関連商品のみならず、さまざまなお買い得アイテムが多数用意されるとのこと。

特に見逃せないのが人気ブランド勢揃いのベッド。人生を変える寝心地に出合うチャンスかも!?

 

■NB NIHON BED

シンプルで、ツインで使用できるサイドフラット設計。
足の高さを4段階に調整できます。

<シングルベッド>
ビーズポケットマットレス 
97×202×92cm MH48(床からベッドマットレス上面までの高さ)
79,800

 

使いやすい2杯口引出しタイプ。

<シングルベッド>
ビーズポケットマットレス
97×202×76cm MH43
89,800

 

■SIMMONS

 

シモンズポケットコイルのスタンダードモデル。
レギュラータイプのコイル1.9mmを使用し、程良いボリューム感とクッション性があります。

マットレス6.5インチポケットマットレス(ゴールデンバリュー)
床板桐仕様 引出し2杯 三段レール
143×199×85cm フレームポプラ材
168,000

 

■座面下収納付コーナーLDセット

お客様の声を取り入れたというコンパクトにまとめた座面下収納が付いています。
※合成皮革張り

ソファ 幅120×高さ70×奥行72cm 39,800
カウチソファ 幅149×高さ70×奥行72cm 45,000
スツール 縦48×横48×高さ43cm 15,000
昇降テーブル 横105×縦75×高さ56/71cm 59,800円

地震に備えた
家具の配置換えにも対応

千葉県船橋市と千葉市に店舗を構える三咲家具には、地域密着の家具専門店ならではのサービスが多数あります。

特に親切・丁寧・安全をモットーにした、自社スタッフによる配送組立設置は好評。
一般家具の配送組立設置料は11,000円、小型家具は1500円です。
船橋市・千葉市全域はもちろん、柏市、野田市、市川市、浦安市などでも対応可能とのこと。

また、不要家具の引取りも無料で行ってくれます(但し購入商品と同等品以外は有料 ※3,000円~)。 

最近需要が増えているのが、地震に備えたお部屋の家具配置換え
「ベッドの向きを変更したい」
「寝室に本棚があると心配なので他の部屋に移動したい」
「高齢になったので寝室を2階から1階に移したい」
といった相談が多いそうです。
なんと、三咲家具で購入した家具でなくてもOK
料金もベッドの向き変更で5,000円と良心的です。

更に家具の修理にも対応しており、メールで画像を送付すれば無料で見積もりをしてくれます。
(宛先:船橋本店 info@misakikagu.co.jp/宮野木店  miyanogi@misakikagu.co.jp

 

こうしたサービスを行っているのも、やはり「より良い生活をしてほしい」「良い家具を長く使ってほしい」といった思いからだといいます。

購入後も頼りにすることができる、親身になってくれるという点は、地域の家具屋さんで家具を購入するメリットといえるのではないでしょうか。

※記事中の価格はすべて税込です。

■ちいき新聞web限定特典
三咲家具船橋本店または宮野木店にて、この画面を携帯で表示した方に、運動会や行楽シーズンに大活躍の保冷バッグをプレゼント!

※2018年9月21日(金)~なくなり次第終了。
※1組様につき1つまで。
※写真はイメージです。色は選べません。

 

三咲家具

船橋本店
住所/千葉県船橋市二和東2-4-1

営業時間/930分~19
定休日/年中無休(1月1日・2日はお休み)

駐車場/150台(無料)
電話番号/047-448-2101
アクセス/新京成線 三咲駅より徒歩10

宮野木店
住所/千葉県千葉市花見川区朝日ヶ丘1-27-36
営業時間/930分~19
定休日/火曜日(1月1日・2日はお休み)
駐車場/20台(無料)
電話番号/043-273-0932
アクセス/
JR新検見川駅「北口」から京成バスで約10
「畑町東」バス停下車
JR稲毛駅「北口」から京成バスで約15
「さつきが丘団地入口」バス停下車
◆京葉道路 穴川インターまたは穴川十字路より車で約10

あわせて読みたい

あなたにオススメ

関連するジャンル・キーワード

チイコミ!プレゼントコーナー