ドライブインシアターが千葉市で開催! ソーシャルディスタンスな映画鑑賞

イオン幕張駐車場で開催されたドライブインシアター

車に乗ったまま映画が楽しめるドライブインシアター。

ソーシャルディスタンスを保ち、3密を避けた映画鑑賞ができるということで今注目されています。

2020年6月13日(土)、 14日(日)、イオンモール幕張新都心 南平面駐車場(千葉市美浜区)で開催された「CINEMATHEQUE -Drive-in Theater -」を取材しました。

 

ちいき新聞では、新型コロナウイルスに負けず新たな挑戦をするローカル企業・お店を応援しています。ちいき新聞webで紹介してほしい新たな取り組みがあればこちらまでお問い合わせください。※紹介可否は弊社内規定にて決定します。

<目次>

・新たな試みについて

・ドライブインシアターとは

・ドライブインシアターの楽しみ方

・まとめ

新たな試みについて

4月に政府が発令した緊急事態宣言により、新型コロナウイルス感染拡大防止のため、全国の映画館に休業要請が出されました。

自粛期間中、自宅で映画鑑賞をしておうち時間を過ごした人も多いと思いますが、やはり映画館のスクリーンで観たときの迫力や臨場感には特別なものがありますよね。

緊急事態宣言の解除を受け、映画館は再開し始めましたが、コロナ禍において、新たな映画の楽しみ方も生まれています。

さまざまなイベント制作を展開する株式会社KINGBEAT(代表取締役社長:熊田義和 本社:東京都港区)は、今できる社会的貢献は何かを考えた結果、外出自粛により自宅で過ごす人たちへ、ソーシャルディスタンスを保ち、3密を避けた映画鑑賞を通して心安らぐ時間を提供しようと、 入場無料のドライブインシアター「CINEMATHEQUE -Drive-in Theater -」を企画。

2020年6月13日(土)、 14日(日)、イオンモール幕張新都心 南平面駐車場(千葉市美浜区)で開催されました。

 

トップへ戻る

ドライブインシアターとは

シネマティークが千葉県千葉市で開催したドライブインシアター

ドライブインシアターとは、巨大なスクリーンを設置して、車に乗ったまま映画を楽しむもので、1950~60年代にアメリカで流行し、日本でも1990年代に若者のデートや家族のおでかけとして人気を博していました。

そんなドライブインシアターが、「新しい生活様式」に合致したエンターテイメントとして再び世界中で注目を集めているのです。

来場者は、カーステレオのFMを当日会場で案内される周波数に合わせ、車の中で音声を楽しみます。車内で映画鑑賞ができるため、来場者同士の接触を完全に排除することが可能です。

13日(土)にはお子様連れのご家族が楽しめる『SING/シング』(©2016 Universal Studios. All Rights Reserved.)を、14日(日)には『 Burlesque 』(© 2010 Screen Gems, Inc. All Rights Reserved.)を上映。

 

上映前にDJ PLAYでドライブインシアターを盛り上げるDJ HASEBE上映前にはDJ HASEBEによる音楽で気分を盛り上げてくれた

 

日没とともに会場が暗くなるにつれ、ワクワク感はさらに高まります!

 

株式会社KINGBEATは、横16m×高さ8mの日本最大級のエアー型スクリーンを保有しており、迫力ある映像が映し出されました。

ドライブインシアターの日本最大級のスクリーン日本最大級の巨大スクリーン!(横 16m×高さ8m = 722.7inch )

 

トップへ戻る

ドライブインシアターの楽しみ方

今回の「CINEMATHEQUE -Drive-in Theater -」は、事前登録制で開催されました。

各日車100台が入場できる会場に対し、合計で1,500件を超える応募があったそうです! 当日来場したのは抽選で選ばれた幸運な方々。

人との接触を極力避けるため、受付はスマホ画面で二次元コードを表示して行います。

ドライブインシアターでは人との接触を避けるためスマホでQRコードを表示して受付を行う

 

駐車位置は基本的には来場順に前から配置されますが、どの位置からもスクリーンが見えるよう、車高などに配慮しながらスタッフが誘導。

ドライブインシアターで車を誘導するスタッフ

車外での飲食は禁止ですが、飲食物の持ち込みは可能です。途中退場や再入場はできないため、事前に用意した上で入場しましょう。ポップコーンを持参したら気分が盛り上がりそうですね!

上映後は、またスタッフの誘導指示に従って退場します。

 

トップへ戻る

まとめ

緊急事態宣言は解除されたものの、まだまだ人が集まるイベントを開催するのは難しい状況の中、 エンターテイメント業界の活性化、新しいカルチャーの創造を目指し、人との繋がりや共感を再び楽しんでもらいたいと開催された今回のイベント。

次回開催情報はシネマティークのSNS公式アカウントで発表されるそうなので要チェックです! 楽しみにしたいですね。

 

ドライブインシアターでサイドミラーに写る映画鑑賞中のカップルカップルは二人きりの空間で映画を楽しめる

 

ドライブインシアターで映画を観る車中のファミリーお子様連れでも気兼ねなく

 

3密を避けられるだけでなく、車というプライベート空間で思い切り笑ったり泣いたりしながら映画を満喫できるドライブインシアターは、これから各地で広がりを見せるのではないでしょうか。

 

写真提供:CINEMATHEQUE - Drive-in Theater –

 

トップへ戻る

この記事を書いた人

編集部 広田 みずほ

編集部 広田 みずほ

編集者/WEBプロデューサー/広告プランナー 埼玉県春日部市出身→千葉県八千代市在住。地域新聞社で広告の仕事をして14年。地域の魅力、お店の魅力を伝えます。好きなものは東南アジアとハイボール。勝田台駅周辺の酒場放浪記を書きたい。★Twitter★@tahirom2 ★note★nue34

編集部 広田 みずほの記事一覧へ

あなたにオススメ

チイコミ!プレゼントコーナー