【おもてなし】夏休み!毎日ごはんのマンネリ脱出に♪
子供と楽しむ100均テーブルコーデ

こんにちは♪食空間コーディネーターのEmiriです。

いよいよ、夏休み!

「お友達を自宅に招いてランチパーティーをしたい♪」と子どもに頼まれたり、毎日のお昼ごはんもマンネリ化してきて子どもに飽きた~と言われたり(>_<)

ママにとっては、大変な長~い夏休み。

そんな夏休みは、テーブルコーディネートを工夫して乗り切りましょう♪
同じ献立でも、いつもと違う見せ方をすれば子ども達も大喜び☆

毎日食べるおうちごはんも、スタイリング次第で、子ども達は「すっごく美味しそうだね~♡」と興味津々!

今回は、子どもがお友達を招いてプチパーティーする時のテーブルコーディネートのコツを、お手軽に購入できる100均アイテムを使って紹介いたします。
もちろん、毎日ごはんのマンネリ脱出にも使えますよ!

子どもにとっては、お友達をおもてなしする大切な機会。

素敵な経験、思い出となるように、ママはさりげなく手伝ってあげましょう♪

夏の代表アイテム
&イメージカラーは?

おもてなしは、季節感を取り入れると失敗無し!

まずは、夏の代表アイテムとイメージカラーを押さえましょう♪

(第1回第7回コラム参照)

 

「夏」といえば…

〔代表アイテム〕
・海、山、太陽に関する物、ひまわり、風鈴、スイカ、南国系など多数

〔イメージカラー〕
・涼しげなブルー&ホワイト
・エネルギッシュな原色(太陽をイメージするような赤、オレンジ、黄色など)

 

これらの情報を基に、コーディネートの「テーマ」を決めてみましょう♪

子どもが真っ先に思いつく!わかりやすいテーマがおすすめ☆

「真っ先に思いつく!」がポイントです! 今回は「海」にしてみました。

テーマが決まったら、そこから連想できるカラー、アイテムを子どもと一緒に考えましょう♪

例えば、テーマカラーはブルー。

アイテムは、「貝殻」、「ヒトデ」、「ござ」、「浮き」にしてみます。
※「浮き」については、後述します。

 

完成したコーディネートがこちら↓

100円ショップのアイテムを使った海をモチーフにした夏のテーブルコーデ

アイテムは値段を気にせず選べる100均でできるだけそろえるのがおすすめ。

今回、100均で選んだアイテムはこちら↓

100円ショップのアイテムを使った海をモチーフにした夏のテーブルコーデアイテム

テーブルマットは、海水浴で砂浜に敷く「ござ」をイメージして、籐製の夏色の物をセレクトしました。

「これ何?」と子どもの好奇心を刺激するアイテムをこっそり入れる!

好奇心の塊である子ども達にとって、いろいろと新しいことを知ることはとても楽しいこと。

興味をひくような物を、取り入れてみましょう♪

今回は「浮き」を、ナプキンリングとして使いました(^_-)-☆

100円ショップのアイテムを使った海をモチーフにした夏のテーブルコーデアイテム

子ども達が「これってなあに?」と聞きたくなるような、「未知のアイテム」を入れてみると面白いですよ。

オリジナルの物を
子どもと一緒に作ろう♪

子どもとの時間を多く持てる夏休みなので、一緒に作った物をコーディネートに取り入れるのも、楽しいですよ。

今回はオリジナルコップを作ってみました♪

子供に紙コップのデコレーションをお願いしましょう!

コーディネートに合うアイテムを考えて、選んで、

子供に紙コップのデコレーションをお願いしましょう!

紙コップに好きなように貼りました☆

子どもは、型にはまった常識にとらわれない分、独特のセンスを持っています。
自分で考えて表現できるものがあると、感性も磨かれ、大切な思い出として記憶にも残りますね☆

 

年齢に合わせて、割れやすい物は調整する!

幼児~小学校低学年までは、割れやすい物を控える方が無難。
紙皿、紙コップ、プラスチックカトラリーなど、割れない物でそろえましょう。 

「落とせば割れる」ことが理解できる年齢(小学校高学年くらい~)は、あえて、ある程度「割れ物」を使うことをおすすめします(*^▽^*)

少し大人扱いされることが嬉しくなる年齢になってくると、大人が使っている陶磁器や、カトラリーを使うことで、「自ら」マナーなどを気にして身に付けようとする気持ちが芽生えます。

今回は、それくらいの年齢を意識して、お皿は磁器、カトラリーはステンレスを使用。
もちろん、万が一のこともあるので、壊されてもよい毎日使いの物を♪

怪我にも十分、気を付けてください!

盛り付けもテーマに
合わせて楽しく!

せっかくテーマを決めてテーブルコーディネートした食卓。

料理の盛り付け方も、工夫してみましょう♪

「海」がテーマなら、写真の様に、「ヒトデ」をイメージした盛り付けはいかがでしょうか!?

いつものレシピも盛り付けをアレンジすれば新鮮な気持ちに!

いつもと同じ献立でも、盛り付け方を工夫するだけで、子ども達の反応は変わります(^_-)-☆

盛り付けは、わざわざアイテムを購入しなくても簡単に変えられることなので、おもてなしの時だけでなく、毎日のごはんでも挑戦してみてください♪

盛り付け方で、飽きずに!楽しく!マンネリ脱出(*^▽^*)

夏休み☆

子どもがお友達をおもてなしする貴重な機会、大切な時間を、ご一緒に有意義にお過ごしください。

やり遂げたら、きっと、一回り大きく成長した我が子に会えるかもしれませんね!

 

ママ達のご参考に少しでもなれば、幸いです♡

この記事を書いた人

Emiri

Emiri

千葉市在住。食空間コーディネーター。カルチャースクール・企業ショールーム講師。食空間スタイリング・撮影・レシピ開発・執筆などで雑誌、TVにて活躍。アメリカ在住経験等から培ったライフスタイル提案が得意。2児の母。
http://tegonepan.exblog.jp
【インスタグラム】https//www.instagram.com/emiri_estyle

Emiriの記事一覧へ

あわせて読みたい

あなたにオススメ

関連するジャンル・キーワード

チイコミ!プレゼントコーナー