【ミニマリスト阪口ゆうこコラム】
“持たない”暮らしで毎日笑顔vol12
~最後に手に取ったのは一体いつ?~

こんにちは。阪口ゆうこです。

12回目の今回は初心に戻って阪口ゆうこの片付け方をお教えします。

 

片付けを始める前に、まずどんな暮らしがしたいかを考えます。

理想で頭がいっぱいになってモチベーションが満タンになったら、いざ対決の時! 

片付けたいスペースの中にあるものを全て出して、何がどれだけ入っていたかをじっくり見て把握するのじゃ!

最後にいつ触ったかが分かる物と、最後にいつ使ったかが定かではない物に分けながら出すのがお約束

出し終わったらスッカラカンになったそのスペースを掃除しましょう!

そして最後に触れた日が把握できている物の中で、一番重要なものから片付けていきます。

重要なものからどんどん納めていって、あら♡いい感じ!と思ったところでストップ! 

私のストップ基準は、両手が入る出し入れのしやすさと何より見た目の整ってる感。

まだスペースが十分にあれば、最終使用日が不明の品も入れてもええかもです。

 

でもね、みんな考えてみましょう。

最後に手に取った時期が不明な物って愛情も必要もないようなかわいそうな物が多いです。

まだ使えるのに捨てるなんてもったいない! ではなく、使ってないのに置いておくなんてもったいない。

物は使ってなんぼ。コレ、阪口の原点です。

 

カトラリーも必要なものだけを厳選すればこの通り!

関連するキーワード

この記事を書いた人

阪口ゆうこ

阪口ゆうこ

ミニマリスト・コラムニスト・整えアドバイザー・主婦(二児の母)。ゆるい暮らしを好むゆるいミニマリストとしてブログや雑誌などで活躍中。
【ブログ『HOME』】http://sakaguchiyuko.blog.jp/

阪口ゆうこの記事一覧へ

あなたにオススメ

チイコミ!プレゼントコーナー