【千葉・埼玉の週末おでかけ情報】7月21日(土)・7月22日(日)・7月28日(土)・7月29日(日)

今週末何をしよう?」…明日の予定がまだ決まっていないという方、まだ間に合います!!
「ちいき新聞」で紹介された千葉と埼玉の週末おでかけスポット・イベント情報をご紹介♪

※ちいき新聞は、千葉と埼玉と茨城の一部で発行するフリーペーパーです。


<目次>
 

7月14日(土)~9月24日(月・休) 千葉県立中央博物館恐竜ミュージアムinちば(千葉市)

・7月21日(土)、22日(日) 第40回「市川ほおずき市」(市川市)

・7月29日(日) 音楽フェスタ(柏市)

・7月29日(日) プサルタリーミュージック(越谷市)

・7月28日(土)の花火大会(越谷市、浦安市、千葉市)

2018年度特別展
千葉県立中央博物館
恐竜ミュージアムinちば

息をのむような迫力に心をグッとつかまれる、巨大な恐竜2体の実物全身骨格が中央博物館にやって来る。

恐竜にまつわるあれこれをマンガで楽しく学べるコーナーも充実。恐竜ファンならずとも知的好奇心を大いに刺激される恐竜展だ。

 

マイアサウラの実物全身骨格(所蔵:国立科学博物館)

 

大迫力! 恐竜の実物全身骨格が展示

体長が6.5mある大人のマイアサウラと、4.6mある子どものカマラサウルスの実物全身骨格が展示されるというこの企画。

ともに20〜40年ほど前に北米で発見されたもので、太古からの時を経て、この中央博物館に姿を見せる。

「マイアサウラは日本に1体、子どものカマラサウルスは世界に1体しかない貴重なものです」と担当する千葉県立中央博物館主任上席研究員の伊左治鎭司さん。

カマラサウルスのコーナーには、大人の頭骨や歯も合わせて展示される予定。成長する

と体長が23mほどにもなるといわれているカマラサウルスのその巨大さを実感することができそうだ。

 

マンガの解説パネルで恐竜博士に!?

 

「恐竜について皆さんに気軽に知っていただけるように、恐竜マンガも描かれているマンガ家の森本はつえさんに依頼して、解説マンガを描き下ろしていただきました。お子さまだけでなく大人の方の好奇心も刺激する楽しい内容になっています」と伊左治さん。

マンガのテーマは展示に合わせ、恐竜の歯や爪、大人気の恐竜ティラノサウルス、県内で発見された白亜紀の化石など。

森本さんのマンガにも登場する、ティラノサウルス・トリケラトプスといった個性たっぷりの恐竜キャラクターたちが楽しく紹介してくれる。

この他、スタンプを押して答え合わせをするクイズコーナーや、恐竜の絵を描くイベントなども予定されている。

伊左治さんは、「ぜひこの機会にかっこいい恐竜たちを見に来て、実物を見る感動を体験してください。

そして恐竜の最新の知識を楽しく学んでいただけたらうれしいです」と話す。(しーまゆ)

 

日時/7月14日(土)~9月24日(月・休)
午前9時~午後4時半(入館は午後4時まで)
※9月3日(月)、10日(月)、18日(火)は休館
場所/千葉県立中央博物館(千葉市中央区青葉町955-2)
料金/一般800円、高校生・大学生400円
※65歳以上・中学生以下は無料
電話番号/043-265-3111(同博物館)

トップへ戻る

たくさんの屋台巡りも楽しい
第40回「市川ほおずき市」

市川の夏の風物詩としてすっかり定着した「市川ほおずき市」が7月21・22日に手児奈霊神堂で開催される。

 

風鈴の音も涼しげ

 

2日間で4万人が訪れる

歴史をさかのぼれば、1979年に「お祭りで地域を盛り上げよう」と、浅草に次いで市川でもほおずき市が企画された。

そして、ほおずき市にふさわしい場所として手児奈霊神堂が選ばれて開催されるようになり、今年で40回目を迎えることとなった。

例年、ほおずき市が行われる2日間で約4万人が訪れ、地元の小中学校の在校生や卒業生、家族連れでにぎわっている。

鮮やかな赤い実をつけたほおずきの鉢が販売される他、手児奈太鼓の演奏が行われ、地元商店会による焼き鳥、焼きそば、たこ焼きなどの屋台も並ぶ。

 

幽玄な美しさの灯籠流し

 

見どころの一つは「灯籠流し」。21日(土)の午後7時から、火をともした灯籠が真間小

学校前の手児奈橋から真間川に流されていく。

「日が落ちて暗くなる宵から灯籠流しが始まり、先祖の霊を供養するために川に灯籠が浮かべられます。

橋の上からは弘法寺の僧侶の方々の読経が響き渡り、川の水に揺らめく明かりが幻想的ですね」と、市川ほおずき市実行委員会の関係者は話していた。

灯籠流しは21日の午後4時から午後5時ごろに、手児奈霊神堂境内稲荷神社社務所と真間小学校の校庭で申し込みができる(有料/1口1,000円)。

ほおずき市の風鈴の音と、灯籠流しの読経の声に癒やされに、足を運んではいかがだ

ろうか。 (森真希)

 

日時/7月21日(土)・22日(日)
21日 正午~午後9時ごろ
22日 午前10時~午後9時ごろ
※雨天決行
場所/手児奈霊神堂境内(市川市真間4-5-21)
電話番号/047-377-1011 市川ほおずき市実行委員会事務局(市川商工会議所内)

トップへ戻る

生涯現役ときわ会
創立25周年記念
音楽フェスタ

「生涯現役ときわ会」は、高齢社会の中で、心身ともに健康で生きがいに満ちた生涯を送りたいという考えを実践しようと1993 年4月に発足したボランタリーグループ。

7月29日(日)に「音楽フェスタ」を開催する。

 

出演するPasso a Passo

 

創立25周年を記念する音楽フェスタ

「音楽フェスタ」は同会創立25周年を記念して行われる。出演は、柏市を拠点に世界で活躍する和太鼓グループ「呼魂太鼓」、クラシックからジャズ、コメディー要素も取り入れた曲が好評の、市立柏高校出身の管楽器デュオ「Passo a Passo」、さまざまなイベントに出演し、根強いファンも多い松戸のジャズバンド「松戸スウィングセピア」、そしてときわ会の混声合唱団「フレンドリーシンガーズ」の4団体。

「フレンドリーシンガーズ」は1995年6月に発足し、これまでに5回の演奏会を開催している。

指導者の大門康彦氏の下で練習に励み、楽しく歌うことをモットーとしている。

仲間づくりと社会貢献を推進

同会は、趣味(俳句、写真)・学習(郷土史、歴史)・スポーツ(ゴルフ、卓球)・ボランティア(特別養護老人施設の支援)など、20ものグループによる活動を多彩に展開。

また、講演会・ピアノ演奏による歌の集い・ボウリング大会など全員参加での活動も行っている。

その他にグループの活動展・作品展、大災害や地域福祉活動などへの募金や献金活動も行われ、東葛地域を中心に約300人が在籍。

「出会い、ふれあい、そしてふるさと」を合言葉に、会員同士の輪を広げた仲間づくりと社会貢献を推進していくことを目的としている。

「ときわ会ならではのバラエティーに富んだ演奏会を企画しました。ぜひ、皆さまに楽しんでいただきたい」と同会代表の逸見さん。 (あやめ)

 

日時/7月29日(日)午後2時開演(午後1時30分開場)
場所/アミュゼ柏クリスタルホール(柏市柏6-2-22)
料金/980円(全席自由・要申込)
電話番号/090-2412-7896

トップへ戻る

心安らぐ音色で奏でます
プサルタリーミュージックフェスタ

三角形の弦楽器、プサルタリー。その響きは美しく細やかな音色だ。

各種マスコミで取り上げられ、話題となっているプサルタリーの音楽祭がこの夏、越谷で初めて開催される。

フェスタではさまざまな弦楽器とのアンサンブルも(過去の演奏会の様子)

 

繊細で神秘的な音色のプサルタリー

プサルタリーとは、二等辺三角形の形をした、主に弓で弾く弦楽器。繊細で神秘的な音色が特徴だ。「日本の琴に近い楽器です。初心者でも良い音が出せるので、大人の習い事としても人気です」と話すのは、東越谷でギター教室を主宰し、プサルタリー普及協会埼玉支部長の能勢希(のせのぞみ)さん。

「プサルタリーミュージックフェスタ」では、プサルタリーを中心にクラシックギターやハープ、バンジョーやウクレレとのアンサンブルや、能勢さんはフォークギターによる弾き語りも披露。

「中島みゆきさんの『糸』や、坂本冬美さんの『また君に恋してる』を歌います。最後の曲は当日のお楽しみに」。

前回、都内で開催した時は「楽しかった」「心が安らいだ」などの声が多数寄せられたという。初開催の越谷も、期待が高まる。

 

曲の雰囲気と音の良さを伝えられるよう

かつて能勢さんがギターを師事していた加藤誠さんが、けんしょう炎を患った。

そのとき「手を痛めずアンサンブルが楽しめる楽器を」とたどり着いたのが、指で弦を押さえずに軽い力で演奏できるプサルタリーだった。

その後、能勢さんもその音色に引かれていく。

繊細なタッチが要求されるなど演奏には苦労もあるが、観客の拍手喝采や、自身もこの音色に癒やされたり、音楽を通じて得られる感動は限りない。

「曲の雰囲気を大切に、音の良さを伝えられるよう心掛けています。多くの人にこの楽器の魅力を伝えていきたい。癒やしの音色をお楽しみください」と能勢さん。

会場には試奏コーナーも用意され、最後には小さなプサルタリーが当たる抽選会も予定されている。(あべちえみ)

 

プサルタリーミュージックフェスタ ~宇宙の響き
日時/7月29日(日)
午後1時~午後5時(予定)※午後0時30分~開場
場所/越谷市北部市民会館 劇場(恩間181-1)
料金/入場無料
電話番号/048-966-5495 プサルタリーの会 能勢

トップへ戻る

シーズン到来
7月28日開催の花火大会

この記事を書いた人

ちいき新聞レポーター

ちいき新聞レポーター

地域に密着してフリーペーパー「ちいき新聞」紙面の記事を取材・執筆しています。

ちいき新聞レポーターの記事一覧へ

あなたにオススメ

関連するジャンル・キーワード

チイコミ!プレゼントコーナー