【千葉・埼玉の週末おでかけ情報】
8月4日(土)・5日(日)、8月10日(金)・11日(土)・12日(日)

「今週末何をしよう?」…明日の予定がまだ決まっていないという方、まだ間に合います!!

「ちいき新聞」で紹介された千葉と埼玉の週末おでかけスポット・イベント情報をご紹介♪

※ちいき新聞は、千葉と埼玉と茨城の一部で発行するフリーペーパーです。

 

 


<目次>
 

・8月12日(日)まで WBSC 世界女子ソフトボール選手権大会(千葉県千葉市、成田市、習志野市、市原市)

・8月4日(土) ジャズ・フェスティバルinとみさと (千葉県富里市)

・8月5日(日) 我孫子サイエンスカフェ(千葉県我孫子市)

・8月10日(金)・11日(日) マクハリ的粋祭り2018(千葉県千葉市美浜区)

・8月10日(金) 約60m1000食の「流しそうめん」(埼玉県さいたま市岩槻区)

WBSC世界女子ソフトボール選手権大会

世界の女子ソフトボール強豪チームが、この夏千葉に集結。2020 年開催、東京オリンピックへの出場権を懸けて、県内4カ所で繰り広げられる熱い戦いが見逃せない。

千葉県民に、世界レベルの試合が間近で見られる絶好のチャンスが巡って来る。

WBSC世界女子ソフトボール選手権大会

(勝利を誓う)

日本開催は静岡以来20年ぶり

1998年の静岡会場以来、20年ぶりに日本を舞台として開催される世界女子ソフトボール選手権大会は、世界野球ソフトボール連盟(WBSC)主催のソフトボール世界一決定戦。

第1回大会(1965年)から第12回大会(2010年)までは4年に1回であったが、2008年の北京五輪後は2年ごとに開催されるように。

今回の大会は、2020年東京五輪の追加種目になった野球・ソフトボール競技の前哨戦となり、各大陸の予選を通過した16カ国・地域の女子代表チームが千葉にやって来る。

 

「オール千葉」を合言葉に千葉県で開催

今回開催地に千葉県が選ばれた理由は、県内4市(千葉市・成田市・習志野市・市原市)で試合を行う「オール千葉」という提案が高く評価されたこと。

見どころは、日本を除く最上位チームは東京五輪の出場権獲得、北京五輪で日本に初の金メダルをもたらした上野由岐子投手の活躍、そして参加チーム数16という大規模な大会であること。また大会を盛り上げるため、上野選手をはじめ宇津木麗華監督や、千葉県ゆかりの市口、濱村選手ら5人のサイン入りオリジナルボール付き日本代表応援チケットも発売。

各チームの選手たちは順次、県内各市町村に事前キャンプのため来日する(ニュージーランド/市原市、イタリア/市川市など)。

また日本戦は全試合、テレビ東京のゴールデンタイム(19時〜22時)で生中継の予定。

日本チームは、4月16日から白×ゴールドの新ユニホームに一新、ますます活躍への期待と大会へのムードが高まる。この夏は、地元・千葉で選手たちに熱いエールを送ろう。 (みんみん)

 

開催期間/~8月12日(日)

場所/ZOZOマリンスタジアム(千葉市)、ナスパ・スタジアム(成田市)、第一カッター球場(秋津野球場・習志野市)、ゼットエーボールパーク(市原市)

試合スケジュール/
予選リーグ : ~8月8日(水) 
決勝トーナメント : 8月10日(金)~12日(日)
チケット販売ほか詳細はHPにて 

 

トップへ戻る

第25回ジャズ・フェスティバルinとみさと

日米高校生の共演が話題。富里の熱い夏の一日ジャズフェスが開催される。

 

富里の熱い夏の一日 ジャズフェス

真夏の8月4日(土)、今年で25回目となるジャズ・フェスティバルが開催される。

今回は2年ぶりとなる指導者ポール・コントス氏率いるモントレー・ジャズ・フェスティバル・ハイスクール・オールスター・ビッグバンド( 全米選抜高校生)総勢21人が来日する。

千葉県立富里高校ジャズオーケストラ部(以下、ジャズ部)指導者で、プロのトランペット奏者の篠原正樹さんは、フェスティバルの見どころを「ジャズ部と全米選抜高校生との共演、スペシャルゲストの世界的ジャズピアニスト椎名豊氏、プロクラシック演奏家10人によるジャズブラスアンサンブルの登場にも注目してほしい」と熱く語った。

 

ジャズに懸ける高校生の思い

ジャズ部の愛称「ザ・マッド・ハッターズ」は創部32年目、現在の部員数は35人。

県内で唯一のジャズオーケストラ部ということもあり、人気の部活動だ。

部長を務めるトランペット奏者の森下さんは、「3年生最後のステージ。部員の気持ちを一体にして、成功させたい」とジャズフェスへの思いを話す。

そして、親子2代でジャズ部の部員という生徒が2人! その内の一人、トロンボーン奏者の2年生、大木さんは「アメリカの人たちとの交流もあるので、英語を勉強して楽しんで演奏したい」と笑顔を見せた。

顧問を務める秋山真一教諭は「フェスティバル前日には、ポール・コントス氏やプロの演奏家、全米選抜高校生によるワークショップが開催されます。生徒たちがたった1日で一皮むける進化に今年も注目したい」と目を細めた。 (A・T)

 

日時/8月4日(土) 13時半~(午後1時開場)

場所/富里中央公民館(富里市七栄652‐1)

料金/一般前売1,000円(当日券1,200円) 高校生以下500円 小学生以下無料
※前売券は電話予約可能 ※当日券は正午から販売

電話番号/0476(93)1118  富里市総務部企画課

 

トップへ戻る

第45回我孫子サイエンスカフェ

ウニはすごい、バッタもスゴイ、われわれもすごい。

「ゾウの時間ネズミの時間」「生多様性」などのベストセラーを多数著作、生き物の世界を分かりやすく教えてくれる本川達雄氏の講演会が開催される。

第45回我孫子サイエンスカフェ

(長いトゲが特徴のガンガゼウニ)

 

生き物について楽しく学ぼう

「ナマコは動きもせず海の浅瀬にいるのに他の動物に食べられない」や「バッタは毎日飛んでも足が折れない」など、ユニークな視点から生き物について楽しく教えてくれる、東京工業大学の名誉教授で生物学者の本川達雄氏が、今回の講演会の講師だ。

本川氏は主にウニやナマコなどの棘皮動物研究の第一人者。

「ナマコには脳や心臓がなくあまり動かないのに、他の魚に食べられることなく生きている。そして子孫繁栄できているのは、種としては成功者だ」という。

さらに、ナマコの生態はとても省エネで、「ムダを一切なくした体のつくりをしている」とも話す。

また、バッタなどの昆虫は、動物の種の数の7割以上を占めていて、クチクラという皮膚を持つ。このクチクラは柔軟性があり鉄よりも丈夫なため、バッタは毎日飛んでも足が折れずに済んでいるという。

このような生き物の特徴について、本川氏は歌いながら楽しく教えてくれるので「歌う生物学者」とも呼ばれている。

 

多種多様な生き物が不可欠

多くの種を持つ昆虫だが、中には人間に害を与える昆虫も存在する。

だからといって排除してしまうのは好ましくない。それは人間の身勝手な行為であり、昆虫はただ自分の身を守っているだけだからだ。

「人間の生活には多種多様な生き物が不可欠である。衣食住を見ても、衣類の素材の絹は蚕、ウールは羊から取れ、食は鳥豚牛魚をいただき、住には木を使っている。動植物がたくさんいなければ、私たちは生きていくことができないのだ。今の時代、自分の好きな物事だけに目を向けがちだが、嫌いな物事についても目を向けて共存していくことこそ、豊かな生活が送れる」と本川氏は語る。

昆虫が苦手な人も、研究すると今まで気付かなかった面白い発見があるかもしれない。本川氏の生き物の面白い話と楽しい歌を聞きに家族で足を運んでみては。 (シュリ)

 

我孫子サイエンスカフェ

日時/ 8月5日(日) 13時半~16時半

場所/天王台北近隣センター 多目的ホール(我孫子市柴崎台2-15-8)

料金/一般1,000円 学生(小学生~高校生)300円、家族割引500円(同伴家族2人目から)※飲み物・お菓子付き

電話番号/0297(82)3070 福元(19時~22時)

メール/abikoscience@ybb.ne.jp

 

 

トップへ戻る

マクハリ的粋祭り2018

昨年幕張メッセで初開催され、3 千人が訪れたイベント「マクハリ的粋祭り2018」が、地域住民の身近な祭りを目指して今年も開催される!

 

マクハリ的粋祭り2018

 

千葉の酒蔵の味を飲み比べる機会に

幕張地区の住民はもちろん、ビジネスマンなどが集まり、夏の熱さを日本酒で吹き飛ばした粋祭りから1年。

今年も、開催は幕張メッセの正面広場。もちろん入場無料なので、晩ご飯がてらに家族でもふらりと訪れやすいイベントだ。

この粋祭りの一番の目玉は何といっても日本酒の品ぞろえ。

幕張メッセの土屋さんは、「千葉には実はたくさんの蔵元があります。ぜひ知ってほしい!という思いでこのイベントが始まりました。地域をバックアップしていきたいと思っています」と話す。

日本酒は飯沼本家による「甲子」、寒菊銘醸による「総乃寒菊」など千葉県内8社が出店。

すべて1杯300円で提供されるため、気軽に飲み比べができるのがうれしいところ。

今年は幕張のクラフトビールを作っている幕張ブルワリーも初出店する。

食事も千葉にこだわり、勝浦タンタンメン、千葉県産おおまさりのゆで落花生などがそろい、酒も食も千葉を堪能する日になりそうだ。

 

手ぶらで気軽に浴衣体験も

この祭りのもう一つの目玉は、会場で着られる浴衣がレンタルできる点(大人用のみ。事前予約制)。

しかも、一式レンタルから着付けまでが1500円というのだから見逃せない。土屋さんは「手ぶらで来てもらい、その場で着替えて気軽に楽しめる企画です。浴衣を着ることで祭りの雰囲気も堪能でき、気分もさらに華やぎますよ」とのこと。

男性用の浴衣もあるので、夫婦やカップルで浴衣デートをするのも一興だ。

他、ステージでは松戸出身の落語家月の家小圓鏡など千葉にゆかりのある人々が祭りを盛り上げる予定。

海風に吹かれる夏の夕暮れに、千葉県の味を堪能しつつ気持ちの良いひとときを過ごそう。 (いくら)

 

日時/8月10日(金)・11日(土)17時~19時

場所/幕張メッセ 正面広場(千葉市美浜区中瀬2-1)

【浴衣着付け・レンタル】 和Style 粋祭り特別価格1,500円

予約先電話番号/043(304)5177
※予約時に「粋祭り」とお伝えください
※注意事項 着付け含む。レンタル品は浴衣・帯・女子浴衣下・帯板・伊達(だて)締め・ひも・(男子)ステテコ、下駄。 持ち込みも可(着付け1,500円)。ヘアは自分で(鏡・くし・ピン・ 髪飾りは用意あり)

 

 

トップへ戻る

約60m1000食の「流しそうめん」

今年で6回目を迎える、目白大学の夏の恒例イベント。地域の人々と学生たちとの交流を目的に、学内の竹を使った流しそうめんが行われる。

 

埼玉県さいたま市岩槻区の目白大学で、約60m1000食の「流しそうめん」

 

学生たちが地域の皆さんをおもてなし

大学のキャンパスは、学生や職員など限られた人だけが出入りする場所。近くにあっても、どんな学生がいて、何を学んでいるのかを地域の人たちが知る機会は少ない。それは学生たちも同様だ。

そこで夏休み期間にお互いに交流できる場を、と企画されたのが「流しそうめん」。学内に竹林があること、キャンパス内の大階段が流しそうめんに好条件だった。

竹を切ることから始まる手作りのコースは約60m! 1000人前のそうめんが用意され、参加は無料。昨年は400人が訪れ、年々人気を集めている。

 

「地域社会で生きる」の受講生たちが運営

運営の中心を担うのは、授業科目「地域社会で生きる」を履修する学生約130人とボランティアスタッフ。

今年新開講の授業で、「さまざまな角度から岩槻の現状や課題を理解し、地域住民とコミュニケーションを取れるようになること」を目標の一つに掲げる。

準備作業に参加していた看護学部1年生の小川さんは、「岩槻高校出身ですが、岩槻のことをよく知らなかった。

『岩槻を盛り上げたい』という講師の人たちの講義が興味深く、もっと岩槻を知りたいと思います。イベントで皆さんと交流したいです」と楽しみにしている。

 

スイカ割りなどお楽しみもいっぱい

家族向けの畳エリアや貸し切りレーンも用意。その他、野菜販売の出店や学生企画ブース、子どもに人気のスイカ割りなどお楽しみ企画がめじろ押しだ。

竹をリサイクルして学内で作った竹炭の配布も毎年好評。流しそうめんは申し込み不要だが、10人以上の団体は事前に連絡を。 (信太)

 

日時/8月10日(金) ※雨天決行、荒天中止 11時~14時(受け付け10時半~)

場所/目白大学さいたま岩槻キャンパス(さいたま市岩槻区浮谷320)

料金/無料

電話番号/048(797)2170

メール/sakurai@mejiro.ac.jp  保健医療学部言語聴覚学科 櫻井

 

 

トップへ戻る

関連するキーワード

この記事を書いた人

ちいき新聞レポーター

ちいき新聞レポーター

地域に密着してフリーペーパー「ちいき新聞」紙面の記事を取材・執筆しています。

ちいき新聞レポーターの記事一覧へ

あなたにオススメ

チイコミ!プレゼントコーナー