柏・手賀の丘公園にオープンしたキャンプ場・RECAMPしょうなんで楽しむ“ローカルキャンプ”とは?

「今度の週末は自然の中でキャンプしたい!でも遠出するのはちょっと…」。

「新しい生活様式」の実践が求められる中、アウトドアやレジャーはどのように楽しめば良いのか、悩ましいところですよね。

千葉県柏市の手賀の丘公園内にオープンしたキャンプ場「RECAMPしょうなん」を運営するRecampは、withコロナ時代の新たなアウトドアの形として、「ローカルキャンプ」を提案しています。

ローカルキャンプとは、住んでいる地域にあるキャンプ場でキャンプをすることで、地域の魅力を知り、地元を楽しむというもの。

そこで今回は、千葉県内や首都圏からアクセスしやすい立地と、豊かな自然が共存していると話題のRECAMPしょうなんで、ローカルキャンプの楽しみ方を教えてもらいました!

ちいき新聞では、新型コロナウイルスに負けず新たな挑戦をするローカル企業・お店を応援しています。ちいき新聞webで紹介してほしい新たな取り組みがあればこちらまでお問い合わせください。※紹介可否は弊社内規定にて決定します。

<目次>

・手賀の丘公園で本格的なキャンプができる!RECAMPしょうなんとは?

・デイキャンプ区画も充実 用途で選べる多様なサイト

・授乳室あり! 最新の設備で快適キャンプ

・withコロナ時代に安心して楽しめるキャンプ場

・キッズたちも自然の中でのびのび 全力でアスレチックを楽しもう!

・まとめ

手賀の丘公園で本格的なキャンプができる!RECAMPしょうなんとは?

じゃぶじゃぶ池や恐竜のすべり台が有名な手賀の丘公園に、一度は遊びに来たことがあるという方も多いのではないでしょうか?

手賀の丘公園のキャンプ場

そんな手賀の丘公園内のキャンプ場とバーベキュー場が、2020年6月にRECAMPしょうなんとしてリニューアルオープンしました! 全国のキャンプ場開発を手がける株式会社Recampが管理運営しています。

手賀の丘公園の地形や豊かな自然、アスレチックなど人気の設備は生かしながら、本格的なキャンプが楽しめる空間に生まれ変わったのです。

手賀沼のすぐそばという素晴らしいロケーションが注目されて、オープン直後から週末は地元のファミリー層を中心に大盛況だったのだとか!

早速、RECAMPしょうなんの魅力と楽しみ方を見ていきましょう。

 

トップへ戻る

デイキャンプ区画も充実 用途で選べる多様なサイト

手賀の丘公園のキャンプ場

RECAMPしょうなんには、キャンプの用途に合わせて選べるさまざまなタイプの区画があります。

初心者でも挑戦しやすいデイキャンプサイト、車が横付けできるオートサイト、手賀沼が一望できるビューサイトなど、自身のキャンプ経験や季節によって好きなサイトが選べるのです。

手賀の丘公園のキャンプ場

もともとはバーベキュー場だった管理棟横のエリアは、日帰りキャンプが楽しめるデイキャンプサイトに生まれ変わりました。

テーブルとイスを備えた区画もあり、ピクニック気分で気軽に利用していく方も多いのだそうです! もちろんテントサイトもあります。

手賀の丘公園のキャンプ場

ここが柏市なの?と疑ってしまうくらい自然が豊かな森の中のキャンプサイトは、夏でも涼しく快適に過ごせます。うっそうとした木々や鳥の声に包まれて、非日常感を味わってみてはいかがでしょうか。

手賀の丘公園のキャンプ場

こちらは手賀の丘公園のキャンプ場設備をそのまま利用した、桜の森キャンプサイト。その名の通り桜の木に囲まれたエリアで、春には満開の桜に囲まれてお花見キャンプを楽しむことができるんですよ!

 

トップへ戻る

授乳室あり! 最新の設備で快適キャンプ

手賀の丘公園のキャンプ場

炊事場・ゴミ置き場・女性専用パウダールームは、新設されたおしゃれなトレーラーハウスの中に設けられています。

授乳室も備えたパウダールームは、エアコン完備でオールシーズン快適に利用できる仕様。キャンプ初心者から上級者まで、安心して過ごせる充実した設備が魅力です。

手賀の丘公園のキャンプ場

炊事場もトレーラーハウスの中に。手賀の丘公園の緑を見ながら利用できる開放的な雰囲気です。

手賀の丘公園のキャンプ場

男女別のシャワールームは、管理棟の2階に新設しました。シャワールームにはドライヤーも備え付けてあります。手荷物を最小限に抑えたいファミリーにとってはうれしいポイントですよね!

また、RECAMPしょうなんから車で10分圏内には人気のスーパー銭湯「天然温泉満天の湯」があります。岩盤浴やサウナも楽しめるので、そちらを利用するユーザーも多いのだそうです。

 

トップへ戻る

withコロナ時代に安心して楽しめるキャンプ場

屋外で楽しむアウトドアレジャーといえど、ソーシャルディスタンスや衛生面が気になる…というファミリーも多いはず。

RECAMPしょうなんでは、キャンプディスタンスを保つための感染拡大防止に向けた取り組みを行っています。

キャンプディスタンスとは、人と人、人とモノ、人と自然の距離を適切におき、対象に思いやりのある行動を行うことによって、持続可能で安全なキャンプ体験をするためのマナーです。

キャンプ場のソーシャルディスタンス
  ▲Recampの取り組み

入場時の検温実施やパブリックスペースでのマスク着用喚起など、新型コロナウイルスの感染対策には余念がありません。

手賀の丘公園のキャンプ場

チェックインは、管理棟2階のフロントで。フロントが密になることを避けるため、チェックインは基本的にグループの代表者一人で行ってもらえるようお願いしているのだそうです。

不特定多数の人が触れた現金の受け渡しも、なるべくなら避けたいところ。RECAMPしょうなんの利用料金は、オンライン予約時に事前決済できます。

レンタル品や物販など、当日フロントで精算が必要な場合は、キャッシュレス支払いを積極的に受け入れています。

手賀の丘公園のキャンプ場

キャンプ中には、他人と水回りを共有することはどうしても避けられませんよね。RECAMPしょうなんでは、炊事場やシャワールーム、トイレなどのパブリックスペース各所に除菌用アルコールを設置中! キャンプ場利用者なら誰でも自由に使うことができます。

サイト同士の間隔も、当初予定していたよりも大幅に広げました。一番小さなデイキャンプサイトでも、1区画あたり5m×5mの25㎡と広々した空間です。隣の区画と充分に距離を取っているので、無理なくソーシャルディスタンスを守れます。

また、炊事場の混雑を解消する取り組みも実施中です。食材の準備や調理はできる限り自分のテント内で終わらせ、炊事場に滞在する時間をなるべく減らしてもらえるよう呼びかけているといいます。

手賀の丘公園のキャンプ場

マップなど、物品の受け渡しも極力減らしました。チェックイン時には、従来の紙のマップではなく二次元コードを配布しています。

この二次元コードをスマートフォンで読み込むと、場内マップ・キャンプ場の利用方法など、必要な情報をいつでもスマートフォンから確認することができるようになります。感染予防の観点だけではなく、不要な荷物やゴミが減らせて便利、と利用者からは大好評なのだとか!

このようにRECAMPしょうなんは、人と人との直接的な接触を最小限に抑えつつ、誰もが不自由なく快適にキャンプを楽しめる工夫をしながら運営しています。

 

トップへ戻る

キッズたちも自然の中でのびのび 全力でアスレチックを楽しもう!

手賀の丘公園のキャンプ場とアスレチック

子どもに大人気の手賀の丘公園のアスレチックは、キャンプ場に生まれ変わってからももちろん健在です! 全部で15種もあるユニークなアスレチック、全部クリアできるかな?

手賀の丘公園のキャンプ場とアスレチック

こちらは、頂上で鐘を鳴らすことができる「森のお城」という大型アスレチック。非日常感のある森の中のアスレチックに、キッズたちは喜ぶこと間違いなし!

実際に、RECAMPしょうなんは小さな子どものいるファミリーの利用が非常に多いそうです。大人から子どもまで、家族全員がのびのび楽しめるキャンプ場といえますね。

自然あふれる手賀の丘公園の敷地は26ヘクタールと広大なので、隅から隅まで探検してみるのも楽しいですよ。

手賀の丘公園のキャンプ場

ゆらゆら揺れるスリル満点なつり橋や、公園のランドマーク的存在である恐竜のすべり台もぜひ楽しんでおきたいところ。なお、例年夏季限定でオープンするじゃぶじゃぶ池は、残念ながらコロナの影響で2020年は閉鎖中です。

 

トップへ戻る

まとめ

手賀の丘公園にオープンしたRECAMPしょうなんは、豊かな自然に囲まれながらも、千葉県内をはじめとした首都圏から気軽に訪れやすい立地が魅力のキャンプ場です。

近隣には「天然温泉満天の湯」「道の駅しょうなん」「手賀沼フィッシングセンター」などのレジャー施設が多数あり、季節によってイチゴなどのフルーツ狩りも楽しめます!今後は、近隣のレジャー施設とより一層協力し、手賀沼周辺エリアを盛り上げていきたいのだそう。

withコロナ時代に突入し、近場で楽しめるアウトドアレジャーが注目されています。今年の夏は、RECAMPしょうなんが提案するローカルキャンプで地域の魅力を再発見してみてはいかがでしょうか?

RECAMPしょうなん

住所/千葉県柏市片山275(手賀の丘公園内)

問い合わせ/https://www.recamp.co.jp/blank-8

ご予約はこちらから

FacebookInstagram

 

トップへ戻る

関連するキーワード

この記事を書いた人

ちいき新聞web編集部

ちいき新聞web編集部

千葉在住の編集メンバーが、地域に密着して取材・執筆・編集しています。 明日が楽しくなる“千葉情報”をお届けします!!

ちいき新聞web編集部の記事一覧へ

あなたにオススメ

チイコミ!プレゼントコーナー