千葉公園のイベント「夜ハス」がオンラインで開催! YohaS LIVE ONLINE 2020

夏といえば各地域で多彩なイベントが開催される時期ですが、今年は新型コロナウイルス感染拡大防止のため、その多くが中止を余儀なくされています。

そんな中、大賀ハスの咲く6月に千葉公園の夜を盛り上げてきた「YohaS〜夜ハス〜」が、オンラインライブという新たな形で開催に臨みます。

ちいき新聞では、新型コロナウイルスに負けず新たな挑戦をするローカル企業・お店を応援しています。ちいき新聞webで紹介してほしい新たな取り組みがあればこちらまでお問い合わせください。※紹介可否は弊社内規定にて決定します。

<目次>

・新たな試みについて

・YohaS LIVE ONLINE 2020 出演アーティスト紹介

・開催日時・参加方法

・まとめ

新たな試みについて

千葉公園の池にプロジェクションマッピングで映し出される大賀ハスと夜ハスのロゴ

YohaSとは、千葉県の天然記念物「大賀ハス」の咲く季節に合わせ、千葉市、花びと会ちば 椿森コムナ(株式会社拓匠開発)の共催で開かれるナイトアートフェスティバルです。

夜に咲くことのないハスの花を、プロジェクションマッピングでハス池に浮かばせ、水上ステージではさまざまなアーティストがパフォーマンスを繰り広げるという幻想的なイベントで、初開催の2018年には約3万人、昨年は約5万人が来場し、普段とは違う千葉公園の魅力を味わいました。

しかし、3回目を迎えるはずだった今年は、新型コロナウイルスの影響により延期に。
それでも、「YohaSを楽しみにしている人たちを寂しい気持ちにさせたくない。こんなときだからこそ、私たちができることはないか」
と考えた結果、おうちで楽しめるオンラインイベント「YohaS LIVE ONLINE 2020」を開催することとなりました。

これまでのYohaSの思い出を振り返りながら、また新しいYohaSのカタチを見ることができるオンラインフェスになるとのこと。

元々「千葉市とそこに住まう人々が元気になるような何かを」との思いから始まったYohaS。
その思いに共感するアーティストたちと共に、今年も変わらず元気を与えてくれそうです。

 

トップへ戻る

YohaS LIVE ONLINE 2020 出演アーティスト紹介

夜ハスでライブペインティングを披露するアーティスト近藤康平さん

ライブペインティングパフォーマー:近藤 康平さん

ミュージシャンの演奏に合わせて即興で絵を描くライブペインティングを行うほか、服飾ブランドの提供や、書籍装丁、CDジャケットや舞台美術などなど、幅広い「絵」のジャンルで活躍している。
台湾など海外でも個展やツアーを行うなど、その人気は世界的。
昨年YohaSで初めて近藤さんのパフォーマンスをみた来場者からは、鳥肌が立ったとの声が多数寄せられた。

 

夜ハスで演奏する琵琶奏者の櫻井亜木子さん

琵琶演奏家:櫻井 亜木子さん

日本の伝統音楽を代表する音楽家として,ハンガリー,カナダ,アメリカなど多くの海外公演に参加。
平成26年度は、文化庁文化交流使として海外に派遣され、世界7カ国で琵琶の音色を響かせてきた。
多くのミュージシャンとのコラボにも取り組み,歌手・作曲家として名高い小椋佳氏とは日本国内40都市ツアー公演を実施、DVDもリリース。

 

YohaSでアコギ弾き語りをする樽木栄一郎さん

アコースティックギター:樽木 栄一郎さん

独創的かつ芸術性豊かなギター弾き語りスタイルで、全国各地のカフェ、古民家、美容室、本屋など、場所を選ばずさまざまなシチュエーションでライブを行っている。
絵描きやデザイナー等、異業種のクリエイターとのコラボも展開。
2015年の「TOKYO GUITAR JAMBOREE」にゲスト出演し、トータス松本(ウルフルズ)、玉置浩二、奥田民生、岸田繁(くるり)と共演し、大反響を呼んだ。

 

パーカッションのパフォーマンスをするアーティスト

パーカッション:ハラグチ ヨシフサさん

その表現のインスピレーション源は自然、主に森や山。木製のスリットドラムを中心に、カホン、カリンバ、鍵盤ハーモニカなど大小様々な楽器を使い、楽曲を制作。全身を駆使する独自のスタイルにより、音やリズムの持つ可能性を追求し、即興を得意とする。

 

エアリアルダンサーのPILO

エアリアルダンス:PILOさん

エアリアル、ポールダンスなど空中パフォーマンスを得意とし、美術館、屋久島自然公園、神社、水上など活動場所にとらわれず、ライブや演劇など様々なアーティストと共演。空間演出としてのダンスの可能性を拡げている。2017年より、エアリアルパフォーマンスユニット「GROviART」のメンバーとして活動。

 

タップダンサーの村田正樹さん

タップダンス:村田 正樹さん

高校でストリートダンスを始める。24歳の時、地元・仙台でTAP DANCEと出会う。Kaz Tap Companyのメンバーとしてアジア、全国各地での公演、ライブ活動を経て現在はソロタップダンサーとして活動している。 2019年東京ヘブンアーティストに合格。SAI DANCE FESTIVAL2019ソロ部門優秀賞受賞。

 

トップへ戻る

開催日時・参加方法

■日時:2020年6月21日(日)18:00~20:00

■配信サイト:YouTubeライブにて配信

スマートフォン・PCで YohaS公式サイト  にアクセス

■参加:無料

まとめ

3密を避け、おうちでゆったり楽しむことができる今年のYohaS。

ちょっと気分の上がるフェス飯風の食事やドリンクを用意して配信を見るのもいいですね。

当日は千葉市長・熊谷俊人氏のゲスト出演も決定。

今年はそれぞれの場所から、一つの感動を共有してみてはいかがでしょうか。

※無観客ライブのため、イベント当日の観覧目的での千葉公園へのご来場はご遠慮ください。

 

YohaS LIVE ONLINE 2020 ~夜ハスライブオンライン~

開催日時/2020年6月21日(日)18:00~20:00  YouTubeライブにて配信

参加方法/YohaS公式サイトからアクセス

参加費/無料

問い合わせ/043-388-0433(YohaS運営事務局)

主催/千葉市、花びと会ちば 椿森コムナ株式会社拓匠開発)共催

TwitterFacebookInstagram

 

トップへ戻る

関連するキーワード

この記事を書いた人

編集部 広田 みずほ

編集部 広田 みずほ

編集者/WEBプロデューサー/広告プランナー 埼玉県春日部市出身→千葉県八千代市在住。地域新聞社で広告の仕事をして14年。地域の魅力、お店の魅力を伝えます。好きなものは東南アジアとハイボール。勝田台駅周辺の酒場放浪記を書きたい。★Twitter★@tahirom2 ★note★nue34

編集部 広田 みずほの記事一覧へ

あなたにオススメ

チイコミ!プレゼントコーナー