両親や祖父母に教えたい
安心・安全・快適なシニア施設
「サンシャインヴィラ・守谷倶楽部」(茨城県)

この年まで頑張ってきたからこそ、両親には安心できる環境で老後を過ごしてほしい―。

そんな願いをかなえるのが介護付き有料老人ホーム「サンシャイン・ヴィラ守谷倶楽夢」。

広々とした明るい施設と手厚いサポートで、元気な方はもちろん介護が必要な方でも心穏やかに暮らすことができます。

■介護付き有料老人ホームとは

各都道府県から「特定施設入居者生活介護」の指定を受けた有料老人ホームのこと。

特定施設に入居している要介護者に対して、介護サービス計画に基づき、入浴、排泄、食事などの介護、その他の日常生活ならびに療養上のお世話、機能訓練などを行います。

充実&安心のサービス

豊富なレクリエーションやイベント、「食べる楽しみ」を重視した食事メニュー、買い物バスの運行など、入居者の生活を豊かにする工夫が随所に光ります。

 

大好評の食事メニュー

食事は入居者にとって「楽しみ」の一つ。

満足感を高めるため、毎食2種類のメニューを用意し、選べるようにしています。

厨房スタッフは入居者と積極的にコミュニケーションを取り、好みに合わせて使用する食材を変更、硬さを調節するなど一人一人に寄り添った食事メニューの提供を心掛けています。

 

春なら「たけのこの御膳」などちょっと特別な「イベント食」を週に1回提供。

 

レクリエーション&イベント

塗り絵やカラオケといったレクリエーションを日替わりで実施。

8月の「夏祭り」、12月の「クリスマス会」といった、入居者の家族も参加できる大きなイベントも開催しています。

特に5種類前後の手作りおやつや、季節ごとのフルーツが並ぶ月1回の「おやつバイキング」は、好きなものを食べられると好評です。

 

今年の夏祭りでは「東京ねぶた連合會」協力の下、お囃子や跳人(はねと)で大盛り上がり!

和菓子、洋菓子に季節のフルーツが楽しめる「おやつバイキング」。

 

安らぎを感じる施設

広々として清潔感あふれる共有スペース。

1Fの「食堂(兼機能回復室)」や2Fの「談話(兼機能回復室)」で遊びに来たお友だちや家族とゆっくりとおしゃべりを楽しむ入居者も多いそうです。

天井が高く開放感あふれる、お客様も気軽に招ける食堂兼機能回復室。

入居者の間で自然に始まった庭のお手入れ。
今では家庭菜園で実った旬の野菜や季節の花が目を楽しませてくれます。

ゆったりとしたスペースのお風呂。
普段は介護が必要な方のみが利用しますが、年に2回ほど全入居者が入浴できる開放日も。

気になる居室は…

部屋のタイプは4種類あり、そのうち2種類が介護付きワンルーム。
備え付けの家具はベッド(寝具)と冷暖房のみなので、使い慣れた家具や好みのインテリアでコーディネートOK!
入居前と大きく生活スタイルを変えることなく、自分らしい部屋でくつろぐことができます。

取材を終えて…

担当の方が話してくれた「居室は入居者さんの『家』という考えなんです」という言葉が印象的でした! 

プライバシーを尊重した環境の中、入居者一人ひとりが「自分らしく」過ごすことができそうですね。

 

医療法人社団みなみつくば会
介護付有料老人ホーム サンシャイン・ヴィラ守谷倶楽夢

※介護居室の入居者募集!

 

 

この記事を書いた人

ちいき新聞web編集S

ちいき新聞web編集S

千葉市生まれ、千葉市在住のアラフォー。編集プロダクションなどを経て「ちいき新聞」編集部へ。甘いものとパンと漫画が大好き。私生活では5歳違いの姉妹育児に奮闘中。

ちいき新聞web編集Sの記事一覧へ

あなたにオススメ

関連するジャンル・キーワード

チイコミ!プレゼントコーナー