【ママコーデ】秋ファッションのコツ
カラーと小物使いで無理せずオシャレに

こんにちは。ファッション担当のラボママRIKAです。

 

猛暑続きと思っていたら、朝夕は涼しい風が吹き、気がつけば秋の虫の音色に耳を傾けているこの頃です。

季節の変わり目は着るものが難しく感じませんか?

簡単な秋のファッションの取り入れ方をご紹介します!

 

①カラーで魅せる

いちばん気軽に秋を取り入れられるのは色。

秋色と言われている黒や茶を混ぜたような色味をチョイスしましょう。

例えば、同じイエローでも「レモンイエロー」ではなく「マスタードイエロー」という風に落ち着いたカラーを選びます。

特に、キャメルやボルドーなどのこっくりとした深みのある色は、秋のイメージが数段にアップしますよ。

 

②小物でプラス

無理に全身を秋服にチェンジしなくてもワンアイテムから秋の雰囲気を楽しむ事もできます。

「オシャレは足元から」なんて言葉がありますが、サンダルをやめてパンプスやブーティーにチェンジ。
オシャレ上級者の方はスエード素材、ファー付きのデザインなどでより季節感が演出できますよ。

ウール素材の帽子、カラータイツ、ストールなどのワンアイテムでも秋らしさが増すのでオススメです。

③首元を隠す

ノースリーブのニットでもハイネックだと秋らしく見えませんか?

似た様な物でタートルネック、ボトルネックなどさまざまなデザインがあります。

首が隠れるという部分では同じですが、簡単にそれぞれの違いをご説明します。

ハイネック(意味・高い)→首にそって高くなった襟で、折り返しがないもの 

タートルネック(意味・亀)→首の襟部分が長く、折り返しのできるもの 

ボトルネック(意味・瓶)→ハイネックよりも短く、折り返さない襟のもの 

 

スカーフやストールを使っても華やかに首元を隠す事ができ、女性らしさもアップしますので試してみてください。

 

 

まだ残暑が厳しいと思うので、汗をかいても気持ちよく過ごせる素材を選ぶ事やインナーでの調節も大事だと思います。

 

私の今日のコーディネートは、秋色のコットン素材のTシャツにネイビーのデニム、スエードパンプスにスカーフを巻きました。

 

 

ぜひ、参考にしてみてくださいね。秋のオシャレを楽しみましょう!!

 

関連するキーワード

この記事を書いた人

RIKA

RIKA

千葉市在住。モデル、レースクイーンで活躍後、大手アパレル会社にて8年勤務、社内スタイリングコンテストで入賞歴あり。現在は二児のママ。

RIKAの記事一覧へ

あなたにオススメ

チイコミ!プレゼントコーナー